油圧駆動型多軸マニピュレータ(PA-2000)
[ 原子力発電 ]

油圧駆動型多軸マニュピレータ(PA-2000)
場所・形状・回収手段が不確定である福島第一原子力発電所の燃料デブリ回収のために開発

この製品の詳しい情報を見る:

項目 仕様
機能性能 先端に様々な専用ツールを装備し、任意の姿勢で燃料デブリを回収する。
寸法/質量 アーム長:7100 [mm]/3500 [kg]
最大出力 下向き加工反力 19600 [N] (最大取扱質量 約1000 [kg])
駆動方式 油圧シリンダ・油圧ロータリーアクチュエータ
制御方式 先端位置・姿勢制御
軸数 6軸
繰り返し位置決め精度 ±5 [mm] 以下

デブリ回収イメージ

デブリ回収イメージ

油圧駆動型マニピュレータ動作(先端質量負荷500kg)

本ロボット開発の一部は、資源エネルギー庁からの委託事業として技術研究組合国際廃炉研究開発機構(IRID)より受託し、その組合員である三菱重工が実施した補助金事業によって行われました。

お問い合わせ

三菱重工グループの実績