ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

低燃費率、高信頼性ディーゼルエンジン・ガスエンジンの開発

燃焼

  • Linkedin
寺門 貴芳

寺門 貴芳

総合研究所

2007年入社
航空宇宙システム専攻 修了

働き方紹介

この会社での働き甲斐は何ですか?

社会のみならず、身近な生活をも支えているんだと実感!

写真:研究所で仕事をしている様子

三菱重工は発電所などの各種インフラ、航空機や船舶といった我々の生活に無くてはならない社会基盤を支える製品から、エアコンやターボチャージャなどといった生活を豊かにしてくれる製品などを幅広く・数多く手がけています。ニュースや街角等を良く観察してみると、私たちの製品が至るところで活躍してくれていて、もっと良いものを生み出していこうと感じることが出来ます。(モノづくり企業ならでは!)

数年前、実家に何気なく停めてあった農業用トラクターの搭載エンジンが、普段業務で良く触れているエンジンだったと気付いた時は、まさかここでも我々の製品が活躍していた(家族の力になってくれていた)とはと、非常に嬉しかったです。

研究所での仕事ってどんな仕事?

ベテランから若手が一体となって

写真:研究所で仕事をしている様子写真:研究所で仕事をしている様子

研究所という場は、ベテランから若手が自由闊達に議論を行い、より良い製品を開発しようという熱意を感じられる場です。

また、私が担当しているエンジンに限らず、当社製品の多くは様々な技術要素の結晶です。ですので、開発を行うためには専門分野の異なる専門家とも一緒になって議論を行う必要があり、必然的に知識の幅も広がっていきます。

私自身は学生時代は乱流燃焼の研究を行っていましたが、今では燃焼以外にも伝熱や構造といった分野の業務も行っており、多岐に渡る技術分野での成長を実感しています。これも研究所の醍醐味の一つです。

製品に直結する技術開発・製品開発

三菱重工は機械メーカーであり、私たちはその会社の研究員です。そのため、当社製品に直結する技術開発・製品開発を主に行っています。

どうすれば、性能・信頼性を向上できるか、売れる製品を早く安く市場に投入できるか、が重要な項目となります。研究対象は製品そのものですので、予算・物のスケールは当初想定していたものよりも大きく、研究成果が製品に直ぐに適用されるスピード感があります。

時には上手くいかずに悩んだりする時もありますが、愛着のある製品ですので、悩み甲斐もあるというものです。

オフの時間は何をしていますか?

心身ともに健康に!

生活が充実しなければ、仕事を頑張るモチベーションも上がってきません。良い仕事をするためには、生活を充実させることも大切だと思います。この充実のための基礎は“心身の健康”だと思います。

そこで、心の健康のために、休日は友人や家族と過ごす時間を大切にしています。何気ないことですが、周囲のサポートがあっての今の生活ですので、ちょっとした買い物や食事でも、感謝の気持ちをもって、少しずつでも恩返しをしていきたいですね。

また、身体の健康のためには、仕事帰りにジムで汗をかいたり、休日には少し長めの距離をジョギングしたりしています。昨年フルマラソンに挑戦し、次回はタイムの大幅更新を狙っています。風景をぼーっと眺めながら無心になることができて、心のリフレッシュにもなっています。

企業情報