1.管理職編

管理職編
松本 きぬ子

業務サービス部

松本 きぬ子

長く働き続ける秘訣は
達成感と役立ち感

長く業務を続けられる秘訣は?と問われると、「心が元気で仕事が面白いこと」と即答します。大切にしていることは、①自分自身のモチベーションの維持と役立ち感②仲間と協力して達成感を味わう喜びです。この2つが調和した時にやる気(自己効力感)が上昇し「心が元気になる」のだと思います。管理者も社員も社にとっては大事な人財です。いかにやる気を持った社員が増えるかで社の評価が上がるのではないでしょうか。わが社は他社に引けをとらない制度が設けられていますし、働き続けるにはいい環境だと思います。その中で自分自身の長所を生かした業務にたどり着けるように努力をし続ければ夢はかなうと思います。ここまで支えて下さった皆さんに感謝しながら、これからもプレッシャーを善玉に変えて「わくわくドキドキ」しながら仕事をしていきます。


多くの経験は宝物

どのような業務でも、どのような立場になっても経験・人脈・知識はあるに越したことはないし、あればあるほどいい仕事ができると思う。だから、与えられた仕事はこれまでの経験からただ単にやるだけではなく、常に付加価値をつけながら遂行するよう努力した。管理者になっても同じで、可能な限り先をよんで対応するように心がけている。また、グループ員とのたわいもない雑談から思わぬ副産物が得られることもあり、コミュニケーションの重要さを実感している。これからも、グループ員との和を重んじて互いに切磋琢磨し、日々成長していきたい。

笹田 光子

業務サポートグループ

笹田 光子


河瀬 美保

システム技術グループ

河瀬 美保

大変な事が多いですが
現状を変えていく機会だと思います。

現在当社では、女性のリーダーへの登用が積極的に進められています。リーダーになると、仕事も増えるうえに、上から下からと、相反する意見に板挟み状態になることもあり、まさに中間管理職の大変さです。その一方で、職場環境をより良くするためのアイデアを実際に実行しやすくなります。それにより少しでも働きやすい職場になれば非常に喜ばしいことです。当社では、若手のうちから意見を述べることのできる、若手ワーキング活動もあります。若いうちから現状を良くするためにはどうしたら良いかを考え、実際にそのアイデアを実行できるように積極的にチャレンジして頂きたいと思います。


大変なことも多いですが
楽しみながら挑戦中

サポート人事経理グループは、人事勤労チーム/企画経理チーム/資材チームから構成されています。グループの拠点は長崎/広島/兵庫(高砂)と3か所あり、各地区から全社員を仕事面およびプライベート面からバックアップしています。私は2020年4月からグループ長を務めていますが、初めて携わる業務、初めてのグループ長で就任当初は不安しかありませんでした(同年3月まで横浜支社調査チーム所属)。しかし、部長/各チーム統括/グループ員/三浦サ総グループ長/総務部関係者との連携と、暖かいバックアップのおかげで軌道に乗ることができ、今は大変なことも多いですが楽しみながら挑戦しています。

豊坂 幸江

サポート人事経理グループ

豊坂 幸江


三浦 明子

サポート総務グループ

三浦 明子

できるとかできないとかじゃなくて
やればやるほど見えてくるもの

私が総務の仕事をする上で意識してきたことは、“仕事は人に言われたことをするだけでは楽しくない。自分の裁量をもって仕事ができるようになれば、よりやり甲斐も出て仕事が楽しくなるはず!”です。それを実現させるために、社内で誰も持っていない資格の取得にチャレンジするなど仕事と向き合ってきました。誰もが様々な葛藤を抱えながら目の前の仕事に向き合っていると思います。私自身まだ管理者として課題もたくさんありますが、これからも“できるかできないかではなく、やればやるほど見えてくるものがある”ということを信じて挑戦し続けていきたいと思います。