武元さん

武元さん

研究開発部門
精度の良いデータ取得する手法を考案します

高砂支社
第二技術部 ターボ燃焼・伝熱グループ CFDチーム

武元 亮頼

(2017年入社)

高砂支社

1.入社のきっかけは何ですか?

学生の時に研究開発がしたいと思っていたところ、大学で説明会があり当社を知るきかっけとなりました。当社は研究開発のサポートをしており、研究職の方の力になりたいと考え採用試験を受けました。
入社当初は希望していた部門への配属ではなかったですが、入社してからの行動、周りのサポートもあり学生時代に希望していたような業務に携われる機会が増えてきました。

2.どのような仕事をしていますか?

入社してからは実験業務をしていましたが、最近は計算機(スパコンより少し性能低いくらい)を使って流体挙動のシミュレーションも実施しております。
内容は、ガスタービン発電機の部品関連が多いです。
実験は実際に着火させるものから、少量の空気を流すものまで実施しております。それらのシミュレーションも実施しています。
他にも、学生時代の経験を活かし、放射光を用いた材料調査の試験に従事するように調整をしています。
研究開発のトレンドは日々変わるので、仕事も日々変わります。そのため飽きることがあまりないです。

3.どのようなときに“仕事のやりがい”を感じますか?

実験で少しでも精度の高いデータを取得できるような手法の提案をできた時です。
実験でのデータ取得は精度が高い方が考察できることが多くなり、価値が上がるので重要です。

4.仕事で面白かったエピソードは?

資格取得の講習で茨城県・東海村にあるJ-PARCという施設を見学できたのが良い思い出です。

5.福利厚生で“これはウレシイ”と思うものは何ですか?

家賃補助と資格取得の金銭面のサポートが手厚いことです。資格取得の受験料はもちろん、講習会の費用も払ってもらえる上に参考書も買ってくれるので、コーヒー代くらいしかかかりません。

6.就職活動中のみなさんへ一言!

皆さんが一番大事にしているものがある会社を選んでいただきたいです。仕事内容、場所、条件などはあると思いますが、それを大事にして会社選び頑張っていただきたいです。

社員の1日

8:30 出社 メールのチェック、当日のタスク確認
10:00 現場会議 試験のため、お客様と現場打合せ
12:00 ランチ 昼からも頑張れるように体力をつけます。
13:00 次案件の会議 次に入る仕事のために、別のお客様と会議
15:00 計算の準備 シミュレーションするための準備作業実施
19:00 退社 本日の業務終了―!