ターボジェット TJM3エンジン
[ エンジン ]
[ 防衛 ]

TJM3
本エンジンは、三菱重工業株式会社が昭和58(1983)年に株式会社SUBARU(旧富士重工業)の航空自衛隊向け標的機用に開発した小型の一軸式ターボジェットエンジンです。燃料系統、点火系統等には、標的機と言う用途を考慮した堅実かつ簡素な設計を採用しています。昭和61(1986)年より運用を開始し、平成30(2018)年で615台を出荷、現在も製造を続けています。

この製品の詳しい情報を見る:

三菱重工グループの実績