ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

生産スケジュールの最適化技術の開発

開発

  • Linkedin
井出 陽子

井出 陽子

ICT ソリューション 本部

2011年入社
政策メディア研究科 修了

技術紹介

生産スケジュールの最適化には何が重要ですか?

現場を深く理解すること。

写真:神戸市と実施したカーシェアリングの実証試験
神戸市と実施したカーシェアリングの実証試験では、現場に何度も足を運びました。

生産スケジュール技術は、製造業の要ともいえる重要な技術の一つで、当社では長年研究されてきた分野です。
本技術の対象製品は多岐に渡りますが、数百万点ある部品の組み立ての順番を、工程間の複雑な制約や、作業時間のばらつきなど確率的な要素も考慮しながら、より最適なスケジュールを立案することができれば、生産性の向上やコスト削減に繋がり、事業に大きく貢献することができます。
そのために最も重要なのは、対象製品にとって何が最適なのか、満たさなければならない制約は何かを把握するために、現場を深く理解することであると考えています。

生産スケジュールの最適化技術としては何を研究していますか?

数理最適化と呼ばれる数学手法を研究しています。

写真:OR学会で発表したときの様子です。
OR学会で発表したときの様子です。

様々な生産スケジュール技術がある中、私は数理最適化と呼ばれる数学手法を活用して、最適な生産スケジュールを求める数理モデルの開発を国内大学との共同研究で取り組んでいます。
具体的には、現場で得た見識を基に、最適化する目的(コスト最少化など)や制約条件を数式で表し、数理モデルを設計します。そして、数理モデルを計算するためのプログラムを実装します。
数理最適化の分野は、物流や投資計画など応用が幅広く、数多くの企業で活用されています。当社でも、航空機、ガスタービン、交通システム、エアコン、風車ほか、多くの生産改善に活用されています。そのため、他企業の動向や、最新研究の調査も重要であり、国内外の学会や講習会への参加も積極的に行っています。

企業情報