Top of page. Skip to main contents. Skip to main menu. Skip to footer.

Press Information

2015年度モデル 加湿器「roomist」の発売開始
スチームファン蒸発式2機種は8年ぶりにフルモデルチェンジ

  • Linkedin
スチームファン蒸発式加湿器<br/>SHE35MD

 一方、ハイブリッド加熱気化式加湿器の3機種は、毎時加湿能力が500ml(同8.5畳)から850ml(同14.5畳)まで対応します。同方式は、水を含んだフィルターにファンで風を送り加湿する「気化式」と、水を含んだフィルターにヒーターで暖めた温風をあてて加湿する「加熱気化式」を組み合わせたものです。湿度が低いときは加熱気化式で素早く加湿し、設定湿度になると気化式に切り替わり加湿量を調整します。湿度に合わせて2通りの方式を自動で切り替えるため、電気代のムダを大幅に抑制できます。ヒーターがOFFになるエコ運転に設定すると、消費電力は通常運転時の約90%減となります。
 さらに、同加湿器は、三菱重工業製ビーバーエアコン(SRK-SSシリーズ)との連動運転機能を搭載しています。エアコンのセンサーによる湿度検知に基づき、運転・停止の信号が加湿器に送られ、設定湿度をコントロールするものです。また、給水・手入れ時を知らせる時は赤色で点滅する前面のLED(発光ダイオード)表示も搭載しています。


スチームファン蒸発式加湿器の主な特長は以下の通り。
1.空間を引き立てるデザイン
2.温度と湿度のWセンサーで最適湿度を自動決定
3.快適さが見えるデジタル湿度表示
4.アロマテラピーでリラックス(SHE60MDのみ)
5.熱湯がこぼれない安全設計

ハイブリッド加熱気化式加湿器の主な特長は以下の通り。
1.クリーンな抗菌仕様で手入れが簡単
2.温度と湿度のWセンサーで最適湿度を自動決定
3.就寝時にはさらに静音運転
4.充実したお知らせ機能
5.エアコンとの連動で快適湿度を実現

 製品詳細については、三菱重工冷熱のウェブサイト(http://www.mhiair.co.jp/)、三菱重工エアコン・ウェブサイト(http://www.mhi.co.jp/aircon/)で確認できます。

※1= スチームファン蒸発式・ハイブリッド加熱気化式共通【試験機関】一般財団法人 北里環境科学センター
    【試験番号】北生発22-0119号【試験方法】7畳の試験空間に本機を設置し、ウイルスを浮遊させ、
    本機をプラズマイオン運転し、経時的にボックス内のウイルス数を測定【試験結果】6時間後のウイルス
         99.4%抑制。
※2= スチームファン蒸発式(BIOフィルター)【試験機関】一般財団法人 北里環境科学センター
    【試験番号】北環発21-0069号【試験方法】ウイルス液をBIOフィルター(5×5cm)に接種し、24時間後のウイルス
    感染価を測定【試験結果】24時間後のウイルス99.1%抑制。
※3= ハイブリッド加熱気化式(抗菌アレルゲンフィルター)一般細菌【試験機関】財団法人 日本紡績検査協会
    (現・一般財団法人 ボーケン品質評価機構)【試験番号】006109-2号【試験方法】JIS L 1902に準拠
    【試験結果】99.92%抑制。

■スチームファン蒸発式加湿器の主な仕様

         

SHE35MDW
SHE35MDP

SHE60MDW
SHE60MDK

SHE120MDW

  湿   

350mlh

600mlh

1,200mlh

適用畳数(木造和室/プレハブ洋室)

610

1017

2033

     

125250W

220440W

440880W

タ ン ク 容 量

2.8L

4L

5L×2

外形寸法(高さ×幅×奥行)

245×220×267 mm

308×221×297 mm

320×440×290 mm

     

3. 0kg

4.0kg

7.4kg

       

ホワイト(W)
ピンク(P

ピュアホワイト(W
漆黒(K