ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

MRJ尾翼向けCFRP成形法(A-VaRTM)開発

製造

  • Linkedin
由井 裕一

由井 裕一

総合研究所

2010年入社
地球惑星科学専攻 修了

働き方紹介

研究所の仕事ってどんな仕事ですか?

製品開発だけでなく,製造現場の課題解決にも注力しています。

・プロジェクトの中での技術開発

MRJ尾翼のプロセス開発のように、プロジェクトの一端を担う仕事をしています。

・製造現場サポート

製造現場で発生した問題を解決するために、問題の原因分析や対策を行い、飛行安全に問題がないことを試験や解析により証明することで、製造現場のサポートを行っています。

・若手による新技術開発活動

2~3人程度でチームを組み、技術ニーズ調査から試験実施までを自主的に取り組み、チーム内やチーム間での議論や情報共有をしながら、新技術の確立を目指しています。

写真:試験をしている様子

研究所の良いところは何ですか?

若手でも製品開発初期から携われることです。

・若手の時から最前線で活躍できる。

製品開発は、様々な部門のエンジニアと密接に関わりながら進めて行きますが、若手であっても部門の代表として見られ、議論の場では専門家としての意見を求められることが多々あります。そのため、自分の発言が、プロジェクト方針に影響を与えることもあり、責任は重大ですが、その分、自分のアイディアや試験結果が、目に見える形で製品に反映されたときの達成感は、言い表すことができません。

・製品開発初期から製造サポートまで一貫してプロジェクトに関われる。

技術要求(プロセス)を設定する部門であるため、開発初期の研究段階から、実大レベルでの工作試験、そして製造フェーズにおいては製造現場サポートと、自分が開発した製品に長く携わることができ、ダイナミックなプロジェクト開発を味わうことができます。

・研究所内の各専門家と気軽に議論ができる。

開発において、一人でできることは限られており、壁にぶつかることは多々あります。そんな時、頼りになるのが研究所の仲間です。一人で悩まずに皆で課題を共有し、各々の専門性を活かしてお互いを助け合える環境にあります。

写真:研究所で仕事をしている様子

オフの時間は何をしていますか?

球技やダイビング,剣道などとにかく体を動かしています!

・業務後の過ごし方

業務が多忙な時には帰宅が遅くなることもありますが、寮に住んでいるため、帰宅後は同期との夕食を楽しんだり、トレーニングをしたり、サークルでバレーボールをしたりしています。

・休暇の過ごし方

土日の休暇はもちろん、GWや夏休み、お盆休みなどたくさんの長期休暇があり、皆それぞれユニークな計画を立てています。
私は、就職してからダイビングを始め、免許を取得しに行ったり、大学時代に知り合った外国の友人に海外旅行を兼ねて会いに行ったりしました。また、研究所で開催されるゴルフコンペも楽しみの一つです。

・部活動

高校時代に始めた剣道を続けるため、会社の部活動に所属しています。平日に稽古があり、なかなか行ける日がありませんが、実業団の大会や全三菱武道大会などたくさんのイベントがあります。

写真:部活動の剣道をしている様子

企業情報