Press Information

Primetals Technologies、ロシア・チェリャビンスクでMechel社のLD(BOF)転炉近代化工事を継続受注

Print

Primetals Technologiesはロシアのチェリャビンスク製鉄所(ChMK)の製鋼工場内LD(BOF)転炉の近代化工事をMechel Groupから受注しました。このプロジェクトは、老朽化した設備の更新・近代化により、出鋼重量増による生産量拡大と、吹錬時間短縮による出鋼時間間隔の最適化がはかられます。同時にChMKは新たに冷却塔と排ガス浄化プラントを設置し、転炉からの排出物を削減する計画で、ロシア西部ベルゴルドのRosenergostahl社がこの装置を供給します。本工事は、この製鋼工場においてPrimetals Technologiesが実施する3基目の転炉近代化工事。他の2基の転炉は2011年8月と2013年11月に成功裏に稼働を開始しています。