ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

空調機用小型・高効率スクロール圧縮機の開発

機械

  • Linkedin
山下 拓馬

山下 拓馬

総合研究所

2008年入社
材料科学専攻 修了

働き方紹介

研究所での仕事ってどんな仕事?

事業部と連携した製品課題解決と研究提案による技術開発です。

研究所は、「製品開発」と「技術開発」の大きく2つの役割を担っています。
「製品開発」では、事業所の設計部門と連携し、進めていきます。製品開発を進める上で、機械加工や材料等の自分の専門分野以外の知識も必要になるので、日々勉強が必要です。また、三菱重工は幅広い製品を取り扱っていることもあり、社内に各技術分野のスペシャリストがそろっています。自分一人では、手に負えない問題に対しては、協力を仰ぎ、チームで解決に当たっています。
「技術開発」では、製品開発で抽出された技術課題を元に、研究提案を行い、新しい技術を構築していきます。研究提案に関しては、若手でも提案ができますが、提案時には必要性を明確にし、ゴールまでの道筋を簡潔に説明する必要があり、情熱をもっていないと、研究開始まで中々辿り着けません。また、研究提案をする場合には、他社の動向や解析ベンダーの技術動向の情報を収集することも重要で、アンテナを高く張って、学会・講習会に参加したりします。

写真:研究所で仕事をしている
写真:研究所で仕事をしている

三菱重工での働き甲斐は何ですか?

幅広い製品の開発に携われる。

普段は、エアコンなどの空調機の開発が主な業務ですが、風車等の開発業務にも携わることがあり、自分の技術を多くの製品に適用し、より良い製品を世に送り出していけることは大きな魅力です。量産品と受注生産品ではコストや公差に対する感覚が違うなど、開発のアプローチや考え方が異なるので、苦労する部分がありますが、それぞれの長所を生かして、他社との差別化を行えるよう、日々、業務にあたっています。

写真:研究所で仕事をしている様子

研究所での1日を教えてください。

ある1日のスケジュールを紹介します。

  • 出社
     
  • メールチェック・スケジュール確認:
    設計からのメールの返信や、当日のスケジュールを確認します。
  • 試験打ち合わせ:
    試験担当者から前日の試験進捗・結果の説明を受け、試験条件やスケジュールを見直したりします。
  • レポート作成:
    設計への報告レポートを作成します。上司の承認が得られず、苦労することもあります。
  • 昼休み:
    ランニング等で運動をしている人が多いです。最近太ってきたので始めようかと考えています。
  • 設計との打ち合わせ:
    試験や解析結果の報告や、今後の方針について議論します。
  • 試験立会い:
    実際に製品の音を聞いたりします。実物を体感することは、解析をする上で大変重要です。
  • 試験内容の検討:
    解析を実施したり、過去のデータを見直したりして、次の試験内容の検討を行います。
  • 研究提案資料作成:
    内容を精査し、何度も資料を作り変え、提案に繋げます。
  • 帰宅
     

大体、17時00分~19時00分ぐらいに帰宅します。水曜日はノー残業デーなので、17時00分に仕事を切り上げ、同期や試験担当の方と飲みに行ったり、家に帰って娘と遊んだりしてリフレッシュするようにしています。娘が寝た後には、学会誌や論文を読む等の勉強する時間を作って、知識の幅を広げるように努力しています。

企業情報