企業情報

コメント

社長ご挨拶

当社は2016年7月に、三菱重工のエンジン及びターボチャージャ事業を「三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社」として継承しております。

エンジンとターボチャージャでシナジーを発揮し、製品開発・技術力の更なる強化、分散型エナジーソリューションのご提供でお客様のご期待に応え、ご満足いただけるよう全社員一丸となって事業に邁進してまいります。

今後ともご愛顧と末永いお引き立てを賜りますよう心からお願い申し上げます。

代表取締役社長 梶野 武

代表取締役社長

代表取締役社長 梶野 武

会社概要

社名 三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社
営業開始日 2016年7月1日
所在地 〒252-5293
神奈川県相模原市中央区田名3000番地
電話番号:042-862-0701(代表)
代表取締役社長 梶野 武
資本金 50億円
従業員数(連結) 5,500人
事業内容

エンジンの開発、製造、調達、品質保証、建設、販売、サービス
発電システム(エンジニアリング、EMS) *EMS:Energy Management Service
発電セットのリース、レンタル
ターボチャージャの開発、製造、調達、品質保証、販売、サービス

アクセス

住所: 〒252-5293 神奈川県相模原市中央区田名3000番地 (三菱重工業株式会社相模原製作所内)
電話: 042-862-0701(代表)
アクセス:

電車をご利用の場合

  • JR横浜線 相模原駅下車
    タクシー 20分
    会社バス 25分
  • JR横浜線、JR相模線、京王電鉄相模原線 橋本駅下車
    タクシー 15分
    会社バス 20分
会社バス時刻表
会社バス乗り場
※会社バスは三菱重工会社バスをご利用ください。

お車をご利用の場合

  • 中央自動車道 八王子インターチェンジから約30分
  • 東名高速道路 横浜青葉インターチェンジから約60分
  • 首都圏中央連絡自動車道 相模原インターチェンジから約20分

会社組織

会社組織

2019年10月1日付

沿革

1920年(大正9年) 三菱重工業株式会社の前身三菱造船株式会社の自動車販売機関、株式会社大手商会の芝浦工場として発足
1922年(大正11年) 三菱内燃機株式会社が芝浦工場を買収し、名古屋製作所芝浦分工場となる
1929年(昭和4年) 大井工場を新設し、輸入自動車の修理および戦車の試作を開始
1937年(昭和12年) 自動車量産のため、丸子工場を新設
1945年(昭和20年) 民需品(大型トラック、バス、農耕用トラクタ等)の生産開始
1950年(昭和25年) 旧三菱重工業株式会社は3社に分割され、東日本重工業株式会社東京製作所となる
1952年(昭和27年) 社名を三菱日本重工業株式会社に改称
1956年(昭和31年) ブルトーザ、モーターグレーダ、陸舶用高速ディーゼルエンジン、重トラックおよび特殊車両の生産開始
1964年(昭和39年) 三菱3重工合弁にともない、三菱重工業株式会社東京製作所となる
1970年(昭和45年) 相模原に移転、フォークリフト生産開始
1971年(昭和46年) 三菱重工業株式会社相模原製作所発足
1991年(平成3年) MHI Equipment Europe B.V.(オランダ)にてターボチャージャの現地生産を開始
以後、海外展開を進める
2012年(平成24年) 三菱重工業株式会社原動機事業本部より定置用エンジン事業を移管
2013年(平成25年) 三菱重工業株式会社のフォークリフト事業を分割し、日本輸送機株式会社と事業統合したニチユ三菱フォークリフト株式会社を発足
2016年(平成28年) 三菱重工業株式会社のエンジン事業、ターボチャージャ事業を分割し、三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社を設立
2017年(平成29年) メイキエンジン事業を分割し、三菱重工メイキエンジン株式会社を設立

特定個人情報等保護方針