ページの先頭です。 ページの本文へ フッタへ
MITSUBISHI Heavy Industries Recruiting Information
INTERN
NAOKI FUJIKAWA
藤川直樹

三菱重工環境・化学エンジニアリング株式会社
プラント事業部
エンジニアリング総括部
プラント設計部
技術グループ
1997年入社
工学研究科 産業機械工学専攻

廃棄物処理事業が持つ
大きな社会的意義

現在の仕事内容と役割

プラント設計部技術グループは、燃焼設備(ストーカ、炉本体)、熱回収設備(ボイラ)、排ガス処理設備(減温塔、ろ過式集じん器、触媒反応塔)などの「ごみ焼却施設の主要機器」を担当するグループです。実際の業務としては、これらの主要機器に対して、「機能・性能を満たすための検討・計画・設計」、「機器製作のための製作図の作成」、「製作メーカへの技術的な購入または製作仕様作成や製作フォロー」、「試運転対応」ほか一連の業務を実施しており、私は、この技術グループ長としてグループ全体をマネージメントしています。

仕事のやりがいや醍醐味

廃棄物処理は、多種多様な入口条件(ごみ)に対して常に安定した稼動を求められる点において、技術的にかなり難しい分野です。入口条件が明確にできない中、過去の実績や各種検討に基づいて適正な設計を行っていかなければなりません。様々なトラブルを乗り越えながら、自分が苦労して検討・設計・製作に関わったものが形になり、現地で据え付けられ、要求された性能を満足して無事引き渡せた時には、この仕事に取り組んで良かったと思いますし、大きなやりがいを感じます。

会社の強みや好きなところ

グループとしての「豊富な人材」と「技術の蓄積」が強みです。新規開発や困難な課題に直面した時には総合研究所のサポートが得られたり、これまで蓄積された技術資料を紐解くことで問題解決の糸口を見つけることができたりする場面が多々あります。また、三菱重工環境・化学エンジニアリングの強みは、新規建設からO&M、さらには延命化までを一気通貫で対応しており、使用者の声を直接聞ける仕組みがある点です。クレームは耳が痛い部分もありますが、新規開発に繋がる大事なアドバイスでもあり、これを活かせる環境が既に出来上がっています。

応募者へのメッセージ

廃棄物処理事業は電気・水・ガスほどメジャーではないものの、重要な社会インフラであり、社会を支える事業の一つです。会社選択の際には社会貢献を重視する方々も多々いらっしゃると思いますが、廃棄物処理事業は「街をきれいにする」、「環境負荷を下げる」という意味で大きな社会的意義持つ事業だと思います。また、廃棄物処理技術は技術的に奥が深く、今後は新興国を中心に普及していく技術でもあることから、グローバルな技術者を目指す人にとっても面白い業種だと思いますので、選択肢の一つとして検討されてみてはいかがでしょうか?

KAZUYUKI KOBAYASHI
小林和幸

三菱重工環境・化学エンジニアリング株式会社
サービス事業部
長寿命化プロジェクト部
工事統括グループ
2008年入社
システム工学部環境システム学科卒

新たな命を吹き込む
価値創造型のプロジェクト

現在の仕事内容と役割

日本では1980年代後半から1990年代前半にかけて多くのごみ焼却場が建てられました。これらの施設は稼働を始めて20年以上経つと劣化が目立つようになり、性能が大幅に低下してきます。そこで、基幹的な設備をリニューアルすることにより、さらに10〜15年稼働できるようにするのが、私たちの仕事である「長寿命化プロジェクト」です。ごみ焼却場を運営している自治体から相談を受け、綿密な調査を行い、どの設備がどのくらい傷んでいるかチェックし、そして要望や条件に合った形で、どの設備を新しくすれば効果が最大になるのか、最適化設計を行います。

仕事のやりがいや醍醐味

重要なのは、この仕事が単なる延命目的ではなく、ごみ焼却場に新たな命を吹き込む価値創造型のプロジェクトだという点です。まずは、より効率の良い設備に更新することで消費電力や燃料の使用量を削減し省エネ化を図ります。そして熱回収の促進や発電能力の向上を図り、施設の発電効率を向上させます。それらの評価は最終的には二酸化炭素(CO2)の排出量に換算されます。CO2削減量に応じて国が補助金を負担してくれる制度もあり、お客様である自治体にとってもメリットのある計画をいかに立案していくかが、やりがいでもあり醍醐味にもなります。

印象に残っている仕事

広島市のプロジェクトが印象に残っています。ボイラの部分更新や煙道の交換と改良、押し込み送風機の最適化などによる燃焼制御の改良により、15%のCO2削減を実現。併せて、改良された固形化技術を採用し、排ガス中の飛灰中に含まれるダイオキシン類の溶出防止対策を強化しました。通常、計画から完成まで3〜5年、工事期間だけで2年以上かかりますが、工事の責任者を務めたことが勉強になりました。その間、現地に滞在して現場の作業の指揮を執りましたが、机上で考えたことが必ずしもうまくいくとは限らず、改めて設計の難しさを感じました。

入社当時と比べ成長した点

現場では高所作業や重量物の運搬・据付も頻繁にあるため、作業員が危険に晒されるほか、稼働中の焼却炉の隣で作業する場合は熱中症対策も考える必要があり、とにかく安全に工事が進められるように神経を使います。大勢の作業員をまとめあげていくとともに、信頼関係を構築していくのは並大抵のことではありません、しかし、最後は現場の作業員が事故や災害で一人も欠けることなく笑顔で現場を去っていく姿を目にする際には肩の荷が下りるとともに、自分が設計・計画したものが少しずつ形になる喜びとともに、自分自身の成長も実感します。