ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

次世代の火力発電システムIGCCを支える化学分析技術

化学

  • Linkedin
嬉野 絢子

嬉野 絢子

総合研究所

2008年入社
物質工学科 卒業

働き方紹介

この会社での働き甲斐は何ですか?

社会貢献を実感できることです。

世界中のインフラを支えるあらゆる製品や事業に関わりながら、社会貢献を実感できることです。製品が出来上がっていく様、動いている様を見るといっそう実感が湧きますし、感動します。さらに製品の規模が大きいため、社会、地球の将来への貢献度の大きさも感じます。
また、世界で働けるという点も非常に楽しいです。仕事を通して世界各地の人々とつながることができます。

研究所での仕事ってどんな仕事?

「技術」を通して様々な製品に関わる。

「化学」はすべての事象の基礎となる学問であるため、一つの製品に限らず、環境・エネルギー・水・船舶・航空宇宙といった多種多様な製品に携わることができます。
最新の火力プラントをはじめ燃料電池などの新エネルギー技術の研究開発、排ガス処理プラントなどの環境保全技術の研究開発信頼性を支える化学分析技術やレーザー計測技術、表面処理技術など、活躍できる場所はたくさん。目にも見えないミクロの世界から数万トンの大きなプラントまで、化学を通して、広く、深く、あらゆる角度からモノを見ることができるところに大変おもしろさを感じています。

チーム力で三菱重工の大きな製品を支えている。

研究開発とは、これから世に出ようとする製品をつくり上げ、他社との競争に勝ち抜ける製品へ育てていくものと思っています。課題を発掘し、それ解決するための打ち手を考え、実際に検証してモノにしていく。一人の力では到底成し得ることはできませんが、様々な分野のスペシャリストが集結してチーム力を発揮することで、三菱重工の大きな製品が作り上げられています。

オフの時間は何をしていますか?

おいしい食べ物を探しに。

仕事もプライベートも、何をするにも最も大切なのは「健康」だと思います。気を付けていることはよく寝て、よく食べて、たくさん運動すること!特に私は食べることが大好きなので、おいしいランチを探しに行ったり、シーズンになれば牡蠣小屋へ行き長崎の海の幸を堪能したりしています。出張先ではその土地でしか味わえない料理を探します。インドネシアの露店で見つけた「ピサンゴレン」と「クルポン」はもう一度食べたい味です。

趣味はテニスと登山。

一番の趣味はテニスです。社会人サークルに所属し週末は職場を越えた仲間と楽しく汗を流しています。近頃は登山もはじめ、会社の友人グループで屋久島に行き自然を満喫したりしています。富士山にもいつか必ず登りたいですね。

企業情報