企業情報

企業情報

社長挨拶

取締役社長 國嶋 茂
取締役社長 國嶋 茂

当社は、高速増殖炉(FBR)の開発と設計を担うエンジニアリング会社として2007年に設立され、同年7月から事業を開始し、これまでに三菱グループが蓄積してきた原子力関連事業の実績等に基づき、日本におけるFBR開発をリードしてきました。

エネルギー資源に乏しい日本においてエネルギーセキュリティをいかに確保するかということは避けて通れない課題であり、エネルギーの多様性確保と自給率向上に向けた不断の取組みが不可欠です。なかでもエネルギー自給率の向上については、資源面と技術面の両面において自立していることが重要です。

これまで日本で開発を進めてきたFBRを実用化すれば、原子力発電所の使用済燃料をリサイクルして再びエネルギー資源として有効活用することが可能となり、日本の技術力によってエネルギーの自給率を高め、エネルギーセキュリティの確保に貢献することが可能となります。現在、ウラン資源の枯渇リスクは緊迫感がやや薄れてはいるものの、エネルギーセキュリティにかかわる技術開発には、時期尚早ということはありません。

今後も当社は、FBRの実用化を目指して国際協力も視野に、関係各所と連携協力を図りつつ、FBR開発を推進してまいります。

会社概要

社名 三菱FBRシステムズ株式会社
所在地 東京都渋谷区神宮前二丁目34番17号
取締役社長 國嶋 茂
事業開始日 2007年7月1日
資本金 1億円
事業内容 高速炉の研究開発、設計、エンジニアリング

所在地

【本社】

住所: 〒150-0001
東京都渋谷区神宮前2-34-17 住友不動産原宿ビル15F(受付)
アクセス:

【交通機関】
・JR線 原宿駅 竹下口 徒歩8分
・東京メトロ千代田線/副都心線 明治神宮前駅 5番出口 徒歩10分
・東京メトロ副都心線 北参道駅 2番出口 徒歩5分

【神戸エンジニアリングセンター】 

住所: 〒652-8585
兵庫県神戸市兵庫区和田埼町1-1-1 三菱重工業㈱神戸造船所内
アクセス:

【交通機関】
・JR新幹線新神戸駅から市営地下鉄三宮駅(乗り換え)
 地下鉄海岸線三宮・花時計前駅→和田岬駅下車(所要時間約25分)
・JR神戸駅から地下鉄海岸線ハーバーランド駅→和田岬駅下車(所要時間約15分)
・JR新長田駅から地下鉄海岸線新長田駅→和田岬駅下車(所要時間約10分)
・JR神戸駅からタクシーで約10分
・JR新幹線新神戸駅からタクシーで約30分 

組織図

組織図
MFBRの組織図

設立の経緯

当社は三菱重工業株式会社が高速増殖炉(FBR)開発の中核会社として選定されたことを受け、FBRの研究開発やデザイン・エンジニアリングを担う、日本で唯一の会社として、2007年7月1日から事業を開始しました。

設立の経緯

2006年12月27日

「高速増殖炉サイクル実証プロセスの円滑移行に関する五者協議会(文部科学省、経済産業省、日本原子力研究開発機構、電気事業連合会、日本電機工業会)」はナトリウム冷却高速増殖炉(FBR)の研究開発体制についての方針(注)を決定。

  • 明確な責任体制の下で効率的にFBR開発を実施できるよう、中核メーカー1社に責任と権限及びエンジニアリング機能を集中する。
  • 中核メーカーは、FBR開発会社を設立し、エンジニアリングの一括実施とメーカー等への発注を行う。

2007年4月18日

公募の結果、文部科学省、経済産業省、電気事業連合会及び日本原子力研究開発機構は、三菱重工業株式会社を今後のFBR開発を明確な責任体制の下で効率的に推進するための中核会社として選定。

2007年7月1日

FBR開発を専業として行う新法人「三菱FBRシステムズ株式会社(MFBR)」が事業を開始。

社是

社是
  • 高速増殖炉開発を通じて、社会の発展と人類の豊かな未来に貢献する。
    世界的視野で技術開発にチャレンジし、次世代のエネルギー確保と環境保全に貢献する。
  • 経営の透明性確保と積極的な情報発信で、社会との信頼関係を築く。

経営理念

経営理念
  • 安全性・信頼性・経済性のあるFBRプラント概念を構築すると共に、国際協力を通じて我国FBR技術の世界標準化を目指す。
  • 適正な品質マネジメントシステムの構築と継続的改善により、社会と 顧客の信頼及び満足が得られる高品質の製品を提供する。
  • コンプライアンス指針を遵守し、良識ある企業活動を実践することにより、社会的責任を果たす。

三菱重工グループ・グローバル行動基準

三菱重工グループのグローバル行動基準をご紹介します。