ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

レーザ加工技術の開発

製造

  • Linkedin
奥田 剛久

奥田 剛久

総合研究所

2005年度入社
知能・機能創成工学専攻 修了

働き方紹介

この会社で働く魅力は何ですか?

多岐に渡る製品の業務を通じて,技術者として成長できる点です。

非常に多くの製品のものづくりに携われる点です。研究所が全社の横通し機能を持っているためでもありますが、三菱重工の全製品700種類以上が対象になります。ですので、新しい製品に携わるたびに、新しい知識が得られ、非常に刺激的で面白いです。

また、どの製品についても高いQCDを求められ、常にこれまで誰もやっていないことに挑戦し続けることが必要になります。それはプレッシャーでもあり、やりがいでもあります。自分のアイデアを入れて目標が達成できた時の満足感はひとしおです。

写真:レーザを照射の様子

研究所での仕事ってどんな仕事?

製造業が抱える課題を解決します。

製造現場では常により良いものをより安く、より早く作ることが求められていますので、課題は尽きることがありません。その課題の内、現状の延長線では解決できないことが研究所へ回ってきます。

まず現状の製造技術の課題と達成すべき目標を定め、それを解決する最適な手法を検討し、詳細な研究計画を作成していきます。その過程では、有識者の知恵を借り、特許や論文の調査を行い、自分のアイデアを膨らませていきます。

計画ができると、それを基に実際の試験、解析を実施していきます。ここでは、社内外の試験や解析をしていただく方々、製品の製造現場及び設計それに品質保証を担当されている方々、自分の専門以外で必要な知識を持っている他の研究員の方々、多くの人の力を借りて進めていくことになります。

いずれの作業も淡々と進んでいくわけではなく、試験状況や解析結果を確認して、時にはワイワイと楽しく議論しながら、時には一人で苦悶しながら仕事をしています。私の場合は、一人で考えていてもなかなか解決しないので、ほとんどの場合、誰かと喋りながら(はた迷惑な話ですが)解決していきます。

いつも周りの方々に感謝!感謝!です。

写真:研究所で仕事をしている様子
写真:研究所で仕事をしている様子

オフの時間は何をしていますか?

家族や仲間と過ごし,仕事への英気を養っています。

電車や車で30、40分もあれば海や山、動物園に水族園も行けるので、息子を連れだってよく遊びに出かけます。
また、私の研究室では色んな行事やスポーツを自分たちでやっており、2年に1度は旅行へも行きます。

オフは目一杯リフレッシュをして、気持ちよく、能率よく仕事ができるようにしています。

写真:オフの様子
写真:オフの様子

企業情報