企業情報

企業情報

社長挨拶

取締役社長 池田 直昭
取締役社長 池田 直昭

三菱重工機械システムは幅広い事業で永年にわたって培った高度な技術やノウハウを最大限に活用するとともに設計、製造からアフターサービスまで一貫したサプライチェーンを構築し、高品質で安全な製品やサービスをご提供いたします。

また、IOT・AI 技術といったデジタル技術を駆使して、付加価値の高い製品の開発やサービスの創出にスピード感を持って取り組み、電化・知能化の進む社会の発展に貢献してゆきたいと考えております。

今後とも三菱重工機械システムを宜しくお願いいたします。

事業概況

三菱重工グループにおける当社の位置付け

事業統合

当社は安定した収益力を持つ中小規模事業を再編により統合し2017年10月に発足しました。

三菱重工との連携

当社は、事業会社として三菱重工から財務的支援、コーポレート機能や研究開発機能等の支援を受け、一体となって事業を運営しています。

三菱重工グループにおける当社の位置付けを表す表

当社の強み

売上推移

当社は、堅調に事業規模を拡大し、財務体質を強化しています。(売上推移)

売上推移のグラフ

技術の集約

三菱重工グループで最多クラスの事業、製品、技術を有しており、機械・構造・制御技術等の総合力を活かして幅広い顧客ニーズへの対応及びシーズの提案が可能です。

機械・構造・制御技術等の総合力と技術の集約を表すイラスト

経営理念

優れた品質の製品と、質の高いサービスを提供することによって、社会に貢献するとともに、全従業員の幸福な生活を追求する。

三菱重工機械システムは数多くの製品を取り扱っている「ものづくりの会社」です。
人に感動を与える技術と、ものづくりへの情熱によって、安全と環境を最優先に、優れた品質の製品と質の高いサービスを提供して行くことが使命と考えています。
そのために世界一の技術をめざし、たゆまぬ技術開発・研鑽と人材育成に努めていきます。

会社概要

社名 三菱重工機械システム株式会社
設立 1968年(昭和43年)12月2日
本社所在地 〒652-8585
兵庫県神戸市兵庫区和田崎町一丁目1番1号
取締役社長 池田 直昭
資本金 20億507万2,645円(2019年4月1日現在)
事業内容 次の製品の設計、製造、据付、販売、修理、改造、保守等
  1. ITS
    料金収受システム、ETCシステム、その他ITS製品関連
  2. 機械装置
    試験装置、検査装置、文化スポーツ施設、宇宙機器、システム制御装置、電子制御装置、加速器、その他産業用及び一般用機械機器、ゴム混練機、タイヤ加硫機など
  3. 油圧・機械
    油圧機器、試験装置、甲板機械、デッキクレーン、エアヒータ及びその他油圧・機械関連製品
  4. 食品包装機械
    食品機械・包装機械並びに周辺機器・プラントシステム
  5. パーキング
    立体駐車場設備
  6. 鉄構プラント
    煙突、免震・制振装置、ガスホルダ、水圧鉄管、その他各種鉄構製品
  7. 新聞輪転機
    オフセット輪転機(新聞用・商業用)
  8. 紙工機械
    段ボール機械

沿革

(2019年4月1日付)

三菱重工機械システム(株) 三菱重工業(株)から製品事業を移管
1968年
(昭和43年)
菱重環境エンジニアリング(株)設立
1986年
(昭和61年)
(株)神菱ハイテックに社名変更
2009年
(平成21年)
神菱技術サービスエンジニアリング(株)及び、三菱重工地中建機(株)と統合

大気汚染及び、水質汚濁防止装置等の環境装置事業を三菱重工環境エンジニアリング(株)から移管

機械及び、鉄構製品の設計に係る事業を西菱エンジニアリング(株)から移管

三菱重工メカトロシステムズ(株)に社名変更
2011年
(平成23年)
重環都市装置サービス(株)を統合
2012年
(平成24年)
  • 試験装置
  • 水圧鉄管
  • 文化・スポーツ設備
  • バイオマス利活用製品
2014年
(平成26年)
三菱重工パーキング(株)と統合
煙突、ガスホルダ、ビールタンク及び免振・制振装置事業を三菱重工鉄構エンジニアリング(株)から移管
2015年
(平成27年)
三菱日立パワーシステムズ環境ソリューション(株)に事業分割
  • 大気汚染防止装置
  • 溶剤回収装置
  • ITS
  • 油圧・機械
  • 加速器
2016年
(平成28年)
三菱重工食品包装機械(株)と統合 三菱日立パワーシステムズ環境ソリューション(株)に事業分割
  • 水処理装置

    JIMテクノロジー(株)に事業分割

  • トンネル掘削機

    佐藤鉄工(株)に事業分割

  • 水門
2017年
(平成29年)
三菱重工印刷紙工機械(株)と統合
  • テストセル
  • サイレンサ
ゴム・タイヤ機械事業を三菱重工マシナリーテクノロジー(株)から移管
三菱重工機械システム(株)に社名変更

会社組織

(2022年4月1日付)

会社組織
内部統制室
東日本支社
西日本支社
安全・品質統括部 安全・環境推進室
品質マネジメント室
経営統括部 企画経理部
総務部
調達統括部 調達企画管理部
機器・装置調達部
外注・工事契約部
ITS事業本部 次世代ERPプロジェクト室
事業管理部
営業部
品質保証部
技術部
工作部
サービス部
設備インフラ事業本部 事業管理部
プロジェクト推進部
機械・油圧装置営業部
食品包装機械営業部
パーキング・鉄構営業部
品質保証部
機械技術部
精密メカニクス技術部
パーキング・鉄構技術部
制御システム技術部
生産推進部
建設部
カスタマー・リレーション部
印刷紙工機械事業本部 事業管理部
営業部
サービス部
品質保証部
機械設計部
制御設計部
生産管理部
工作部

関連会社

三菱重工マシナリーテクノロジー株式会社
住所:〒733-8553 広島市西区観音新町4-6-22
電話: 082-291-2339
FAX:082-294-0375
URL:https://www.mhi.com/jp/group/mhimt/
主な事業内容:
一般産業機械等の技術サービス・製造請負・設備メンテナンス