企業情報

企業情報

社長挨拶

取締役社長 勝田 茂
取締役社長 勝田 茂

当社は、三菱重工業が開発・製造した陸上自衛隊向けの装軌式・装輪式戦闘車両の交換・補用部品販売、フィールドサービス、エンジン・トランスミッション等の主要コンポーネント整備、並びに車両オーバーホールを担う国内唯一の企業体であり、1984年に設立の三菱重工業の関連会社です。

我が国の西方では近年南シナ海・東シナ海でプレゼンスを強め緊張状態を高めている国や北西では国連決議を無視し、各種飛翔体・弾道弾の開発・配備に邁進している国など、日本を取り巻く国際環境は厳しい状態にあります。一方、一昨年以来の感染症対策で国家予算の逼迫状況は非常に厳しい状況にあり、陸上自衛隊の各種装備品の有効性向上は増々その重要性を高めています。

本社は防衛省近隣の新宿区にありますが、整備拠点として北海道千歳市に千歳事業所、フィールドサービス拠点として千歳の他、神奈川県相模原市、佐賀県三養基郡(鳥栖)に事務所、神奈川県相模原市に物流センターを構えており、また、全国の陸上自衛隊駐屯地に対して出張サービスを行っています。北海道に整備拠点を設けている理由は、重点配備されている陸自の主要機甲部隊の利便性を考慮したものです。また、千歳事業所社員の約8割が地元出身者であり、近年は地元高校卒業者を継続採用して、お客様及び地域の皆様と密着・共生した事業活動を行っています。

当社は、陸上自衛隊の後方支援の一端を担い、国内における戦闘車両の補給・整備の唯一の民間拠点となっており、極めて高い社会的責務を負っています。このような社会的責務を全うするためには、製品に対する深い知識は勿論、運用環境等の周辺知識や新規製造とは異なる整備・修理に対する高いスキルが必要となりますが、当社社員はこのような企業としての重責に誇りを持って、日々業務に取り組んでいます。

会社概要

社名 菱重特殊車両サービス株式会社
設立年月日
昭和59年3月1日
千歳事業所開設:1989年4月1日
本社 〒160-0001 東京都新宿区片町4番3号(曙橋SHKビル3階)
千歳事業所 〒066-0077 北海道千歳市上長都1047番地
物流センター 〒252-0244 神奈川県相模原市中央区田名2939番地1
九州事務所
〒841-0202 佐賀県三養基郡基山町大字長野607-1番地
(三菱ふそうトラック・バス株式会社 九州ふそう久留米支店内)
資本金 3,000万円
株主 三菱重工業株式会社(全額出資)

組織図

組織図

売上高

売上高

本社

住所: 〒160-0001
東京都新宿区片町4番3号(曙橋SHKビル3階)

千歳事業所

住所: 〒066-0077
北海道千歳市上長都1047番地

物流センター

住所: 〒252-0244
神奈川県相模原市中央区田名2939番地1

九州事務所

住所: 〒841-0202
佐賀県三養基郡基山町大字長野607-1番地
(三菱ふそうトラック・バス株式会社 九州ふそう久留米支店内)

当社の役割

日本国内で戦車など戦闘車両のメンテナンスを行なう、唯一の民間企業として、高い技術力で日本の防衛に日々貢献しています

円形3事業説明図

日本の戦車等の戦闘車両は、防衛省と三菱重工業が最新技術を投入し開発・製造されています

長年使用された戦車等戦闘車両は、経年劣化、摩耗等により故障の発生率が高くなります。
弊社工場にて検査、分解、復元など技術とノウハウを駆使してオーバーホール・修理を実施し、故障の発生率を低下させる事により、有事の際の車両の信頼性を向上させます。

例えば、90式戦車は

重量
50 t
時速
70 km/h

で走行

120mm砲を備え

90式戦車
砲弾速度
マッハの世界

これらの性能を支える車両コンディションの維持が重要となります。

当社では、これら戦車等の戦闘車両が部隊配備、その後の過酷な運用が開始されてからのメンテナンスなどアフターサービス全般を担当しています。

日本で唯一の戦闘車両メンテナンス企業の誇りを持ち、これら車両の運用に絶えず支障をきたさぬよう、技術とサービスフットワークで日本の防衛を支えています。

対象装備品

16式機動戦闘車
16式機動戦闘車
10式戦車
10式戦車
90式戦車
90式戦車
99式自走155ミリ榴弾砲
99式自走155ミリ榴弾砲
11式装軌車回収車
11式装軌車回収車
90式戦車回収車
90式戦車回収車
89式装甲戦闘車
89式装甲戦闘車
91式戦車橋
91式戦車橋
重装輪回収車
重装輪回収車