TRENT 1000
[ 航空機用エンジン ]
[ 航空 ]

TRENT 1000
本エンジンは、イギリスのロールス・ロイス社の3軸構造を特徴とするTrentファミリーの第五世代エンジンであり、推力は27~35トン級、燃焼効率を飛躍的に高め、排出ガスを大幅に削減する環境適合型エンジンです。
平成19年(2007年)に型式証明を取得し、ボーイング社787に搭載され、平成23年(2011年)に運航開始されています。当社はリスク・シェアリング・パートナーとして、燃焼器モジュール及び低圧タービンブレードの製造を担当しています。

この製品の詳しい情報を見る:

三菱重工グループの実績