ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

熱交換器の安全性向上に向けた気液二相流評価技術の開発

伝熱

  • Linkedin
小室 吉輝

小室 吉輝

総合研究所

2012年入社
原子核工学専攻 修了

働き方紹介

この会社での働き甲斐は何ですか?

写真:

・世界最先端の技術を間近に感じる!

気液二相流の分野で世界トップレベルの海外の大学との共同研究も盛んに行われており、非常に刺激的な職場です。解析技術の共同開発や、実験計測技術の導入などを行っています。また、弊社独自の技術(注)を用いた気液二相流の実験も行っており、技術レベルの高さを実感できる職場です。

・多様な製品に携わることができる。

一つの技術の開発が、複数の製品へ適用できる場合があり、多くの製品を扱う弊社の研究所の魅力と言えます。例えば、シェル&チューブ型と呼ばれるタイプの熱交換器は、蒸気発生器以外にも、ターボ冷凍機など複数の製品に使用されており、開発した技術は他の製品の設計課題の解決にも適用されます。

  • 実機模擬流体を用いた試験方法と装置について、特許を有しており、三菱重工業固有の試験技術です。

研究室の仕事ではどんなことが大切ですか?

写真:

迷ったら他人の意見を聞いてみる

チーム、あるいは、組織で研究を行うことのメリットは、迷った時に相談できる人が近くにいることです。他の社員に相談した際、別の製品向けに開発した技術やアプローチの手法が、自分の抱える課題にも適用できるのではないか、と気づかされることも多いです。お互いの研究内容を共有し、切磋琢磨し、研究のレベルを高めていける優れた環境です。

オフの時間って何をしていますか?

写真:

読書とカメラと、時々、旅行です。

心を休めてリフレッシュするためにも、休日は仕事を離れて、気楽に過ごしています。週末には、カフェや自宅で本を読むことも多いです。また、公開文献を読んで、新しい技術情報を取り入れるようにしています。趣味のデジタル一眼を持って、出かける日もあります。
時には、会社の同期・先輩方とリレーマラソンに出たり、旅行に行ったりしています。

企業情報