ページの先頭です。 ページの本文へ フッタへ
MITSUBISHI Heavy Industries Recruiting Information
INTERN
KENSUKE TANAKA
田中健介

三菱重工機械システム株式会社
設備インフラ事業本部
構造技術部
鉄構設計課
煙突新設チーム
2009年入社
工学科社会環境デザイン工学専攻修了

アイディアを取り込んだ
煙突がそびえ立つ姿は感無量

現在の仕事内容と役割

発電プラント用の煙突では、高さ190mを実現しただけでなく、地震や風による振動を最小限に抑える工夫をしました。地上139mの位置で周囲の支持用鉄塔と筒身(煙突本体)の間に大型の速度比例型ダンパーを6台取り付け、揺れによるエネルギーを吸収する構造です。建設工事でも、大型ブロックの架設が可能な大型クローラークレーンとジャッキアップによる併行架設工法を採用するなど、工事の簡略化と短縮化を図りました。煙突は多くの設備を必要とはしないので、自分のアイディアを取り込んで設計し、完成まで責任持って担当することができます。それだけに、竣工後、そびえ立つ姿を見上げた時には感無量です。

仕事のやりがいや醍醐味

まず考えなければいけないのは建設地点の特異性で、地震や風といった荷重条件や支持地盤の条件は場所ごとに異なりますから、模型による風洞試験などを経て構造形式の繰り返し検討を行いながら詳細を決めていくことが必要な場合もあります。さらに、設置するプラントの種類によっても流す気体の成分や風量、温度などが変わってくる点も考慮しなければなりません。これらの条件をもとに最適化を進めていくので、同じものはできないのです。煙突はプラントの性能や環境にも深く関わってくるだけに、もっと多くの経験を積み、技術力を高めることで、世界中に私たちの煙突を建てていければ嬉しいですね。

一番印象に残っている仕事

初めて設計担当となった案件で、海外製の制震装置を採用しました。そのためメーカーとの仕様決定や書類のやり取りなど不慣れな英語と文化の違いに悪戦苦闘し、また、初めての海外出張となった性能試験では、トラブルに対応するために毎日夜通し対応しました。当時は苦しい思いもしましたが自信をつけることができ、今では良い思い出です。そうした経験から、その後の海外案件に対しても担当させてもらえるようになりました。

PROFILE(プライベート)

大きな構造物が好きであることから、休日はドライブがてら横浜ベイブリッジや東京スカイツリー、東京タワーなどを眺めに行きます。生後5カ月の娘が大喜びしているのを見ると、ちょっと嬉しいですね。但し、構造物に興味があるのか、単にドライブが楽しいだけなのか、まだ幼いだけに分かりません(笑)。

KAZUYA HARA
原 和也

三菱重工機械システム株式会社
パーキング事業部
技術部
設計三課
地上式チーム
2010年入社
工学研究科機械工学専攻修了

より高い技術力を取り入れ
製品開発を進める

現在の仕事内容と役割

タワーマンション用途の立体駐車場の場合、オフィスビルや時間貸し向けとは利用方法が異なり、数百人の利用者が、直接機械を操作して自動車の入庫や出庫を行うので、専門の管理者が操作可能な業務施設と比べ、利便性や安全性をさらに高め、安心して利用できなければなりません。また利用時間も朝や夕方に集中するので、入出庫の待ち時間を短縮する工夫や、利用形態に合わせた高度な制御技術や省エネ技術なども確立していく必要があります。このような問題を一つひとつ解決し、スマートリフトパークを開発・納入し、主力商品の一つとして積極的な製品展開を行っています。

会社の強みや好きなところ

50年以上の納入実績が大きな強みです。三菱立体駐車場は1961年に初号基を納入し、50年以上に亘って製造メーカーとしての高い技術力とノウハウを蓄積してきました。時代のニーズに合わせ様々な制御方式の製品の新設事業・アフターサービス事業を通じ、新たな製品開発にも力を入れています。三菱重工グループの強みを活かし、三菱重工総合研究所との連携など常により高い技術力を取り入れ製品開発・製品改良を進めています。

社風や職場の雰囲気

新しい製品開発にチャレンジする際には必ず新しい技術が必要となります。特に電気・電子・制御・通信などの技術は日々進化し、常に時代の最先端技術を吸収し続けることが必要となります。場合によっては従来の固定概念や経験値では、通用しない場面もありますので、若い技術者の意見を尊重し合い、新しい技術にチャレンジできる環境づくりを心がけています。私自身も製品の開発段階では当時若手ながら多くの意見や考えを取り入れていただける環境の中、製品を世の中にリリースできた時は1つの達成感を感じました。

将来の目標

立体駐車場事業は自動車産業・インフラ産業が結び付き、土地の高度利用が強く求められる日本国内で進化してきた製品ですが、近年では、アジア、ヨーロッパ、アメリカなどの世界の都市部の成長とともに世界各国においても似たような事業環境となり、徐々に世界の需要が拡大してきました。また近年は自動車産業の革命期を迎え新たなモビリティが世を取り巻く環境となり、世界展開・新時代の自動車インフラに向け、日々製品開発に取り組んでいます。

HIROKAZU SHIMIZU
清水裕量

三菱重工機械システム株式会社
設備インフラ事業本部
制御技術部
設備制御設計課
試験設備チーム
2007年入社
工学研究科電気電子工学専攻修了

最高の性能を発揮する
最適化システムの提案

現在の仕事内容と役割

自動車に求められる低燃費化、走行安定性、快適性に大きく影響するのが空力性能です。最近では、環境性能向上のために「さらなる空気抵抗の低減」が期待されており、それに伴って停止状態の自動車に再現性のある気流を供給して走行状態を模擬し、空力性能を計測する風洞装置も進歩してきました。また、自動車の排出ガスと燃費の試験サイクル及び試験法を世界中で統一しようという動きがあり、新しく制定された国際規格に適合させる必要があります。国際規格対応を進めるとともに、安定した気流品質に加え、風切音評価のしやすい静音性の実現など、新たな技術開発に取り組んでいます。

仕事のやりがいや醍醐味

風洞装置は建物自体も装置の一部となる大型の設備で、各機器には厳しい精度を要求されます。風を発生させる主送風機、安定した気流を提供する風路機器、走行状態を模擬する移動地面機構付空力荷重計測装置、空力測定用のトラバース装置、それらを制御および監視・計測するシステムなどですが、ただ並べただけでは製品にはなりません。お客様の要望に応え、それぞれの性能を見極めて組み合わせ、最高の性能を発揮する最適化システムを提案する必要があります。受注から設計、据付工事まで3年以上に亘り、非常に手間がかかりますが、責任を持って完成させていくからこそやりがいを感じます。

将来の目標

風洞装置はこれから先も進化していきます。より実走行に近い計測を可能にするのはもちろんのこと、省エネ化やオペレーションの効率化などの点でもさらなるレベルアップが求められているからです。一つひとつの機器だけでなく、それらを組み合わせるインテグレーション技術で世界トップレベルを目指します。

PROFILE(プライベート)

社会人になっても、休日には草野球などで外出する機会が多くありました。しかし、誕生した我が子の顔を見た瞬間、何かのスイッチが入ったのか、オフの時間はできる限り子供と過ごしたいと思うようになりました。乗り物が好きで、自動車のおもちゃで一緒に遊ぶのが楽しみ。実はもうすぐ女の子も生まれる予定で、また別のスイッチが入りそうな予感がしています。

TOMOKO TSUDA
津田朋子

三菱重工機械システム株式会社
営業統括部
機械・鉄構営業部
鉄構プラント営業課
貯蔵・免制振チーム
2011年入社
生活科学部生活科学科卒

長い間関わり、
ものづくりの醍醐味を味わう

現在の仕事内容と役割

高層ビルの耐震装置は、頂部に振り子などで動くようにした錘(重り)を設置し、外力と逆の方向に力を発生させることで揺れを抑えます。大規模な超高層ビルでは数百トン規模の巨大な錘を最上階まで運んで設置する必要があります。アクティブタイプの制振装置は据え付けた後も実際に振動を発生させて調整を行います。従って、受注から引き渡しまで何年にも亘こともあり、しかも私たち営業担当はビルが計画され始めた段階から受注前活動を始めているので、技術者よりも長い間、プロジェクトに関わります。それだけに、一つの製品を育てているという実感は強く、ものづくりの醍醐味を味わえるのです。

仕事のやりがいや醍醐味

最近では中国や台湾などの海外案件も担当するようになりました。現地のゼネコンと交渉を重ねながら仕様や納期、価格などを決めていく作業は、日本との商習慣の違いに戸惑いを感じた時期もあったのですが、今はかなり慣れてきましたね。コツとしては、とりあえず笑みを絶やさず、要所で言いたいことをずばっと言うことです(笑)。私に営業としての資質があるとすれば、負けず嫌いなところでしょうか。「この案件は受注する」と決めたら全力を尽くし、たとえうまくいかなくても最後まで粘ることで次の仕事につながるケースもあり、やりがいを感じます。

入社当時と比べて成長した点

広島出身の私は長く地元で働いており、グローバル志向のようなものは特にありませんでした。しかし、製品と一緒に職場が横浜に移り、現在の仕事に携わるようになった現在は、予想外の急な展開に我ながら驚いているほどです。ただ、扱っている制振装置には誇りも愛情もあるのでこれからも積極的に市場を広げていきたいと思っていますし、こんなチャンスを与えてくれた会社にも感謝しています。

会社の強みや好きなところ

強みは何と言っても技術力です。お客様のご要望に応えることはもちろんのこと、そこからさらに一歩進んだ提案を行うことで初めてお客様の信頼を得ることができると考えています。そのために、お客様の「求めていること」「重要視していること」を設計者と模索し、お客様に喜んでいただける提案に繋げていくことも営業の楽しみの一つです。