F-4EJ戦闘機
[ 戦闘機 ]
[ 防衛 ]

F-4EJ戦闘機
F−4EJ戦闘機は、航空自衛隊のF-86F戦闘機退役に伴い、領空防衛補完のための後継主力戦闘機として選定された機体です。
能力向上のため、F-4EJにはアビオニクスのアップデイトを中心に改修を施しています。米国ボーイング社(旧マクドネル ダグラス社)とのライセンス契約に基づき国産化しました。

主要諸元

全長 19.2m
全幅 11.7m
全高 5.0m
エンジン 8,100kg × 2(アフターバーナー使用)
最大速度 M2.2
全備重量 約26,000kg
装備 空対空レーダーミサイル×4
空対空赤外線ミサイル×4
又は空対艦ミサイル×2

初飛行・初号機納入時期

初飛行 初号機納入
1972 1972

各製品の仕様は、改良予告なく変更することがあります。

写真の転用を禁じます。

三菱重工グループの実績