ページの先頭です。 ページの本文へ フッタへ

世界を変えるものづくり。 未知を楽しめ。未来に挑め。 MHI SUMMER INTERNSHIP 2021

MATCHING検索

※三菱重工グループのインターンシップの特徴には「実業務に近いプログラム内容で最前線のエンジニアの業務を体験できる」という特徴があります。実際、実習の成果についてインターンシップ参加者と当社社員が共同で執筆した論文が「日本航空宇宙学会論文集」に掲載されたこともありますので、一例としてご紹介いたします。
掲載された論文の抄録はこちら

※対面形式のテーマは、新型コロナウイルス感染予防対策を徹底の上実施することを予定しております。なお、国内感染状況によっては、現在対面形式で予定しているテーマの一部またはすべてのテーマをオンライン形式に変更または中止とする可能性がありますので、予めご了承ください。最新の情報は決定次第マイページからご連絡致します。

三菱重工グループの幅広い募集テーマから、あなたの希望に合うものを探そう。

≪募集分野≫≪日程≫≪キーワード≫≪職種≫≪対象学科≫について、希望するものにチェックを入れてください。(複数チェック可)

募集分野
日程
職種
エリア
対象学科
キーワード
検索

募集テーマ チェックをクリア

知的財産

実施日程 9/6(月)~9/7(火)
実施部門 技術戦略推進室 知的財産部
場所 オンライン
テーマ 1 知的財産業務における最重要事項「特許請求の範囲」作成演習について(A日程)
内容 当部では、研究開発過程で生じた発明の権利化、それら知財権の活用検討と実行、知財戦略の策定や推進、また他社が保有する知財権に係る対応を主たる業務としています。業務範囲は幅広く、企業活動には欠かせない重要な役割を担っています。本テーマでは、発明の権利化、知財権の活用、知財戦略の推進、他社対応等全ての企業知財活動の根底をなす「特許請求の範囲」の文章作成など、知財業務の一端を体験して頂きます。
キーワード その他
職種 その他
対象学科 不問
人数 3名
備考
実施日程 9/9(木)~9/10(金)
実施部門 技術戦略推進室 知的財産部
場所 オンライン
テーマ 2 知的財産業務における最重要事項「特許請求の範囲」作成演習についてB日程)
内容 当部では、研究開発過程で生じた発明の権利化、それら知財権の活用検討と実行、知財戦略の策定や推進、また他社が保有する知財権に係る対応を主たる業務としています。業務範囲は幅広く、企業活動には欠かせない重要な役割を担っています。本テーマでは、発明の権利化、知財権の活用、知財戦略の推進、他社対応等全ての企業知財活動の根底をなす「特許請求の範囲」の文章作成など、知財業務の一端を体験して頂きます。
キーワード その他
職種 その他
対象学科 不問
人数 3名
備考

研究所

実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 サービス技術部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 3 遠隔監視・異常検知に関する最新技術を活用したサービスビジネスについて
内容 当部では、当社製品の信頼性向上に寄与するアフターサービス関連技術を企画・開発しています。発電プラントをはじめとした当社製品を題材にして、巡回点検ロボットや遠隔監視により収集した各種運転情報をもとに、故障の予兆検知などの機器の信頼性向上につながるサービスについて、最新技術動向のリサーチや先輩エンジニアとの協議を通じて検討してください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 研究開発
対象学科 機械、電気・電子、情報、金属・材料、理学
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 サービス技術部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 4 遠隔監視・異常検知に関する最新技術を活用したサービスビジネスについて
内容 当部では、当社製品の信頼性向上に寄与するアフターサービス関連技術を企画・開発しています。発電プラントをはじめとした当社製品を題材にして、巡回点検ロボットや遠隔監視により収集した各種運転情報をもとに、故障の予兆検知などの機器の信頼性向上につながるサービスについて、最新技術動向のリサーチや先輩エンジニアとの協議を通じて検討してください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 研究開発
対象学科 機械、電気・電子、情報、金属・材料、理学
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 製造研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 5 エネルギー機器、航空・宇宙機器等のモノづくりを支える革新的製造技術について
内容 ガスタービン、ターボ機械、航空・宇宙機器等への適用を目指した3D造形やレーザ加工、耐熱コーティング等の先進工作技術、Ni基耐熱合金やセラミックス等の先進材料について国内外の最新研究動向をリサーチしてください。この中から対象を絞り込んだのち、実プロセス適用への課題と打ち手を先輩エンジニアと議論の上具体化してください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 研究開発
対象学科 金属・材料、機械、航空・宇宙
人数 4名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 製造研究部
場所 総合研究所大江 【愛知県名古屋市】
テーマ 6 航空・宇宙分野のモノづくりを支える革新的表面処理技術について
内容 航空・宇宙機器用部品には、耐食性や耐熱性などを付与するためにさまざまな表面処理が施されています。本インターンシップでは、具体的部品の表面処理プロセスを対象に最新の技術動向を調査するとともに、実生産へ適用するにあたっての課題(品質向上・安定化、コスト削減、施工時間の短縮など)と打ち手について、先輩エンジニアと議論の上、具体化してください。
キーワード 航空
職種 研究開発
対象学科 金属・材料、化学
人数 6名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 製造研究部
場所 総合研究所大江 【愛知県名古屋市】
テーマ 7 航空宇宙分野を中心とした複合材の新しい適用先及び成形技術について
内容 航空機・宇宙機器を中心とした複合材(樹脂)成形法の利点や課題を整理するとともに、国内外の新しい複合材適用先や成形法について調査してください。調査内容をもとに、先輩エンジニアと議論しながら複合材をより安価に成形できる方法について検討してください。
キーワード 航空
職種 研究開発
対象学科 金属・材料、化学、航空・宇宙、機械
人数 4名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 化学研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 8 化学工学単位操作を組合せた大型発電プラントの環境負荷低減技術の開発動向について
内容 環境意識の高まりにより各種プラントの排水規制が強化されており、無排水化のニーズが高まっています。膜分離、固液分離、蒸発晶析・反応晶析等の各プロセスから成る排水の減容化に関わる技術動向調査を通して、将来有望な無排水化装置を提案してください。
キーワード 環境装置
職種 研究開発
対象学科 化学
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 化学研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 9 CO2排出量削減に有効なカーボンリサイクル技術の開発動向について
内容 再生可能エネルギーの導入拡大に伴う発電コストの低下に伴い、電解技術を用いたCO2再資源化が注目されています。電解技術に関する国内外の最新技術動向調査を通して、将来有望となる革新的な技術抽出と、その技術を適用した製品像を描いて下さい。
キーワード 自然エネルギー
職種 研究開発
対象学科 化学
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 化学研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 10 続的社会のエネルギーチェーンについて
内容 化石燃料及び再生可能エネルギーの現状と各研究機関の将来予想を整理し、化学工学的な考え方を踏まえ、次世代エネルギーチェーンの一角を担う新製品に繋がる革新的技術の方向性を提案してください。 特にCO2の有効利用に有用な触媒の検討や、化学プロセスの提案を交えて検討頂きます。
キーワード 自然エネルギー
職種 研究開発
対象学科 化学
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 化学研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 11 資源循環につながる環境新製品の開発動向について
内容 資源循環分野(廃棄物からの発電・有価物抽出等)の環境装置開発につなげるため、研究機関・他社の革新的技術に関する動向を抽出し、将来有望視される環境新製品の方向性を提案してください。特に化学工学的なアプローチから、資源抽出に有効な機能材の検討や、実用環境プロセスとしての提案を交えて検討頂きます。
キーワード 環境装置
職種 研究開発
対象学科 化学
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 化学研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 12 シミュレーション活用による新規発電プラント洗浄工事用腐食抑制剤の性能予測手法の構築について
内容 材料の腐食挙動予測や防食技術適用は、エネルギープラント等の当社製品の信頼性確保に非常に重要です。腐食評価は経験的なものが主流であったのに対し、近年の計算科学を活用することで、評価の迅速化、予測の高精度化の可能性を秘めています。分子動力学法等のシミュレーション技術の腐食防食への適用を検討し、新規な腐食、防食の評価、予測方法について提案、評価を行ってください。
キーワード エネルギー(その他)
職種 研究開発
対象学科 化学
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 化学研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 13 先進的な環境制御・生命維持システムのプロセス最適化検討について
内容 宇宙ステーション等の閉鎖空間内で水や空気の循環サイクルを構築することは、過酷環境や宇宙空間等での活動には不可欠な技術です。CO2等のガス処理や水再生システムについて最新技術を組み合わせた新規プロセスの調査、並びにシミュレーションを用いた装置または全体プロセスの最適化手法に関して検討・評価し、先進的なプロセス案を提案してください。
キーワード 宇宙開発
職種 研究開発
対象学科 化学
人数 4名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 強度・構造研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 14 発電機器、ロケットエンジンなど高温機器の寿命評価へのデジタルツインや機械学習の適用について
内容 当研究部では、発電機器やロケットエンジンなど高温機器の疲労やクリープの損傷シミュレーション・評価技術にデジタルツインや機械学習など新しい技術を適用する研究開発に取り組んでいます。最新のIoT技術、機械学習について調査し、自分なりに損傷評価への適用アイデアについて検討・提案してください。
キーワード 宇宙開発
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙、原子力、船舶、金属・材料、土木・建築、理学
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 強度・構造研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 15 水素や原子力などの過酷環境で使用される機器の強度評価について
内容 当研究部では、最新の強度評価技術を適用して、発電機器(火力、原子力)や航空エンジン等の強度評価を行っています。水素や原子力などの過酷な環境で使用される機器を対象として、疲労や破壊評価に関する最新の技術動向をリサーチして、環境の影響による破壊メカニズムの考察や製品の強度設計の合理化について検討してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙、原子力、金属・材料、理学
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 強度・構造研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 16 宇宙機器や航空機エンジンなどの事例に基づく構造最適化について
内容 当研究部では、FEM(有限要素法)解析やトポロジー最適化技術等を用いて、宇宙機器、ガスタービン、航空機エンジンなどの各種製品に対して軽くて強い最適形状を求める研究を行っています。実際に検討している先輩エンジニアの指導を受けながら、宇宙機器や航空機エンジンなどの事例を調査し、金属3D積層造形などを視野に入れた構造・構成のアイデアを提案してください。 
キーワード 宇宙開発
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙、原子力、船舶、金属・材料、土木・建築、理学
人数 3名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 強度・構造研究部
場所 総合研究所大江 【愛知県名古屋市】
テーマ 17 航空機・宇宙機器の新構造開発について
内容 航空機や宇宙機器などの新規開発構造について実機レベルの研究に取り組んでいます。電動化、複合材活用による軽量化等の最新の技術動向に関する調査・検討を実施し、電動化技術の利用、複合材の利点を活かした次世代製品を想定した構造・構成アイデアを提案してください。
キーワード 航空
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 振動研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 18 次世代の宇宙機器や無人航空機などに用いる最新の振動騒音低減技術について
内容 次世代ロケットの信頼性向上につながる振動低減技術や、無人航空機の静粛化のための流体騒音解析技術(CAA)・低減技術について、先輩エンジニアと協力してリサーチし、次世代製品の採用のために、更に研究を進めるべきアイデアについて提案してください。
キーワード 宇宙開発、航空、船舶・海洋、自動車関連
職種 研究開発
対象学科 機械、電気・電子、情報、航空・宇宙、船舶、土木・建築、理学
人数 3名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 振動研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 19 流体・構造連成振動等のマルチフィジクスに関する最新技術について
内容 発電プラントで使用される機器や新交通システム車両の信頼性向上のための高度な解析・実験評価技術が重要となっています。流体・構造連成振動等のダイナミクスに関する最新技術をリサーチし、振動評価を行ってください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙、原子力、土木・建築、理学
人数 3名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 振動研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 20 ターボ機械を対象としたダイナミクスに関する最新技術について
内容 ガスタービンやロケットエンジンの信頼性を確保するためには、作動流体そのものや、それを仕事に変えるブレードやロータの動的挙動に関する高度な解析・実験技術が必要不可欠です。圧力変動や機械振動に関する最新技術についてリサーチしてください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙、原子力、土木・建築、理学
人数 3名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 振動研究部
場所 総合研究所大江 【愛知県名古屋市】
テーマ 21 将来航空機やロケットを対象とした最新振動評価技術について
内容 軽量化が進む航空機の飛行安全のため、振動・音響等の動的事象に対する評価技術・静粛化技術の開発が必要不可欠です。将来航空機適用を念頭に、飛行中機体振動の予測・低減に関する最新技術についてリサーチしてください。
キーワード 航空
職種 研究開発
対象学科 機械、電気・電子、航空・宇宙、金属・材料、理学
人数 3名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 機械研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 22 高速回転機械のトライボロジー技術について
内容 ターボチャージャの回転軸を支持する軸受を対象に、振動低減のための形状適正化、これに伴う軸受損失の評価などトライボロジー的な観点での技術検討を実施してください。
キーワード 自動車関連
職種 研究開発
対象学科 機械
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 機械研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 23 車両用動力伝達装置の小型軽量化技術について
内容 交通システム等の車両で用いられる歯車など機械要素部品を対象に、耐久性を維持しながら小型軽量化、低騒音化を実現するための構造、形状適正化検討を実施してください。
キーワード 交通システム
職種 研究開発
対象学科 機械
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 機械研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 24 大型回転機械のトライボロジー技術について
内容 大型発電用タービン等に組込まれる機械要素(トライボロジー関連機器:主にシール・軸受)を対象として、解析・計測業務を体験し、機械要素の研究開発や製品設計における理解を深めてください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 研究開発
対象学科 機械
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 機械研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 25 ロボット適用性の評価技術について
内容 製造・組立やプラント等の現場へ適用する具体的なロボットシステムを題材とし、機構・システム開発の一端に関わって頂き、ロボット開発への理解を深めてください。
キーワード その他
職種 研究開発
対象学科 機械、情報
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 機械研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 26 MBDを基盤としたマルチフィジックス解析によるシミュレーション評価について
内容 機械製品の性能・信頼性評価に適用される機構解析[MBD]ベースのマルチフィジックス解析[CFD(数値流体力学)・FEM(有限要素法)との連成解析]により、ロボットや航空機などの製品を対象としたシミュレーションを体験して機構解析の基礎を習得するとともに機械特性の評価手法への理解を深めてください。
キーワード 交通システム
職種 研究開発
対象学科 機械
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 機械研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 27 MBDと自律移動車輛の性能評価解析について
内容 機械製品の性能・信頼性評価に適用される機構解析[MBD]ベースの製品モデルと自律移動制御ロジックとの連成解析により、自律移動性能評価を対象としたシミュレーションを体験して機構解析の基礎を習得するとともに機械特性の評価手法への理解を深めてください。
キーワード 物流・運搬
職種 研究開発
対象学科 機械
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 機械研究部
場所 総合研究所岩塚 【愛知県名古屋市】
テーマ 28 トライボロジーを利用した流体機械の性能向上技術について
内容 空調製品、エンジンや宇宙関連製品などの機器効率・信頼性向上のためのしゅう動面形成に関し、潤滑剤・材料による摩擦・摩耗低減検討を実施してください。
キーワード 自動車関連
職種 研究開発
対象学科 機械
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 流体研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 29 防災技術を活用したビジネスと社会貢献について
内容 近年大型台風などによる風災害やゲリラ豪雨による浸水被害が増えています。当研究部では、大型構造物周りの風の流れを評価するCFD(数値流体力学)技術の開発や地形周りのCFD技術を活用した風による飛来物被害の評価、豪雨による浸水被害の評価等に取り組んでいます。これらの防災に関連した流体解析技術に関して、国内外の動向を調査するとともに、ビジネスへの展開や社会貢献の観点における今後の研究課題をまとめてください。
キーワード インフラ設備
職種 研究開発
対象学科 機械
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 流体研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 30 輸送機器の環境対応に関する技術動向とビジネスへの展開について
内容 近年、風力利用による省エネ船舶や、温室効果ガス削減のための電動船舶等の開発が世界で進められています。また、人工知能を活用した設計最適化等による省エネ船型開発の取組みも進んでいます。これらについて国内外の技術動向を調査するとともに、ビジネスへの展開と今後の研究課題をまとめてください。
キーワード 船舶・海洋
職種 研究開発
対象学科 機械、船舶
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 流体研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 31 「小さなプラント」実現のための革新的な流量計測技術について
内容 発電プラントや化学プラントの運転状態を評価するために、多数の流量計が設置されていますが、計測精度確保のためには流量計上流に十分な長さの直管が必要であり、これはプラント全体の小型化に対する阻害要因となります。昨今のプラントコスト低減に基づくコンパクト化要求が高まっている中で、従来の発想にとらわれない、高機能かつ革新的な流量計測技術が求められています。そこで、最新の計測技術についてリサーチし、プラントコンパクト化のヒントとなる製品アイデアを提案してください。
キーワード エネルギー(原子力)、エネルギー(火力発電)、化学プラント
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙、原子力
人数 1~2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 流体研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 32 バイオミミクリー(生体模倣)技術等の適用による翼端渦キャビテーション抑制技術について
内容 当研究部では、船舶やポンプ等の流体機器の騒音や振動抑制に向け、キャビテーション抑制技術の研究を行っています。今回は軸流ポンプや船舶プロペラなどの水中翼の先端に発生する渦構造を一例とし、バイオミミクリー(生体模倣)技術等の渦抑制ソリューションをリサーチし、アイデアを提案してください。
キーワード エネルギー(原子力)、エネルギー(火力発電)、宇宙開発、船舶・海洋、防衛製品
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙、船舶
人数 1~2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 流体研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 33 デジタルツイン構築のための流体解析の高速化技術について
内容 当研究部では、種々の流体機械やプラントの性能向上のため、流体解析コードそのものの開発や、複雑かつ高速な解析技術の開発を進めています。近年、実現象を全てコンピュータ内で再現する「デジタルツイン」が脚光を浴びています。この実現には種々の課題があり、その一つがシミュレーションの高速化です。そこで、流体解析の高速化技術についてリサーチし、効率的な製品開発システム構築のためのアイデアを提案してください。
キーワード エネルギー(原子力)、エネルギー(火力発電)、防衛製品、その他
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙
人数 1~2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 流体研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 34 「クリーンな空気」実現のための固気混相流動評価技術について
内容 ガスタービン発電プラントでは、圧縮機の性能維持を目的として、大気中の微粒子を取り除くための吸気フィルタが設置されています。また、昨今のコロナウイルスに関連して、ウイルスレベルの0.1μmオーダの微粒子を除去して空気を浄化するニーズが急増しています。即ち、これらの微粒子をフィルタ等で効率的に捕集する必要があり、そのためには、フィルタ近傍及び内部の微粒子の挙動を精緻に把握する必要があります。本課題に関して、要素実験、もしくはCFD(数値流体力学)解析、及び文献調査を通じて、空気中の異物を効果的に除去する技術について調査し、新たなアイデアを提案してください。
キーワード エネルギー(火力発電)、化学プラント、空調機器、環境装置
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙、化学、電気・電子
人数 1~2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 流体研究部
場所 総合研究所大江 【愛知県名古屋市】
テーマ 35 航空機の性能向上デバイスについて
内容 当研究部では、航空機の概念設計、性能検討などを行っています。近年、航空機の推進効率向上手段として、機体周りで発達する境界層を胴体尾部等の推進器に取り込むBLI(Boundary Layer Ingestion)が盛んに研究されています。このBLIをはじめとして、航空機の性能を向上可能なデバイスの最新動向をリサーチし、適用案や課題をまとめてください。
キーワード 航空
職種 研究開発
対象学科 航空・宇宙
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 流体研究部
場所 総合研究所大江 【愛知県名古屋市】
テーマ 36 風洞試験の非定常計測評価手法について
内容 当研究部では、航空機の性能や特性の評価などを行っています。風洞試験では、機体で発生する剥離等の非定常な流れ場や変動空気力を把握する技術が必要であり、PIVや感圧塗料といった可視化手法の非定常計測技術構築を進めてきました。一方で、非定常計測はデータ量が膨大となるため、流れ場の特徴を理解し、現象把握、評価するため、高速な処理が必要となっています。そこで、例えばDMD(Dynamic Mode Decomposition)といった非定常現象の評価に有用な手法をリサーチし、課題や特長をまとめてください。
キーワード 航空
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 ターボ機械研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 37 宇宙空間での持続的大規模発電に関する最新技術について
内容 月面や火星基地での生活圏を獲得するためには、持続的な大規模発電またはそれに類するエネルギー発生装置が必要です。現在酸素レスな環境でも成立している持続的なエネルギーとしては太陽光発電がありますが、大規模化への課題があります。そこで宇宙空間の大きな温度差を使ったランキンサイクル発電など、持続可能な大規模発電手法を考案頂き、輸送、建築、運用手段含めての総合的なビジョンを示してください。
キーワード 宇宙開発
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 ターボ機械研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 38 数値シミュレーションを活用した遠心圧縮機の空力性能向上技術について
内容 遠心圧縮機は乗用車用・舶用ターボチャージャや大型冷凍機、化学プラントなど幅広く適用されている流体機器です。機器の性能向上のためには、内部の流動を理解し、翼形状と損失との関係を評価する必要があります。そこで、最新の数値シミュレーション技術を用いて遠心圧縮機の翼周りの流れ場を解析するとともに、翼形状に対する性能への感度を分析し、超音速流れ場における損失を低減する翼形状を提案してください。
キーワード 自動車関連
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙
人数 1~2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 ターボ機械研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 39 ターボ機械の空力設計技術について
内容 当研究部では、ガスタービン、蒸気タービンなど軸流タービンの研究・開発を行っています。初めに、遷音速翼を対象として空力性能の最適設計を実施し、タービン翼開発の実際を体験頂きます。次に、それらの経験を踏まえ、将来のターボ機械設計の在り方につき自由な発想で考察してください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙、理学
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 ターボ機械研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 40 軸流ターボ機械の空力弾性振動抑制設計(空力+振動)について
内容 翼が周囲の流体によって励振される空力弾性振動(フラッタ)は、航空機やターボ機械で発生する可能性があります。翼設計において、空力弾性振動の発生予測は重要で、翼が振動したときに生じる流れの変化を理解し、翼に作用する流体力を評価する必要があります。本実習では、CFD(数値流体力学)解析やFEM(有限要素法)解析を実際に行っていただき、ターボ機械の開発設計への理解を深めて頂きます。
キーワード 航空
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙、理学
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 ターボ機械研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 41 ガスタービン長翼化のための技術開発について
内容 ガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)発電プラントは省エネルギー性・耐久性・環境適合性に優れ、今後も多くの需要が見込まれるクリーンな発電設備です。CO2排出量の多い発電設備をGTCCに置き換えるうえで、大風量・高出力化が期待されており、市場ニーズに応えるためにはタービン翼の長翼化などが必要です。本テーマでは、これを実現するための課題抽出・必要技術のリサーチ・設計コンセプトの立案を行って頂きます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙、理学
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 燃焼研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 42 火力発電、環境プラントにおける環境負荷低減技術動向について
内容 当研究部では、脱炭素化による地球環境保全と、便利で豊かな生活を両立させるために、バイオマス利用をはじめ、水素キャリア、各種再生エネルギー、廃棄物利用など、環境負荷低減に取り組んでいます。既存のプロセスの脱炭素を進める技術について、技術動向を調査し、地球環境保全とエネルギー利用を両立するソリューションを提案してください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 研究開発
対象学科 機械、情報、航空・宇宙、化学
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 燃焼研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 43 高温ガスタービン燃焼器の開発技術について
内容 当研究部では、世界最高クラスの性能を誇る大型ガスタービンに関する研究開発を行っています。CO2を出さない、水素やアンモニアを燃料とする高温ガスタービン燃焼器の開発では、低NOx性や燃焼安定性が求められています。インターンシップでは、燃焼器開発において必要とされる燃焼流動の評価や、理論検討を実施し、性能向上を行うための対策の方向性を示してください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙、化学、理学
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 燃焼研究部
場所 総合研究所相模原 【神奈川県相模原市】
テーマ 44 レシプロエンジンの高効率燃焼の実現に向けた解析技術について
内容 近年の脱炭素化・SDGsの視点から、レシプロエンジンでのガスや水素、アンモニアなどを用いた高効率燃焼技術の社会ニーズが高まっています。それらを実現する上で重要となる、最新の燃焼解析技術をリサーチするとともに、燃焼CFD(数値流体力学)を用いて燃焼場の現象を理解し、環境性能とエネルギー利用を両立する提案に取り組んでください。
キーワード 物流・運搬
職種 研究開発
対象学科 機械、情報、航空・宇宙、化学
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 伝熱研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 45 3Dプリンターを活用した最新熱交換器と熱システム設計について
内容 世界の省エネ化ブームに伴い、全ての熱機器に搭載される熱交換器は3Dプリンタ活用などコンパクト化、高性能化の変革期に入っています。当研究部では当社の多種製品の熱マネージメントを研究開発しており、この運用に合わせた熱交換器のデザインが急務です。そのトレンド調査と新しい発想でのアイデアの創出をしてください。
キーワード エネルギー(その他)
職種 研究開発
対象学科 機械
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 伝熱研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 46 最新の地熱・バイオマス発電などの性能・運用性向上のためのエネルギーシステムデザインについて
内容 当研究部では、地熱発電、バイオマス発電を30年以上開発しています。太陽光発電と異なり、安定な自然エネルギーであるこれらの発電方式は、今後の再生可能エネルギーの拡大時代に向けて、高性能化・運用性向上の変革期に入っています。ユニークな異種技術(ICT技術など)と組み合わせ、性能を向上させる調査・検討をお願いします。
キーワード 自然エネルギー
職種 研究開発
対象学科 機械、化学
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 伝熱研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 47 二相流に関する最新CFD・計測技術の調査と適用アイデア出しの調査研究
内容 原子力発電は安全確保のため、一般製品より高い精度が要求され、当研究部は二相流伝熱・流動技術を長年研究開発してきました。近年目覚ましい発展をするCFD(数値流体力学)解析の適用が進んでいますが、伝熱現象には未知な部分も多く、高度な計測との併用が不可欠で広範囲な技術情報が必要です。これらの最新技術調査と製品適用立案をお願いします。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 研究開発
対象学科 機械、原子力
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 伝熱研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 48 ガスタービン、エンジン効率向上の高温部品の高性能冷却技術の調査研究
内容 再生可能エネルギーの普及が進んでも、電力安定化のためには火力発電(ガスタービン、エンジン)は不可欠なアイテムです。更なる応答性・効率向上が求められる中、部品の高温化、冷却向上が必要であり、当研究部では解析・実験を進め、世界の研究機関の最新技術を導入してきました。更なる冷却・伝熱促進に向け、そのトリガーとなる技術調査とアイデア出しを先輩エンジニアと協力して実施してください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 研究開発
対象学科 機械
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 伝熱研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 49 大型ターボ冷凍機を対象とした低GWP冷媒適用時における機器効率向上について
内容 近年では世界的に低GWP(地球温暖化係数)冷媒への転換が進んでいます。大型ターボ冷凍機においても、低GWPの新冷媒適用が進められており、当研究部ではその冷媒の特性を考慮したサイクルや機器の開発を行っています。更なる高効率化に向け、冷凍サイクルや熱交換器の最新動向を調査し、新冷媒の特性に合ったアイデア出しを行ってください。
キーワード エネルギー(その他)
職種 研究開発
対象学科 機械
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 伝熱研究部
場所 総合研究所岩塚 【愛知県名古屋市】
テーマ 50 機器のエネルギー有効利用を進める冷却技術や熱交換器の調査研究について
内容 当研究部では、地球環境に配慮したサーマルソリューション分野において、蓄熱、熱搬送技術や新冷凍サイクルを活用した冷却機器を開発しています。その機器の中で利用する小型・高出力モータの冷却や高性能熱交換器のデザインが急務です。そのトレンドに合致する冷却手法に関する文献を調査し、新しいコンセプト立案や机上計算を通じて、最適形状の提案を実施してください。
キーワード 産業機械
職種 研究開発
対象学科 機械
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 伝熱研究部
場所 総合研究所大江 【愛知県名古屋市】
テーマ 51 宇宙機における熱制御あるいは熱環境評価技術について
内容 宇宙機の熱制御あるいは熱環境評価手法について調査し、将来的なロケットの高度化に向けて、ロケットの熱システムに適用し得る手法の検討を行ってください。
キーワード 宇宙開発
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙、情報
人数 3名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 電気・応用物理研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 52 地域社会のレジリエンス強化に貢献する蓄電システムの現状と将来技術について
内容 再生可能エネルギーの大量導入に伴い、電力系統の不安定化が懸念されており、Li電池やレドックスフロー電池など蓄電システムに対する要求にも変化が生じています。蓄電システムを取り巻く最新技術動向の調査や解析等を通して、再生可能エネルギーの活用と電力の安定供給を同時に実現するための、課題や打ち手について検討・提案してください。
キーワード その他
職種 研究開発
対象学科 電気・電子
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 電気・応用物理研究部
場所 総合研究所長崎 【長崎県長崎市】
テーマ 53 社会インフラの安定運用、維持に貢献する状態モニタ、環境センシング技術について
内容 機器・設備の自動化やアフターサービスには、対象物状況を遠隔・非接触でセンシングする技術が欠かせません。光・レーザーや電磁波、音波などの物理現象を利用したセンシング技術について技術動向調査を実施してください。
キーワード その他
職種 研究開発
対象学科 電気・電子、情報
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 総合研究所 電気・応用物理研究部
場所 総合研究所高砂 【兵庫県高砂市】
テーマ 54 先進的なセンシング技術を活用した製品のモニタリングシステムについて
内容 三菱重工が手掛ける発電プラントやインフラ設備の信頼性確保のために各種センサによる検査・計測・診断が行われています。さまざまな物理現象を応用したセンサ技術と情報処理技術を組合せた診断・モニタリング技術をリサーチしてください。
キーワード インフラ設備
職種 研究開発
対象学科 電気・電子、情報、機械、金属・材料、理学
人数 3名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 電気・応用物理研究部
場所 総合研究所大江 【愛知県名古屋市】
テーマ 55 無人機の将来ビジネスとその必要技術について
内容 当研究部では、高エネルギー/高周波関連技術の研究開発や航空機等の移動体搭載電子機器の開発評価に取り組んでいます。技術進展・応用が盛んになっている無人機について、無人機を用いた将来のビジネスモデルの検討と、実現に必要な技術(センシング、遠隔操縦、無線通信等)を調査・提案してください。
キーワード 航空
職種 研究開発
対象学科 電気・電子
人数 3名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 電気・応用物理研究部
場所 総合研究所岩塚 【愛知県名古屋市】
テーマ 56 電化・電動化を支える小型・高効率モータ駆動用電力変換器の動向とその対応について
内容 当研究部では、電力変換器/電装品実装技術/EMC技術の研究開発や、移動体・空調機搭載電子機器の開発評価に取り組んでいます。機械装置の電化・電動化に伴い技術進展が盛んになっているモータ駆動用電力変換器について、小型・高効率を目的とした変換器の動向調査と、実現に必要な技術(半導体、回路、制御、構成、製造方法等)を調査・提案してください。
キーワード 自動車関連、航空、宇宙開発、交通システム
職種 研究開発
対象学科 電気・電子、航空・宇宙、情報
人数 3名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 総合研究所 電気・応用物理研究部
場所 総合研究所岩塚 【愛知県名古屋市】
テーマ 57 電化・電動化を支えるモータ・インバータ制御の最新技術動向とその対応について
内容 低炭素社会への意識の高まりから、航空機などさまざまな機械システムの電化・電動化の検討が進んでいます。当研究部では、モータ・インバータ、バッテリ等で構成される電化システムの制御、エネルギマネジメント技術を開発しています。電化システムの高効率化、高機能化を可能とする制御技術の最新動向を調査し、実現に向けた課題、打ち手について提案してください。
キーワード 航空、防衛製品、交通システム
職種 研究開発
対象学科 電気・電子、航空・宇宙、機械、情報
人数 3名
備考

ICTソリューション

実施日程 9/6(月)~9/10(金)
実施部門 ICTソリューション本部 コミュニケーション技術部
場所 オンライン+横浜ビル【神奈川県横浜市】
テーマ 58 サイバー攻撃の痕跡調査について
内容 サイバー攻撃ツールが動作した痕跡を調査してください。検証環境での解析結果や公開情報を踏まえながら、その攻撃を検知・識別する方法を検討してください。
キーワード ICT
職種 その他
対象学科 不問
人数 2名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ横浜ビル(予定)にて対面で実施。
実施日程 9/6(月)~9/10(金)
実施部門 ICTソリューション本部 コミュニケーション技術部
場所 オンライン+横浜ビル【神奈川県横浜市】
テーマ 59 社外公開サイトにおける脆弱性検査について
内容 社外公開サイトに内在する脆弱性を調査してください。検証用サイトでの検査結果を踏まえ、検出された脆弱性、脆弱性による影響、是正方法等、報告書にまとめてください。
キーワード ICT
職種 その他
対象学科 不問
人数 1名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ横浜ビル(予定)にて対面で実施。
実施日程 9/6(月)~9/10(金)
実施部門 ICTソリューション本部 コミュニケーション技術部
場所 オンライン+横浜ビル【神奈川県横浜市】
テーマ 60 働きやすさに貢献するコミュニケーションツールの今後について
内容 コロナ禍に端を発して、ニューノーマルが謳われつつありますが、三菱重工の業務遂行に有効と思われるコミュニケーションツールについて検討をしてください。
キーワード ICT
職種 その他
対象学科 不問
人数 3名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ横浜ビル(予定)にて対面で実施。
実施日程 9/6(月)~9/10(金)
実施部門 ICTソリューション本部 BPI部
場所 オンライン+横浜ビル【神奈川県横浜市】
テーマ 61 高度にAI化された工場でおこる10年後の変化について
内容 BPI部では、三菱重工グループの各事業収益に貢献するため、最新のIT技術に精通し、三菱重工グループの全製品、工場を対象としたITサービスの提供に取り組んでいます。三菱重工業の製品に触れるとともに、最新技術のトレンドであるAI技術を調査し、あなたが考える10年後のあるべき工場の姿を描いてください。
キーワード ICT
職種 その他
対象学科 不問
人数 6~8名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ横浜ビル(予定)にて対面で実施。
実施日程 9/6(月)~9/10(金)
実施部門 ICTソリューション本部 EPI部
場所 オンライン+神戸造船所【兵庫県神戸市】
テーマ 62 データサイエンス/オペレーションズリサーチ等ICTを活用した未来のバリューチェーンについて
内容 データサイエンス/オペレーションズリサーチに代表される最先端のICT技術(※)を用いて、当社のバリューチェーン(営業/設計/調達/製造/品質管理/物流/アフターサービス等)の効率化策を一緒に検討してください。※機械学習、強化学習、深層学習、自然言語処理、生産/在庫計画最適化、生産シミュレーション、画像認識、AR(Augmented Reality:拡張現実)他
キーワード ICT
職種 研究開発
対象学科 情報、経営工学、理学、電気・電子、機械
人数 10名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ神戸造船所にて対面で実施。
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 ICTソリューション本部 CIS部
場所 オンライン+神戸造船所【兵庫県神戸市】
テーマ 63 社会インフラへのサイバー攻撃の検知・識別について
内容 CIS部では、MHIグループ全体の研究開発部門として、プラント、交通システム等を対象にサイバーセキュリティ技術を開発しています。その一つに、正常なアクセスの中に潜む異常アクセスを、そのふるまいから検知し、サイバー攻撃を未然に防ぐ技術があります。本テーマでは、機械学習を用いたサイバー攻撃の検知・識別に取り組みます。Pythonを使用予定です。グループで取り組んでいただき、成果を報告してください。
キーワード エネルギー(火力発電)、ICT
職種 研究開発
対象学科 不問
人数 3名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ神戸造船所にて対面で実施。
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 ICTソリューション本部 CIS部
場所 オンライン+神戸造船所【兵庫県神戸市】
テーマ 64 画像処理による対象物検知・識別のための、評価用画像合成について
内容 CIS部では、MHIグループ全体の研究開発部門として、フォークリフトやITS(道路交通システム)をはじめとするモビリティ製品向けに、画像処理(ディープラーニング)による対象物検知・識別技術を開発しています。本テーマでは、これらの開発で必要な評価用画像を、GAN(敵対的生成ネットワーク)や3Dシミュレータを用いて生成する技術に取り組みます。Pythonを使用予定です。グループで取り組んでいただき、成果を報告してください。
キーワード 物流・運搬、ICT
職種 研究開発
対象学科 不問
人数 3名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ神戸造船所にて対面で実施。
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 ICTソリューション本部 CIS部
場所 オンライン+神戸造船所【兵庫県神戸市】
テーマ 65 機械学習を適用したプラントモデルパラメータ同定について
内容 CIS部では、MHIグループ全体の研究開発部門として、発電設備やごみ焼却炉等のさまざまなプラント製品の知能化・自律化・制御性能向上に取り組んでいます。また、近年の計算機性能向上に伴い、実際の運転データ等をモデリングや制御に応用する研究も活発化しています。本テーマでは、プラント製品を対象に、機械学習手法を適用しプラントモデルのパラメータ同定を検討します。MATLAB及びPythonを使用予定です。グループで取組み、成果を報告してください。
キーワード エネルギー(火力発電)、環境装置、ICT
職種 研究開発
対象学科 不問
人数 3名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ神戸造船所にて対面で実施。
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 ICTソリューション本部 CIS部
場所 オンライン+神戸造船所【兵庫県神戸市】
テーマ 66 プラント運転自動化のための画像データ特徴抽出について
内容 CIS部では、MHIグループ全体の研究開発部門として、発電設備やごみ焼却炉等のさまざまなプラント製品の知能化・自律化・制御性能向上に取り組んでいます。運転が自動化されているプラントにおいても、まれに、エキスパートが目視で状態変化を検知し、運転操作への手動介入が必要となることがあります。本テーマでは、深層学習を用いた画像データの特徴抽出プログラムをPythonで作成し、エキスパートが行っている状態変化検知を自動化できるか検討します。グループで取組み、成果を報告してください。
キーワード エネルギー(その他)、環境装置、ICT
職種 研究開発
対象学科 不問
人数 3名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ神戸造船所にて対面で実施。
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 ICTソリューション本部 CIS部
場所 オンライン+神戸造船所【兵庫県神戸市】
テーマ 67 自律移動体の最適制御技術について
内容 CIS部では、陸・海・空・宇宙の多種製品を対象に、高性能な自律制御を研究開発することで、製品競争力の強化に貢献しています。本テーマでは鉄道車両・フォークリフトなどの自律移動体を例に、製品運用上の各種制約を考慮した最適な制御プロファイル(速度曲線や走行経路)の導出に取り組みます。グループで分担して数式モデル作成からコーディング、結果の評価まで行い、結果を報告してください。開発環境はpython/CasADiを予定しています。
キーワード 物流・運搬、交通システム、防衛製品、エネルギー(火力発電)、ICT
職種 研究開発
対象学科 不問
人数 3名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ神戸造船所にて対面で実施。
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 ICTソリューション本部 CIS部
場所 オンライン+神戸造船所【兵庫県神戸市】
テーマ 68 エネルギーシステムの最適制御技術について
内容 CIS部では、陸・海・空・宇宙の多種製品を対象に、高性能な自律制御を研究開発することで、製品競争力の強化に貢献しています。本テーマでは発電プラント・空調システムなどのプラントを例に制御対象の非線形性を考慮した最適制御に取り組みます。グループで分担して数式モデル作成からコーディング、結果の評価まで行い、結果を報告してください。開発環境はpython/CasADiまたはMATLAB/Acadoを予定しています。
キーワード エネルギー(その他)、エネルギー(火力発電)、ICT
職種 研究開発
対象学科 不問
人数 3名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ神戸造船所にて対面で実施。
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 ICTソリューション本部 CIS部
場所 オンライン+神戸造船所【兵庫県神戸市】
テーマ 69 自律型水中無人探査機の経路生成と制御技術について
内容 CIS部では、陸・海・空・宇宙の多種製品を対象に、高性能な運動制御を研究開発することで、製品競争力の強化に貢献しています。本テーマでは、CIS部が開発を担当している自律型水中探査機を対象に、障害物を回避しながら目標点に到達するための経路生成技術と制御技術について、pythonを使用したシミュレーションでリサーチします。課題解決の提案をグループメンバーでまとめ、報告してください。
キーワード 航空、宇宙開発、防衛製品、船舶・海洋、生活・レジャー、ICT
職種 研究開発
対象学科 不問
人数 3名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ神戸造船所にて対面で実施。
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 ICTソリューション本部 電気計装技術部
場所 オンライン+神戸造船所【兵庫県神戸市】
テーマ 70 画像処理と深層学習を用いた発電所の新たな現場状態把握技術について
内容 原子力発電所においては、現場の状態(機器の運転状況や配管が破損していないか、など)を正確に把握することが求められています。その状態把握を画像処理とAI(深層学習等)を用いて実現するアイデアを提案してください。
キーワード エネルギー(原子力)、ICT
職種 設計
対象学科 不問
人数 4名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ神戸造船所にて対面で実施。
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 ICTソリューション本部 電気計装技術部
場所 オンライン+神戸造船所【兵庫県神戸市】
テーマ 71 最新ICTの適用による、新たなセンサーの発電プラントへの活用について
内容 原子力プラントには運転状態を監視するため圧力計や流量計等の多くのセンサーが設置されています。AI/IoT/AR等の最新ICTをリサーチし、信頼性や計測性等の制約条件を満たした、新たなセンサーの活用を検討し、自由な発想で提案してください。
キーワード エネルギー(原子力)、ICT
職種 設計
対象学科 不問
人数 4名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ神戸造船所にて対面で実施。
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 ICTソリューション本部 電気計装技術部
場所 オンライン+神戸造船所【兵庫県神戸市】
テーマ 72 発電プラントにおける、製品の配置設計を効率化するICT/IoT技術について
内容 電気計装技術部では、原子力プラントにおける制御盤配置や配線経路の設計を実施しています。プラント内は、さまざまな機器・装置が配置されており、とても複雑な構成になっているため、3Dカメラ等で撮影した画像データを設計に活用しています。最新のICT/IoT技術の動向を調査し、配置設計の更なる効率化・精度向上策を検討し提案してください。
キーワード エネルギー(原子力)、ICT
職種 設計
対象学科 不問
人数 4名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ神戸造船所にて対面で実施。
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 ICTソリューション本部 電気計装技術部
場所 オンライン+神戸造船所【兵庫県神戸市】
テーマ 73 発電プラントの運転効率向上に貢献できる運転データ・試験データの活用について
内容 電気計装技術部では、発電プラントの日常の設備運転データや保修作業をした際の試験データ等を分析し、発電プラントの運転効率向上に貢献できる製品を開発しています。インターンシップでは、データ分析等の最新技術動向をリサーチし、発電プラントの運転効率向上に貢献できる利用方法を提案してください。
キーワード エネルギー(原子力)、ICT
職種 設計
対象学科 不問
人数 4名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ神戸造船所にて対面で実施。
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 ICTソリューション本部 制御技術部
場所 オンライン+神戸造船所【兵庫県神戸市】
テーマ 74 GNSS、仮想化、画像処理やAI等の最新技術を適用した10年後のITSシステムの検討について
内容 制御技術部では、世界初の電子式道路課金システムをはじめ、国内及び海外向けにETC等のITSシステムの設計及び開発を行っています。ITSは、サーバ、端末、無線アンテナ、ETC車載器、センサやカメラ等多彩なハードウェアとソフトウェアで構成されています。現在、料金所で行っている現金やETCでの通行料金の徴収方法やカメラでの監視などに代えて、あなたの挑戦したい技術で10年後の新しいITSシステムを創造して提案してください。
キーワード 交通システム、自動車関連、ICT
職種 設計
対象学科 不問
人数 9名
備考 初日~3日目のリサーチはオンライン、4日目は移動日の予定。最終日の成果発表のみ神戸造船所にて対面で実施。

原子力

実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント ニュークリア・デベロップメント(株)
場所 ニュークリア・デベロップメント(株) 【茨城県東海村】
テーマ 75 原子力プラントの健全性評価に適用可能な最新の材料試験技術について
内容 ニュークリア・デベロップメント(株)では、原子力プラントで実際に放射線照射された材料を供試体として、遮蔽されたボックス内で遠隔操作により材料試験等を行い、プラント健全性評価に活用しています。その材料試験の1つである「強度試験」について、当社で実施している「ミニチュア試験」等の最新技術をリサーチしてください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 研究開発
対象学科 金属・材料、機械、原子力
人数 3名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 軽水炉保全プロジェクト部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 76 原子力プラントの保全計画立案について
内容 原子力プラントのさまざまなシステム・機器の機能・性能を知り、プラント性能アップ、経年劣化対応、新技術の開発・適用に対する計画(戦略)立案業務等、”原子力の未来を計画する業務”を経験して、原子力の全体像を把握してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 軽水炉保全プロジェクト部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 77 原子力発電所の安全運転に向けたプロジェクト業務について
内容 軽水炉保全プロジェクト部では国内の原子力発電所の安全運転のため電力会社を支援しており、その内容は設備保全に限らず、許認可対応、経済性向上、トラブル対応など多岐にわたります。今回のインターンシップではこれらプロジェクト業務についてリサーチしてください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 軽水炉保全プロジェクト部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 78 原子力プラントの安全運転に向けたプロジェクト対応について
内容 福島第一原発事故の教訓を踏まえ、シビアアクシデント対応や大型機器取替プロジェクトが多数計画されています。原子力プラントの安全運転を高めていくために必要なプロジェクト遂行方法についてリサーチしてください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 軽水炉保全プロジェクト部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 79 原子力プラントの定期検査工事について
内容 軽水炉保全プロジェクト部では、原子力プラントの定期検査工事の管理(主に工事・工程管理、作業事務所運営・各種管理など)を行っています。定期検査工事の管理における各種計画を体験し、現在の問題点や業務改善の検討、提言などを行ってください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント プラント設計部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 80 原子力発電プラント設備の概念・基本設計検討について
内容 原子力発電プラントの設計の第一歩は、要求機能を達成できるようにプラントの基本構成・仕様(プラントの骨格)を決定することです。当社エンジニアの指導のもと、プラントの基本構成・仕様を定める設計を実際の現場で体験し、当社の基本設計業務のイメージを掴んでください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント プラント設計部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 81 新規制基準に適合した原子力発電所の建屋や設備の配置設計・耐震設計について
内容 新規計画中の原子力発電所の建屋及び主要設備の配置レイアウト設計・耐震設計及び津波他の自然現象からの防護設計といったプラントコンセプトに関わる重要な設計分野を学ぶとともに、安全性向上を目的として震災後に制定された新規制基準に適合するように上述の設計を行う上での課題とその対策案をリサーチしてください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 機械、原子力、土木・建築
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント プラント設計部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 82 原子力発電所の再稼働に向けて安全対策として配備されたポンプ設備について
内容 原子力発電所の安全性向上を目的として、震災後に制定された新規制基準に基づき追加配備された特定重大事故対処施設向けポンプ等について、その要求機能と役割について整理するとともに、原子力向けポンプの特徴をリサーチしてください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 機械
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント プラント設計部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 83 原子力発電所の非常用ガスタービン発電設備の基本設計について
内容 東日本大震災を踏まえた新たな設備として、原子力発電所には非常用ガスタービン発電設備を導入しています。ガスタービン発電設備はエンジン、ポンプ、タンク、配管、計器などさまざまな機器から構成されており、プラント設計全般に関わる幅広い知識が必要です。本テーマでは、当社エンジニアの指導のもと、原子力発電所向けの非常用ガスタービン発電設備についてプラント設計の観点で理解するとともに、法令や規格などの上流設計からの要求を設備の詳細設計へ反映していく設計プロセスを体験頂きます。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 原子力セグメント プラント設計部
場所 オンライン
テーマ 84 原子力発電プラントに関する配管設計について
内容 原子力発電プラントの配管は全長約70Kmにも及び、直管・曲り・分岐の配管部品、弁等を組合せ、ルーティングされています。その内部流体は高温高圧水、蒸気、海水等、多種にわたり、配管サポート設計には、プラント運転中は熱変位を拘束させず、地震時には振動抑制のため拘束させる相反する条件を満たすことが要求されています。3Dモデルを適用した配管のルーティング、サポート設計の概要についてリサーチしてください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 機械、原子力、金属・材料、土木・建築
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 機器設計部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 85 PWR原子炉主要機器に係る1次冷却材管または耐震支持構造物の構造設計について
内容 機器設計部では、心臓部である原子炉や蒸気発生器の他にも、それらの設備を接続する主配管や重機器支持構造物の開発設計にも取り組んでいます。3D-CADや強度計算ツール等を用いて、それらの設備の設計検討を行ってください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 機械、原子力、金属・材料
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 機器設計部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 86 次世代炉や将来炉の原子炉または炉心冷却系主要機器の開発設計について
内容 機器設計部では、主要設備である蒸気発生器の将来炉向け蒸気発生器の設計開発に取り組んでいます。将来炉の基本構造を理解していただき、設計確立のための課題を整理、課題解決のための対策案を検討してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 機械、原子力、金属・材料
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 機器設計部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 87 使用済燃料キャスクの新規設計検討について
内容 機器設計部では、使用済燃料を安全に輸送&長期貯蔵するキャスクの設計・開発に取り組んでおり、機能要求を満足するように各種設計検討を行っています。この機能要求を理解したうえで、軽量&高靭性の新素材として注目されているグラフェンを使用した場合の高性能使用済燃料キャスクについて概念検討してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 機械、原子力、金属・材料
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 機器設計部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 88 高温ガス炉向け コンパクトな熱交換器の詳細設計について
内容 高温ガス炉は高効率発電用電源として期待されており、機器設計部では、その中で高発電効率の達成に不可欠なコンパクト熱交換器の実現に向けた取り組みを行っています。超細密フィン構造を有する熱交換器の実現に向けた課題を整理し、対策について検討してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 機械、原子力、金属・材料
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 機器設計部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 89 ITER関連部品の詳細設計について
内容 機器設計部では、南フランスで建設が進められている国際熱核融合実験炉(ITER/核融合実験炉の国際プロジェクト)の高熱負荷受熱機器であるダイバータの詳細設計に取り組んでおり、耐熱機能などの設計要求を満足するように各種検討を行っています。このダイバータの機能要求を理解した上で、製作・検査の精度を考慮して達成可能な公差の検討を実施してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 機械、原子力、金属・材料
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 機器設計部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 90 装置の仕様検討について
内容 機器設計部では、原子力発電所や核燃料サイクル施設など特殊な環境下で動く装置・ロボット等の設計・開発を行っています。本テーマでは、当部が用意する仮想の装置を題材として、その装置を制御するためには、どのようなセンサがいくつ必要かなど、装置の電気的仕様を検討する設計作業について体験して頂きます。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 電気・電子
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 原子力セグメント 機器設計部
場所 オンライン
テーマ 91 装置の仕様検討について
内容 機器設計部では、原子力発電所や核燃料サイクル施設など特殊な環境下で動く装置・ロボット等の設計・開発を行っています。本テーマでは、当部が用意する仮想の装置を題材として、その装置を制御するためには、どのようなセンサがいくつ必要かなど、装置の電気的仕様を検討する設計作業について体験して頂きます。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 電気・電子
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 機器設計部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 92 特殊搬送設備の設計について
内容 機器設計部では、原子力発電所や核燃料サイクル施設など特殊な環境下で動く装置・ロボット等の設計・開発を行っています。本テーマでは、当部が用意する搬送設備を題材として、基本計画、詳細設計、既存設備の改良設計といった設計プロセスに触れて頂き、当部におけるモノづくり業務を体験して頂きます。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 機械
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 建設・保全工事部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 93 原子炉容器に接続する主冷却材配管内面の溶接線補修に関する放射線管理について
内容 原子炉容器に接続する主冷却材配管内面の溶接線補修に関わる放射線管理計画に取り組んでいます。通常では高線量率のため、人が寄り付くことが困難な原子炉内や主冷却材配管内部にアクセスするため、炉内に設置する遮蔽容器の検討や主冷却材配管内面の除染等、高度な被ばく低減対策に取り組んでいます。今回のインターンシップでは被ばく低減に最適な遮蔽材、工法、装置をリサーチしてください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 原子力セグメント 建設・保全工事部
場所 オンライン
テーマ 94 原子力プラントの廃炉作業のうち系統除染に関する放射線管理について
内容 原子力プラントにおける廃炉作業(解体時)の被ばく線量を低減するため、一次系内部に保有する放射能を化学除染により除去する作業の放射線管理計画に取り組んでいます。除去された放射能は、特定の装置に回収されるため、装置は非常に高い放射線を放出する状況となり、周辺への影響低減策や廃棄物処理に関して、さまざまな被ばく低減対策の検討が必要です。今回のインターンシップでは遠隔監視や装置などの最新の技術を利用した被ばく低減対策をリサーチしてください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 建設・保全工事部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 95 原子力発電所における、遠隔操作装置(ロボット)の適用手法の開発について
内容 原子力発電所のメンテナンスや廃炉作業において、用途に応じた特殊な遠隔操作装置(ロボット)を使用します。現在開発中の工事用遠隔操作装置(ロボット)に実際に触れて、動作コンセプトや作業の成立性、発電所での工事手順等についてフレッシュな視点でリサーチし、遠隔操作ロボットの発電所での活用について提案してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 原子力セグメント 建設・保全工事部
場所 オンライン
テーマ 96 原子力プラントの更なる改善(改造)に向けた遠隔操作ロボット適用に関する技術調査について
内容 建設・保全工事部では、原子力発電所の保全(劣化緩和、取替)や福島第一発電所の安定化(デブリ取り出し)に取り組んでおり、被ばく低減のため、遠隔操作装置(ロボット)の活用を積極的に行っています。現在、各種産業界ではさまざまなニーズに適合したロボットが開発・運用されています。それらの原子力発電所での適用拡大に向け、さまざまな状況(作業環境、対象物形状)に対応できる制御システムを有し、かつ遠隔で操作が可能なロボットについて、コンセプト・特徴(機構、制御、センシング・情報処理 等)をリサーチしてください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 建設・保全工事部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 97 原子力プラント建設工事へ最新技術を取り込むための技術調査について
内容 原子力プラントの建設工事を安全に実施するにあたり、工事計画が非常に重要となります。我々は、客先、大手ゼネコン、社内や協力会社等多くの方々と連携しながら計画業務も行っています。近年、自動化やIT化など産業界では飛躍的に技術が進歩しており、建設工事に対しても、業務効率向上を目的として、積極的に取り込む活動を展開しています。今回はその一助として最新技術情報(クレーン性能や工事に使用する治工具等)を調査し、将来の建設技術に活かせるような情報を提案してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 建設
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 原子力セグメント 建設・保全工事部
場所 オンライン
テーマ 98 原子力プラント建設工事へ最新技術を取り込むための技術調査について
内容 原子力プラントの建設工事を安全に実施するにあたり、工事計画が非常に重要となります。我々は、客先、大手ゼネコン、社内や協力会社等多くの方々と連携しながら計画業務も行っています。近年、自動化やIT化など産業界では飛躍的に技術が進歩しており、建設工事に対しても、業務効率向上を目的として、積極的に取り込む活動を展開しています。今回はその一助として最新技術情報(クレーン性能や工事に使用する治工具等)を調査し、将来の建設技術に活かせるような情報を提案してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 建設
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 建設・保全工事部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 99 原子力プラントの機器配管工事における工事計画について
内容 原子力プラントの現地工事を進めるためには入念な事前計画が必要となります。工事は当社の範囲である機器・配管・計装といった機電工事、ゼネコンの範囲である建物を施工する建築工事が輻輳します。工事を進めるにあたって、どういった計画・関係者との調整が必要であるかを理解し整理することで工事とはどんなものかを経験してみませんか?
キーワード エネルギー(原子力)
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 建設・保全工事部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 100 核燃料サイクル施設の工事計画について
内容 国策でもある核燃料サイクルの中核設備としてMOX燃料工場の建設計画や再処理工場における新規制基準対応工事の工事計画を体験してください。建設を進めるための課題と今後検討すべき打ち手(高度化・合理化)を見出し、その中からプラント建設工事の面白さややりがいを感じてみませんか?
キーワード エネルギー(原子力)
職種 建設
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 原子力セグメント 建設・保全工事部
場所 オンライン
テーマ 101 現地建設工事へのIT技術活用について
内容 建設・保全工事部では原子力発電所の建設工事を行っています。建設最終期には据付けた機器、設備の健全性・運転性能を確認するため、さまざまな方法で設備の試運転を行い、数多くのパラメータ(温度・圧力・流量等)計測を行うこととなり、これら計測技術の合理化、新規技術開発を進めています。本テーマでは建設工事の試運転業務を理解頂き、試運転パラメータの遠隔計測や自動計測、また計測結果のAI解析等、効率化・省力化につながるIT/ロボット/シミュレーションなど、幅広い分野の技術調査を行い、試運転業務への転用・適用を提案してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 建設
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 原子力工作部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 102 高エネルギー溶接の条件最適化について
内容 原子力機器製造においては、高品質の製品を生み出すため世界最先端の高エネルギー溶接を適用しています。今後、高エネルギー溶接技術の適用拡大に向けて、溶接条件の最適化を検討してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 生産技術
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 原子力工作部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 103 AI溶接の条件最適化について
内容 原子力機器製造において、ベテランの溶接技術をAIに学習させ、さまざまな製品に展開しています。今後、AI溶接技術の適用拡大に向けて、溶接条件の最適化を検討してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 生産技術
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 原子力セグメント 原子力工作部
場所 オンライン
テーマ 104 AI/IoTの工場への適用事例について
内容 原子力工作部では、原子力機器製作の生産性向上に向け、溶接等の生産技術だけでなく、プロセス管理が要求される生産管理にもAI/IoT技術を導入しています。今後、AI/IoT技術の更なる適用拡大に向けて、工場への適用事例をリサーチしてください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 生産技術
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 新型炉・原燃サイクル技術部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 105 核融合機器に関する開発計画のリサーチと取り組みプランについて
内容 当社は、南フランスで建設が進められている国際熱核融合実験炉(ITER)の建設に関し、プラズマ閉じ込め用のコイルをはじめとした重要な機器の開発、設計、製作に取り組んでいます。文献、インターネット等を活用し、加えて実規模模型の見学を行い、自らのアイデアで、以下を整理・検討してください。
①核融合炉の構成機器に対する国内外の開発計画、その特徴、開発スケジュール
②克服すべき主要な技術課題
③当社の核融合に対する取組み(公開情報で可)
④上記①~③を踏まえ、当社の強みは何であるかを考え、今後どのような核融合炉の構成機器に注力して取組むべきか
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 機械、原子力、金属・材料
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 原子力セグメント 新型炉・原燃サイクル技術部
場所 オンライン
テーマ 106 核融合機器に関する開発計画のリサーチと取り組みプランについて
内容 当社は、南フランスで建設が進められている国際熱核融合実験炉(ITER)の建設に関し、プラズマ閉じ込め用のコイルをはじめとした重要な機器の開発、設計、製作に取り組んでいます。文献、インターネット等を活用して、自らのアイデアで、以下を整理・検討してください。
①核融合炉の構成機器に対する国内外の開発計画、その特徴、開発スケジュール
②克服すべき主要な技術課題
③当社の核融合に対する取組み(公開情報で可)
④上記①~③を踏まえ、当社の強みは何であるかを考え、今後どのような核融合炉の構成機器に注力して取組むべきか
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 機械、原子力、金属・材料
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 新型炉・原燃サイクル技術部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 107 高速炉の熱交換器に関するリサーチと簡易設計評価について
内容 当社は、次世代の原子炉である高速炉の開発に関する中核企業に国から選定され、ナトリウム冷却型高速炉プラントの設計や技術開発に取り組んでいます。当部はその中心であり、原子炉炉心からの熱を取り出す熱交換器の設計を行っています。文献、インターネット等を活用し、また、テーマに関係する社内会議にメンバーとして参加して、自らのアイデアで、以下を整理・検討してください。
①非常事態の発生時に、炉心から除熱する熱交換器(崩壊熱除去システム)の方式調査(複数)
②上記①を踏まえ、高速炉に適切な方式の選定とその理由
③上記②の方式の熱交換器について、簡易な伝熱評価により必要な熱量を除熱することができる熱交換器の設計仕様(設計の前提条件は、こちらから提示します)
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 原子力セグメント 新型炉・原燃サイクル技術部
場所 オンライン
テーマ 108 高速炉の熱交換器に関するリサーチと簡易設計評価について
内容 当社は、次世代の原子炉である高速炉の開発に関する中核企業に国から選定され、ナトリウム冷却型高速炉プラントの設計や技術開発に取り組んでいます。当部はその中心であり、原子炉炉心からの熱を取り出す熱交換器の設計を行っています。文献、インターネット等を活用して、自らのアイデアで、以下を整理・検討してください。
①非常事態の発生時に、炉心から除熱する熱交換器(崩壊熱除去システム)の方式調査(複数)
②上記①を踏まえ、高速炉に適切な方式の選定とその理由
③上記②の方式の熱交換器について、簡易な伝熱評価により必要な熱量を除熱することができる熱交換器の設計仕様(設計の前提条件は、こちらから提示します)
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 新型炉・原燃サイクル技術部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 109 原子燃料サイクルプラントの安全性向上のための有効性評価・システム検討について
内容 新型炉・原燃サイクル技術部では、現在建設中の原子燃料サイクルプラント(再処理工場、MOX燃料加工工場)の安全性向上を目指し、追加するシステムの系統設計(機能要求、基本構成、仕様等の検討)や安全機能の有効性評価を行っています。より安全な施設とすべく、計画している設備が、強化された規制基準要求を満足していることを確認するための有効性評価やシステム検討業務を体験して頂きます。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 原子力、化学
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 原子力セグメント 新型炉・原燃サイクル技術部
場所 オンライン
テーマ 110 福島第一発電所の燃料デブリ取出しに関わる技術開発について
内容 当社は、福島第一原子力発電所の廃止措置に向け、燃料デブリ取出しに関わる主要機器/装置の技術開発に取り組んでいます。文献、インターネット等を活用して、自らのアイデアで、以下を整理・検討してください。
①燃料デブリを取出すにあたり、準備~取出し~保管までの作業プロセス
②上記①の中の一部の作業について、適用可能な、既存技術や装置(複数)
③上記②について、成立性を評価し、最適な技術や装置を選定
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 品質保証部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 111 原子力プラント機器に適用する検査技術について
内容 品質保証部では、その名前からは想像できないほど、多様で多彩な業務を行っており、その全てが原子力プラントの安全・安心につながっています。今回はその中から、原子力プラントを構成する圧力容器や配管等の品質を確認する検査技術についてリサーチして頂きます。それらを通じて当社の品質保証/品質管理業務のイメージを掴んでください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 品質保証
対象学科 不問
人数 4名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 原子力セグメント 品質保証部
場所 オンライン
テーマ 112 原子力プラント機器の検査に使用する非破壊試験の最新動向について
内容 品質保証部では、その名前からは想像できないほど、多様で多彩な業務を行っており、その全てが原子力プラントの安全・安心につながっています。今回はその中から、原子力プラントを構成する圧力容器や配管等の検査に使用する非破壊試験について、最新技術をリサーチして頂きます。それらを通じて当社の品質保証/品質管理業務のイメージを掴んでください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 品質保証
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 炉心・安全技術部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 113 シミュレーションコードを用いたプラント応答解析・安全性評価技術について
内容 炉心・安全技術部では、解析コードを用いて通常運転時/事故時のプラント挙動を評価し、プラントの制御能力や安全性の向上に繋がる設計を行っています。解析コードを用いたシミュレーションを行い、プラントの挙動を理解するとともに、制御能力・安全性の向上に繋がる方策を検討してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 原子力、機械、理学
人数 3名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 炉心・安全技術部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 114 確率論的安全評価手法を用いたPWRプラントの安全性の確認及び高度化の検討
内容 炉心・安全技術部では確率論的リスク評価(PRA)による事故発生頻度評価を行っています。PWRプラントのPRA評価及び評価手法の更なる高度化検討のためのリサーチならびに手法適用性を検討してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 機械、電気・電子、原子力、理学
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 炉心・安全技術部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 115 シミュレーションコードを用いたシビアアクシデント評価技術について
内容 炉心・安全技術部では、解析コードを用いてシビアアクシデント時のプラント挙動を評価し、安全性の向上に繋がる設計を行っています。解析コードを用いたシミュレーションを行い、安全性の向上に繋がる方策を検討してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 原子力、機械、理学
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 炉心・安全技術部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 116 実プラントでの安全性、経済性に配慮した燃料配置検討について
内容 炉心・安全技術部では、運転サイクル毎の燃料交換のため取替炉心設計を実施しています。実機炉心を対象に取替炉心設計を行い、安全性・経済性の優れた燃料配置パターンを検討してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 原子力、機械、理学
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 炉心・安全技術部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 117 原子力プラントの遮蔽設計について
内容 炉心・安全技術部では、放射線による被ばくを防止するための遮蔽設計を担当しています。実プラント設備を対象に放射線解析を行い、その結果から遮蔽性能向上策について検討してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 原子力、機械、理学
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 炉心・安全技術部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 118 メルトダウンしたプラントの廃止措置に関する被ばく評価について
内容 炉心・安全技術部では、原子力発電プラントにおいて放射線による影響を評価するための被ばく評価を担当しています。メルトダウンしたプラントの廃止措置に関する被ばく評価を行い、その結果から被ばく低減策について検討してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 原子力、機械、理学
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 原子力セグメント 三菱FBRシステムズ(株)
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 119 高速炉のナトリウム漏えい検出に関する検討について
内容 当社は次世代原子炉である高速炉の開発に関する中核企業であり、ナトリウム冷却型高速炉の設計や技術開発に取り組んでいます。原子炉は安定的に運転を行うために温度や流量等のパラメータを常に監視するとともに、万一の事故に備えた検出器も設けており、それらの中でも重要な監視対象としてナトリウム漏えい事象の検出があります。今回のインターンシップでは、検出器に求められる機能や使用条件、インターフェース等を考慮の上、ナトリウム漏えい検出器の検出性能や概略仕様について検討して頂きます。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 機械、電気・電子、原子力、化学、理学
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 原子力セグメント 三菱FBRシステムズ(株)
場所 オンライン
テーマ 120 CFDコード゙による高速炉の熱流動解析について
内容 三菱FBRシステムズ(株)ではナトリウム冷却高速炉の炉心設計、安全設計及び熱流動設計に関する課題に取り組んでいます。高速炉の原子炉容器や機器内の熱流動現象は複雑であり、主に熱流動解析コード(CFDコード)による数値計算を通して体系内の温度分布や流速分布等を把握しています。今回のインターンシップでは、高速炉を対象としたCFDコードの解析結果を用いて熱流動現象の概要を理解いただいた上で、解析結果の妥当性について考察してください。
キーワード エネルギー(原子力)
職種 設計
対象学科 機械、航空・宇宙、原子力、理学
人数 1名
備考

工業プラント用大型コンプレッサ

実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱重工コンプレッサ(株) 技術センター
場所 広島製作所観音工場 【広島県広島市】
テーマ 121 遠心コンプレッサ・蒸気タービン及びシステム装置の機械及び電気計装・制御設計について
内容 エチレンプラント向けコンプレッサでは世界シェアNo.1の当社遠心コンプレッサ・蒸気タービン及びシステム装置について、基本構成及び機能を学んでください。また、実際に製品に触れ、若手技術者と交流することで、実設計業務への理解を深めてください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械
職種 設計
対象学科 不問
人数 5名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱重工コンプレッサ(株) 生産センター
場所 広島製作所観音工場 【広島県広島市】
テーマ 122 遠心コンプレッサのインペラ部品製作の生産性向上について
内容 回転体工作課では遠心コンプレッサのコア部品であるインペラの素材調達・加工・熱処理・バランス作業を実施しています。世界一の技術を目指し、一体構造(ワンピース)推進、特殊工具開発など生産技術的改善を繰り返しており、インターンシップでは作業分析、工法改善に取組んで頂きます。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械
職種 生産技術
対象学科 機械、金属・材料
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱重工コンプレッサ(株) 生産センター
場所 広島製作所観音工場 【広島県広島市】
テーマ 123 遠心コンプレッサの試運転準備作業のリードタイム短縮について
内容 組立・試運転課では、工業プラントで活躍するコンプレッサと駆動用蒸気タービンの組立・試運転を実施しています。世界最短納期を目標として取組んでおり、インターンシップでは試運転準備作業時間の短縮改善を検討し、リードタイム短縮について取組んで頂きます。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械
職種 生産技術
対象学科 機械
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱重工コンプレッサ(株) 生産センター
場所 広島製作所観音工場 【広島県広島市】
テーマ 124 遠心コンプレッサ駆動用モータの試運転設備計画について
内容 組立・試運転課では、工業プラントで活躍するコンプレッサと駆動用蒸気タービンの組立・試運転を実施しています。近年プラントの電動化が世界的な流れとなってきており、駆動用として30MWを超える超大型モータを工場で試運転する機会が増えてきています。インターンシップでは超大型モータ試運転に対応するための設備計画に取組んでもらいます。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械
職種 生産技術
対象学科 電気・電子
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱重工コンプレッサ(株) 生産センター
場所 広島製作所観音工場 【広島県広島市】
テーマ 125 遠心コンプレッサ・蒸気タービンの組立作業のリードタイム短縮・生産性向上について
内容 組立・試運転課では、工業プラントで活躍するコンプレッサと駆動用蒸気タービンの組立・試運転を実施しています。世界最短納期を目標として取組んでおり、インターンシップでは組立作業の改善を検討し、リードタイム短縮及び生産性向上活動について取組んで頂きます。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械
職種 生産技術
対象学科 機械、金属・材料
人数 1名
備考

船舶・海洋(商船)

実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 プラント・インフラドメイン 三菱造船(株) マリンエンジニアリングセンター 長崎設計部
場所 長崎造船所 【長崎県長崎市】
テーマ 126 海洋を舞台としたビジネスチャンスと技術ソリューションの創出について
内容 当社グループが取り扱う製品のフィールドは陸・海・空と幅広く、多種多様な技術を持っています。この強みを活かし、近年では、造船技術とエネルギー技術を融合し、洋上式浮体風車や発電バージといった製品開発が進められており、新しいビジネスモデルの実現が求められています。造船技術という枠を超えて、他の製品分野の技術を結集し、新しいコンセプトデザインを提案してください。
キーワード 船舶・海洋
職種 設計
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 プラント・インフラドメイン 三菱造船(株) マリンエンジニアリングセンター 長崎設計部
場所 長崎造船所 【長崎県長崎市】
テーマ 127 大型蓄電池を利用した電化船の可能性検討について
内容 GHG削減は、人類共通の課題で、造船・海運業界においても同様です。GHG削減の一つの手段として、蓄電池が考えられており、これまでにも、リチウムイオン電池をエネルギー源とした小型船が実際に建造されています。大型の商船に適用し、蓄電池の利用拡大の可能性についてリサーチしてください。
キーワード エネルギー(その他)
職種 設計
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 プラント・インフラドメイン 三菱造船(株) マリンエンジニアリングセンター 長崎設計部
場所 長崎造船所 【長崎県長崎市】
テーマ 128 蓄積した造船技術と次世代技術を融合した海洋環境ソリューションの提案について
内容 当社では、「海の脱炭素社会」の実現に向けた将来的市場ニーズを創造し、それに基づく次世代燃料供給技術、液化炭酸ガス運搬技術などをはじめとするさまざまな新規技術の開発に取り組んでいます。従来の造船技術と次世代技術を複合した海に関わる新しいビジネスモデルについてリサーチしてください。
キーワード 船舶・海洋
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考 期間中の数日について、リサーチ作業を在宅(+オンライン)で実施する可能性あり。
実施日程 8/25(水)~8/31(火)
実施部門 プラント・インフラドメイン 三菱造船(株) マリンエンジニアリングセンター  下関設計部
場所 下関造船所 【山口県下関市】
テーマ 129 大容量バッテリー搭載船に係る技術について
内容 電装設計課では、船舶に搭載される電装品全般の装備設計をしています。環境対応が注目される今日において、省エネやゼロエミッションを目的として、大容量バッテリーを搭載し、運用する船舶が実現されています。このため、今後の競争力強化に欠かせない技術であるバッテリー搭載船関連技術についてリサーチしてください。
キーワード 船舶・海洋
職種 設計
対象学科 電気・電子
人数 2名
備考

エンジニアリング分野 (化学プラント・交通システム・脱炭素)

実施日程 8/25(水)~8/27(金)
実施部門 プラント・インフラドメイン 三菱重工エンジニアリング(株) DX推進・開発管理部
場所 横浜ビル 【神奈川県横浜市】
テーマ 130 交通システムへのIoT/AI技術適用について
内容 DX推進・開発管理部では、交通システム製品の「遠隔監視・分析・診断システム」を開発し、運転・保守事業の収益拡大を進めています。最先端のIoT・AI関連技術や競合他社や競合業種の動向をリサーチし、システム開発に活用すべき技術や、より付加価値の高い遠隔監視サービスを企画・提案してください。
キーワード 交通システム
職種 その他
対象学科 不問
人数 3名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 プラント・インフラドメイン 三菱重工エンジニアリング(株) プラントエンジニアリング部・ 脱炭素事業推進室
場所 横浜ビル 【神奈川県横浜市】
テーマ 131 CO2排出量削減に関する新規技術の適用について
内容 「一足先にエンジニアリングを体感してみませんか?」CO2排出量削減に関連する新規プロセスに対して、実際の業務で使用しているシミュレータを駆使したプロセス検討と、その結果に基づいた主要回転機器及び補機類の設計を実施して頂きます。また、その検討結果を、技術的・経済的側面から評価したうえで、ベストソリューションをプレゼンテーションで発表して頂きます。
キーワード 化学プラント
職種 設計
対象学科 化学、機械
人数 6~8名
備考
実施日程 9/2(木)~ 9/10(金)
実施部門 プラント・インフラドメイン 三菱重工エンジニアリング(株) プロジェクト部
場所 横浜ビル 【神奈川県横浜市】
テーマ 132 プロジェクトマネージメントにおける工程リスク分析・予測について
内容 プロジェクト部では海外大型プロジェクトのマネージメントを行っており、その工程管理はプロジェクトの成否を決める重要な一つの要素です。現在建設中であるバングラディッシュでのプロジェクトを対象とし、工事工程のリスク分析・予測を実施することによりプロジェクトマネージメントを体験して頂きます。
キーワード 化学プラント
職種 その他
対象学科 不問
人数 4名
備考 オリエンテーション等オンラインを交えながら実施する可能性あり。
実施日程 9/6(月)~9/10(金)
実施部門 プラント・インフラドメイン 三菱重工エンジニアリング(株) 基盤エンジニアリング部
場所 横浜ビル 【神奈川県横浜市】
テーマ 133 CO2回収プラントにおけるエンジニアリング技術、電気電力設計について
内容 現在進行中の世界最大規模のCO2回収プラントにおける電気設計の基本設計から詳細設計を実体験して頂きます。
キーワード 環境装置
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考 1日間または2日間の設計作業をオンラインとする可能性あり。
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 プラント・インフラドメイン 三菱重工エンジニアリング(株) 基盤エンジニアリング部
場所 横浜ビル 【神奈川県横浜市】
テーマ 134 環境・化学プラントを構成する各種装置のメンテナンス手法について
内容 環境・化学プラントは、さまざまな装置や部品で構成されています。これらのメンテナンス要求を満たすことはプラント全体の配置を決定する上での重要な課題となっています。各種要求条件をリサーチし、実際のプラント3Dモデルを利用して事例を視覚的にまとめてください。
キーワード 化学プラント
職種 設計
対象学科 不問
人数 3名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 プラント・インフラドメイン 三菱重工エンジニアリング(株) モビリティエンジニアリング部
場所 オンライン
テーマ 135 プラットホームドア 制御データ通信方式の無線化について
内容 プラットホームドアの制御情報は、Vital情報とNon Vital情報に分けられますが、いずれも有線(ケーブル)でデータ転送をしています。 このデータ転送方式を無線化することを検討してください。
キーワード 交通システム
職種 設計
対象学科 電気・電子、情報
人数 3名
備考
実施日程 9/7(火)~9/10(金)
実施部門 プラント・インフラドメイン 三菱重工エンジニアリング(株) 車両部
場所 三原製作所 【広島県三原市】
テーマ 136 鉄道車両の自動運転化技術の高度化について
内容 車両部では、専用軌道を無人で運転する新交通システム(お台場/ゆりかもめ等)の車両本体の開発・設計・製造に取り組んでいます。DX活用による自動運転や保守/運用の更なる高度化について、実際のモノづくりを体験しながらリサーチしてください。
キーワード 交通システム
職種 設計
対象学科 電気・電子、情報
人数 2名
備考
実施日程 9/7(火)~9/10(金)
実施部門 プラント・インフラドメイン 三菱重工エンジニアリング(株) 車両部
場所 三原製作所 【広島県三原市】
テーマ 137 鉄道車両製造における生産技術のIT化・自動化について
内容 車両部では、専用軌道を無人で運転する新交通システム(お台場/ゆりかもめ等)の車両本体の開発・設計・製造に取り組んでいます。工場での車両製造のIT化や自動化を、実際のモノづくりを体感しながらリサーチしてください。
キーワード 交通システム
職種 生産技術
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/31(火)~9/3(金)
実施部門 プラント・インフラドメイン 三菱重工エンジニアリング(株) 空制部
場所 三原製作所 【広島県三原市】
テーマ 138 最新技術を適用した空気ブレーキ装置のコンセプト提案
内容 当部では、国内トップのシェアを誇る、鉄道車両用空気ブレーキ装置に関して設計・開発業務を行っています。三菱の鉄道車両用空気ブレーキ事業は歴史が長く、2024年には100周年を迎えます。今回のインターンシップでは、現行製品のラインナップを説明します。皆さんには、どれか一つの製品を選択の上で、業界問わずに最新技術及びその動向を調査頂きます。その調査の結果、当社空気ブレーキ装置への適用可能な技術をコンセプトデザイン(製品の売り文句)として発表してください。
キーワード 交通システム
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考

サーマルエンジニアリング/冷熱

実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 大型冷凍機技術部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 139 ターボ冷凍機用圧縮機の空力形状改良設計について
内容 当部では世界最高レベルの性能を誇るターボ冷凍機を設計しています。日本国内ではシェア7割以上を確保していますが、更なる高効率化・競争力強化のために、圧縮機空力形状改良に取り組んでいます。現行空力特性の課題と改良のポイントを整理してください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 大型冷凍機技術部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 140 機械学習技術を用いたターボ冷凍機のヘルスモニタリング機能検証について
内容 当部で製造しているターボ冷凍機は世界最高レベルの効率を誇り、国内市場では高いシェアを確保しています。メンテナンスサービスの拡張としてターボ冷凍機の安定運転を実現するため、機械学習技術を用いて運転状態を監視する機能の検証を実施してください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 設計
対象学科 電気・電子、情報
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 大型冷凍機技術部
場所 神戸造船所 【兵庫県神戸市】
テーマ 141 帯水層蓄熱システムの性能評価について
内容 当部では空調から排出する暖熱と冷熱を地下に蓄え、季節をこえて冷暖房に有効利用する帯水層システムを開発しています。このシステムは環境にもやさしく、大幅な省エネルギーを実現します。このシステムの省エネルギーに関する評価を行ってください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 空調機技術部
場所 枇杷島製作所 【愛知県清須市】
テーマ 142 低GWP冷媒を採用した高効率ヒートポンプの技術について
内容 世界的に規制が始まっている高GWP冷媒に対応する最適なヒートポンプを、各解析を利用してリサーチしてください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 空調機技術部
場所 枇杷島製作所 【愛知県清須市】
テーマ 143 ルームエアコンの最適設計について
内容 当部では皆さまのご自宅にある家庭用ルームエアコンについて、室内の快適性を向上するための開発に取り組んでいます。室内の気流解析を行い、最適な風量、風向についてリサーチしてください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 空調機技術部
場所 枇杷島製作所 【愛知県清須市】
テーマ 144 IoTによる空調機連動の新機能検討について
内容 空調機を操作するスマートフォンアプリの使い勝手・視認性を考慮した画面デザインの検討や、あると便利な新規機能の提案をしてください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 研究開発
対象学科 電気・電子、情報
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 空調機技術部
場所 枇杷島製作所 【愛知県清須市】
テーマ 145 低GWP冷媒用コンプレッサの技術について
内容 当部では世界トップレベルの効率を誇るコンプレッサの更なる競争力向上に取り組んでいます。世界的に規制が始まっている高GWP冷媒の代替冷媒に対応する高効率コンプレッサを、各解析を利用してリサーチしてください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 空調機技術部
場所 枇杷島製作所 【愛知県清須市】
テーマ 146 機器組み込みソフトウェアの開発と評価について
内容 空調制御用の機器組み込みソフトウェアの開発(設計、デバッグ)を体験してください。ワンチップマイコンのプログラミングを行い、実機でデバッグを実施します。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 設計
対象学科 電気・電子、情報
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 空調機技術部
場所 枇杷島製作所 【愛知県清須市】
テーマ 147 業務用空調機の基板小型化に対する設計検討について
内容 次世代の業務用空調室内機に搭載する基板について、他社製基板の回路や部品構成を分析し、更なる小型化を机上検討してください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 その他
対象学科 電気・電子、情報
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 空調機技術部
場所 枇杷島製作所 【愛知県清須市】
テーマ 148 ビル用マルチエアコンの狭小部設置による性能への影響について
内容 ビル用空調機室外機は屋上などの限られたスペースに多数設置されることが多く、レイアウトによっては熱交換が不十分となり能力低下を引き起こす可能性があります。夏場でも能力を発揮することができるレイアウトはどうあるべきか、CFD解析を用いて検討してください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 空調機技術部
場所 枇杷島製作所 【愛知県清須市】
テーマ 149 室外機の設置状態による性能の影響について
内容 さまざまな場所に室外機が据付けられるなかで、ユニット台数・設置場所に対し気流解析を実施し、性能への影響をリサーチしてください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 輸送冷凍機部
場所 枇杷島製作所 【愛知県清須市】
テーマ 150 定温輸送車両の地上電源連携インターフェースについて
内容 当部では食の安全を支える輸送インフラ機器として、定温輸送車両用の冷凍機を扱っています。環境負荷低減、エネルギー費用削減のために、定温輸送車及び搭載する冷凍機は従来のエンジン駆動のみでなく、電気駆動への置き換えやハイブリッド化に向かっています。冷凍機への電力供給の一形態として、地上設備電力の供給システムについて、技術面及びヒューマンインターフェーステクノロジーの観点から仕様検討を行ってください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、物流・運搬、自動車関連、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 研究開発
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 品質保証部
場所 枇杷島製作所 【愛知県清須市】
テーマ 151 冷熱製品の品質管理について
内容 当部では製品の開発段階から販売後にわたり、他部門と連携しながら広範囲で品質を見る業務を行っています。冷熱製品の生産方式・品質管理の仕方を学んで頂くともに、特定の事案に絞ってデータ分析を行ってください。また、品証業務の一つである検査の見学、市場戻り品の現物調査や原因分析の協議にも参加頂く予定です。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 品質保証
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 品質保証部
場所 枇杷島製作所 【愛知県清須市】
テーマ 152 冷熱製品のアフターサービス業務について
内容 市場で発生した空調機のトラブルに対して行う①情報の整理・分析②製品、部品の調査③原因究明と是正処置の実施④調査報告書の作成⑤市場にある類似機種への処置のプロセスを、実務を通して確認してください。また、市場から戻った圧縮機の分解調査場や電装品、製品の調査場の見学にも加わって頂く予定です。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 製造部
場所 枇杷島製作所 【愛知県清須市】
テーマ 153 GSRシャフト工程改善について
内容 現在の社内を取り巻く環境として他社を凌駕する多種多様な圧縮機の開発が行われていますが、より一層の市場拡大のため、コストダウンが命題に挙げられています。その中で、当部では新技術を取り込んだ新工法の確立といった生産技術力の強化に取り組んでいます。給湯用圧縮機GSRの生産数量増加計画に対応するため、GSRシャフトの加工ラインの分析を行い、改善項目の抽出に取り組んでください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 生産技術
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 製造部
場所 枇杷島製作所 【愛知県清須市】
テーマ 154 工程設計と流出防止の具体的打ち手について
内容 当部では製造不適合流出”0”を達成すべく、工程設計により不適合の発生、流出リスクを低減する、人に依存しない物的な対策を展開しています。空調製品での工程設計を実施し、高リスクの工程に対して人に依存しない検査方法の立案、既存の画像処理ツールの改善項目抽出に取り組んでください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 生産技術
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工サーマルシステムズ(株) 車両空調機事業部 技術部
場所 枇杷島製作所 【愛知県清須市】
テーマ 155 電気自動車用エアコンにおけるパワーエレクトロニクス&ソフトウェアの設計手法について
内容 当部では電気自動車のエアコンをはじめとするサーマル(熱)システムの進化に貢献するため、小型、高効率、高品質のパワーエレクトロニクス製品及び制御システムの設計開発を行っています。パワーデバイスの選定や制御技術、ソフトウェア、シミュレーションなどのさまざまな設計手法の中からいずれかを選択し、体験・リサーチしてください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械、物流・運搬、自動車関連、環境装置、インフラ設備、生活・レジャー、その他
職種 設計
対象学科 電気・電子、情報
人数 2名
備考

エンジン/ターボチャージャ

実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工エンジン&ターボチャージャ(株) 生産本部 品質保証部
場所 相模原製作所 【神奈川県相模原市】
テーマ 156 エンジン製品の品質保証の在り方について
内容 品質保証部では、あらゆる顧客要求を満たすために用意された多様なエンジン機種に対して、お客様にご満足いただけるよう品質保証の在り方を常に発展させていかなければなりません。品質保証の仕組みやツールなど、効果が見込める新規アイデアをリサーチしてください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械
職種 品質保証
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工エンジン&ターボチャージャ(株) 生産本部 製造部
場所 相模原製作所 【神奈川県相模原市】
テーマ 157 中大型エンジン受注~出荷リードタイム最適化によるスループット増大について
内容 製造部では、需要と供給の間に立ち、製造リソースを活用してプロダクトを具現化させる、産業用エンジンの生産管理を行っています。国内外からの要求(注文)に柔軟に対応することが命題の中、供給リソースの制約を如何に把握し、最適なリードタイムで生産計画を立案、実現するかを現状分析の上、立案してください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械
職種 生産管理
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工エンジン&ターボチャージャ(株) 生産本部 製造部
場所 相模原製作所 【神奈川県相模原市】
テーマ 158 ターボチャージャ部品供給網の制約発生メカニズムの分析と対策について
内容 製造部では、過給機(ターボチャージャ)の整斉とした生産活動実現とお客様への供給責任履行のため、生産計画の立案とその計画達成に向けた活動を日々行っています。その中で鍵となる部品供給網(サプライチェーン)の制約発生メカニズムの現状分析と未然防止体制構築に向けた提案を行ってください。
キーワード 自動車関連
職種 生産管理
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工エンジン&ターボチャージャ(株) 生産本部 製造部
場所 相模原製作所 【神奈川県相模原市】
テーマ 159 IoTを用いたエンジン加工ラインの最大出来高シミュレーションについて
内容 製造部では、エンジン部品の大型加工機の最大出来高に取組むため、IoTを用いた加工シミュレーションを実施しています。実際の生産設備の稼働とデータを用いたシミュレーションの整合を確認し、最適生産に向けた提案を行ってください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械
職種 生産技術
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工エンジン&ターボチャージャ(株) 生産本部 製造部
場所 相模原製作所 【神奈川県相模原市】
テーマ 160 IE活用によるターボチャージャの組立・加工ライン出来高の最大化について
内容 製造部では、過給機(ターボチャージャ)の量産工程を分析、最適化して最大の出来高に繋げる活動でコストダウンを図っています。その中で鍵となる生産工程の稼働モニタリングと分析を実施し、出来高向上に繋げる工程改善を提案してください。
キーワード 自動車関連
職種 生産技術
対象学科 不問
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工エンジン&ターボチャージャ(株) エンジン・エナジー事業部 サービス部
場所 相模原製作所 【神奈川県相模原市】
テーマ 161 ディーゼル・ガスエンジンのサービス業務について
内容 エンジン・エナジー事業部では、非常用・常用発電機や舶用向けなど、さまざまな用途に幅広いラインナップのエンジンを、全世界へ販売しています。各用途・お客様ごとのメンテナンスや部品供給など、アフターサービス事業を理解頂き、事業伸長に向け、AIやIoTを用いた新たなビジネスモデルをフレッシュな視点で提案してください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工エンジン&ターボチャージャ(株) エンジン・エナジー事業部 技術開発室
場所 相模原製作所 【神奈川県相模原市】
テーマ 162 脱炭素社会に向けたレシプロエンジン分散電源システムの将来像について
内容 技術開発室では、分散電源(数MWクラス)として効率、コスト、負荷変動追従性の観点から最適であるレシプロエンジンの開発を行っています。脱炭素社会に向け、再生可能エネルギーの補完電力として更なる拡大が期待されており、燃料の転換(軽油・ガス⇒水素・アンモニア)によってカーボンニュートラルにも対応可能なレシプロエンジンの将来像についてリサーチしてください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械
職種 研究開発
対象学科 機械、電気・電子
人数 2名
備考 オリエンテーション、自主学習はオンライン実施とする可能性あり。
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工エンジン&ターボチャージャ(株) エンジン・エナジー事業部 技術部
場所 相模原製作所 【神奈川県相模原市】
テーマ 163 エンジン部品の設計変更に伴う実機検証について
内容 技術部では、世界最高クラスの効率を満足するエンジンを生み出すために、各種シミュレーションを用いた設計検討及び実機での性能評価を実施し、実測結果とシミュレーション結果を比較することにより全体的な物理現象を把握し検証に役立てています。部品の設計変更に伴う実機計測を実施し、シミュレーションとの比較を行うことで実機計測結果及びシミュレーション結果の妥当性の確認と机上検討を進める上での課題の明確化を行ってください。
キーワード エネルギー(その他)、産業機械
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考 オリエンテーション、自主学習はオンライン実施とする可能性あり。
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 物流・冷熱・ドライブシステムドメイン 三菱重工エンジン&ターボチャージャ(株) ターボ事業部 技術部
場所 相模原製作所 【神奈川県相模原市】
テーマ 164 次世代ハイブリッド車へのターボチャージャの適合について
内容 ターボ技術部では、乗用車の電動化に対応したガソリンエンジン用ターボチャージャの競争力強化に取り組んでいます。この用途のターボにおいて高効率化、高温化、低騒音化、信頼性向上など多様な技術要求への対応が必要です。従来から有るターボチャージャの技術を次世代のハイブリッド車にどのように適合させるかリサーチしてください。
キーワード 自動車関連
職種 設計
対象学科 機械、電気・電子、航空・宇宙、原子力、船舶、金属・材料
人数 2名
備考 実習一部をオンライン実施とする可能性あり。

機械装置・鉄構プラント

実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 機械システムセグメント 三菱重工機械システム(株) ITS事業本部 技術部
場所 神戸本社 【兵庫県神戸市】
テーマ 165 自動運転に向けた路車間協調の実現手法について
内容 技術部では、自動運転を高度化する交通システムの製品開発に取り組んでいます。Level5の自動運転を達成するために高速道路側に必要なインフラ設備/システムを検討します。必要となる技術についてリサーチしてください。
キーワード ICT、インフラ設備
職種 設計
対象学科 電気・電子、情報
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 機械システムセグメント 三菱重工機械システム(株) ITS事業本部 工作部
場所 神戸本社 【兵庫県神戸市】
テーマ 166 ETCシステムの効率的な現地電波測定の実現方法について
内容 工作部では、高速道路等における料金収受設備・ETC設備の現地工事の効率化を通じた渋滞緩和、工事安全性の向上に取り組んでいます。現地工事のうちETC電波測定を効率的に行うための技術について調査、検討してください。
キーワード ICT、インフラ設備
職種 建設
対象学科 電気・電子、情報
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 機械システムセグメント 三菱重工機械システム(株) 設備インフラ事業本部 精密メカニクス技術部
場所 神戸本社 【兵庫県神戸市】
テーマ 167 飲料用充填機の機械設計について
内容 当社は、50年以上の歴史を持つ食品包装機械のトップメーカーであり、その豊富な経験と幅広いノウハウにより、飲料用充填機/パウチ充填機/コーティング装置/液処理機器など広範な種類の食品包装機械を生産しています。 本テーマでは、飲料用充填機の搬送技術の要となるボトル把持装置(グリッパ)を題材にVE手法を用いて製品価値向上についてリサーチしてください。
キーワード 産業機械
職種 設計
対象学科 機械
人数 1~2名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 機械システムセグメント 三菱重工機械システム(株) 設備インフラ事業本部 産業機械技術部
場所 神戸本社 【兵庫県神戸市】
テーマ 168 パッケージング機械の機械設計について
内容 当社パッケージング機械はビール缶/PETボトルを段ボールに詰める所謂段ボール梱包機械を製作し、50年以上の歴史を持つ食品包装機械のトップメーカーです。また、袋麺、カップ麺等の梱包機械も製作しています。 本テーマでは、ロボット技術(AI含み)を用いた近未来型梱包機械(製品価値向上)についてリサーチしてください。
キーワード 産業機械
職種 設計
対象学科 機械
人数 1~2名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 機械システムセグメント 三菱重工機械システム(株) 設備インフラ事業本部 制御システム技術部
場所 神戸本社 【兵庫県神戸市】
テーマ 169 試験装置及び一般機械、文施設備の電気設計について
内容 機械制御・計装制御・電子回路・コンピュータシステム技術・ネットワーク構築の総合技術力を背景に顧客ニーズに応じ、耐圧試験タンク、造波装置、環境シミュレーション設備から、宇宙利用機器、劇場、コンサートホールの昇降天井、開閉屋根に至るまで、多種多様な製品開発に対しシステムの計画に参画、多くの納入実績を残し、試験装置、文施設備の分野では国内トップメーカーです。試験装置、文施製品の制御設計に関わりシステム設計の手法、制御設計に取り組んで頂きます。
キーワード 産業機械
職種 設計
対象学科 電気・電子、情報
人数 1~2名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 機械システムセグメント 三菱重工機械システム(株) 設備インフラ事業本部 制御システム技術部
場所 神戸本社 【兵庫県神戸市】
テーマ 170 自動車用試験装置の制御技術動向について
内容 自動車の開発には疲労耐久試験や衝突安全試験が行われており、当社は油圧アクチュエータを使って実走行を模擬する多自由度疲労耐久シミュレータや、衝突時の衝撃を模擬する衝突シミュレータを製作しています。これらのシミュレータの制御設計を実習するとともに最新技術動向についてリサーチしてください。
キーワード 自動車関連
職種 設計
対象学科 電気・電子、情報
人数 1名
備考
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 機械システムセグメント 三菱重工機械システム(株) 設備インフラ事業本部 機械技術部
場所 神戸本社 【兵庫県神戸市】
テーマ 171 真空乾燥装置の機械設計について
内容 機械技術部は、大型骨組構造物・搬送装置、特殊試験装置、加速器・液体金属循環装置、自走検査装置等、多種多様な機械装置の設計を行う部門です。本テーマでは、某電力会社向の真空乾燥装置の乾燥チャンバの熱設計を行って頂きます。
キーワード 産業機械
職種 設計
対象学科 機械
人数 1~2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 機械システムセグメント 三菱重工機械システム(株) 設備インフラ事業本部 パーキング技術部
場所 横浜事業所 【神奈川県横浜市】
テーマ 172 機械式駐車設備の機械/電気設計について
内容 当社は、1961年の初号機納入以降、お客様のニーズに合わせたさまざまなタイプの機械式駐車設備を取り扱っています。設計職は、開発/設計/製造から現地施工やアフターサービスの支援まで、製品に一貫して関われる魅力ある職種です。本テーマでは、実機を想定した設計業務を体験頂くと共に、駐車設備の技術を応用した新製品のアイデア出しを実施する予定です。
キーワード インフラ設備
職種 設計
対象学科 機械、電気・電子
人数 2~3名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 機械システムセグメント 三菱重工機械システム(株) 設備インフラ事業本部 建設部
場所 横浜事業所 【神奈川県横浜市】
テーマ 173 大型鋼構造物の建設工事における「MHI-MS」スタイルの安全管理について
内容 設備インフラ事業本部/建設部(鉄構プラント)は高層煙突やガスホルダーなど、大型構造物の現地据付工事を担当している部署です。工事を行う上で一番大事なことは、安全に施工することであり、私たちの施工管理の根本となるものは、「MHI-MS」スタイルの安全管理です。この安全スタイルはこれまでの事故・災害の教訓を基に定められており、当部の各現地工事において実施中のものであり、研修を通じて学んでいただきます。
キーワード インフラ設備
職種 建設
対象学科 土木・建築
人数 2名
備考 事前オリエンテーション等をオンラインで実施する可能性あり。
実施日程 9/6(月)~9/10(金)
実施部門 機械システムセグメント 三菱重工機械システム(株) 印刷紙工機械事業本部 制御設計部
場所 三原製作所 【広島県三原市】
テーマ 174 グラフィックユーザインターフェイスの製品適用について
内容 設計部では世界最高レベルの技術力を駆使し、印刷品質・高生産性・省資源など高付加価値の印刷機械・紙工機械の開発・製造を手掛けています。当社製品に組み込まれているグラフィックユーザインターフェイス設計技術を体験・リサーチしてください。
キーワード 産業機械
職種 設計
対象学科 電気・電子、情報
人数 2名
備考
実施日程 9/6(月)~9/10(金)
実施部門 機械システムセグメント 三菱重工機械システム(株) 印刷紙工機械事業本部 機械設計部 開発課
場所 三原製作所 【広島県三原市】
テーマ 175 次世代製函機の開発・設計について
内容 機械設計部 開発課では、世界最高レベルの箱品質と生産性を誇る製函機(段ボール箱製造機械)の更なる世界的市場拡大のため新製品の開発に取組んでいます。日常生活では目にすることができない当社製品の機械技術や大サイズ箱用次世代機の開発設計手法を体験・リサーチしてください。
キーワード 産業機械
職種 設計
対象学科 機械、航空・宇宙、金属・材料
人数 2名
備考

艦艇・特殊機械

実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 艦艇・特殊機械事業部 立神艦船製造部
場所 長崎造船所 【長崎県長崎市】
テーマ 176 特殊船舶における船殻構造建造工法の高精度化について
内容 立神艦船製造部では、国内初のステルス性能を誇る特殊船舶の開発に取り組んでいます。高い技量に裏打ちされた建造工法をより深化させる構造・計測・組立て・溶接などの要素技術を革新させる技術の適用についてリサーチしてください。
キーワード 船舶・海洋
職種 生産技術
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 艦艇・特殊機械事業部 立神艦船製造部
場所 長崎造船所 【長崎県長崎市】
テーマ 177 特殊船舶における生産設計・生産工程の最適化について
内容 立神艦船製造部では、国内随一の実績から新規特殊船舶の開発に取り組んでいます。世の中に存在しない新たな技術を、生産段階で具現化させる生産技術や生産工程へのプロジェクトマネジメント的アプローチの適用についてリサーチしてください。
キーワード 船舶・海洋
職種 生産技術
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/23(月)~9/3(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 艦艇・特殊機械事業部 横浜艦船改修部
場所 横浜製作所 【神奈川県横浜市】
テーマ 178 船のメンテナンス業務について
内容 横浜艦船改修部では、民間船フェリーから客船、護衛艦艇に至るまで、幅広い船種の修繕、及び改造工事を国内外のお客様と共に手がけています。工事担当者の業務として、工程品質安全管理、客先対応等の生産現場に係わる実務の一部を体験し、新鮮な視野でプロセス改善案等をリサーチしてください。
キーワード 船舶・海洋
職種 生産技術
対象学科 電気・電子、機械、船舶
人数 2名
備考

航空・宇宙

実施日程 8/24(火)~8/27(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱重工航空エンジン(株) 品質保証部
場所 オンライン
テーマ 179 ヒューマンファクターによる事象分析と品質改善について
内容 当部では航空エンジンの製造・組立・整備において発生するヒューマンエラーなどの不適合を分析、類似事象含め将来のトラブルを未然に防止する活動に取り組んでいます。身近な失敗やトラブルに置き換えて、原因分析、是正対策を考えてください。
キーワード 航空
職種 品質保証
対象学科 不問
人数 2~3名
備考
実施日程 8/24(火)~8/27(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱重工航空エンジン(株) 品質保証部
場所 オンライン
テーマ 180 航空業界で適用される規格の業務への適用について
内容 航空業界ではさまざまな品質保証の公共規格に則した業務の遂行が求められており、品質保証部ではこれを用いた品質改善をリードしています。製品品質のリスク低減に用いる規格(SJAC9145)とその手法(例:FMEA:故障モード解析、8Dレポート等)を学んでもらい、自身の研究や身近な活動に当てはめた場合の改善点を考えてください。
キーワード 航空
職種 品質保証
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/24(火)~8/27(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱重工航空エンジン(株) 民間エンジン事業推進部
場所 オンライン
テーマ 181 今後の航空機用エンジンに求められる環境要求と対応方法について
内容 当部では、これまで各民間航空機用エンジンの効率改善や軽量化に寄与する要素技術開発に取り組んできています。今後の航空エンジンに求められる環境要求に適合するための要素についてまとめ、航空エンジンの技術的な対応方法について調査及び検討してください。
キーワード 航空
職種 研究開発
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/24(火)~8/27(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱重工航空エンジン(株) 製造部
場所 オンライン
テーマ 182 航空機用エンジン部品の製造検討について
内容 民間航空機用エンジン部品の製造には、世界との競争に打ち勝つために最先端の製造技術力が求められます。当社が担当する難易度が高い部品に対する製造技術及び生産技術を体験して頂き、部品製造検討・製造改善検討に取組んで頂きます。
キーワード 航空
職種 生産技術
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/24(火)~8/27(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱重工航空エンジン(株) 整備部
場所 オンライン
テーマ 183 航空機用エンジンの性能分析について
内容 当部では、国内外の航空機用エンジンの整備を行っています。整備作業の最終工程として行われる性能試験は、エンジンの品質確認を目的とした重要工程です。過去の整備内容のデータと性能試験のデータを用いて、整備作業着手前に整備によって回復する性能量を予測する手法を検討及び性能試験の概要について調査してください。
キーワード 航空
職種 生産技術
対象学科 航空・宇宙、機械
人数 2名
備考
実施日程 8/24(火)~8/27(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 宇宙事業部 技術部
場所 オンライン
テーマ 184 宇宙機器構造体に適用可能な新規技術について
内容 当部では、H3ロケットやこうのとりに続く将来宇宙機構造体の開発に取り組んでいます。構造体の軽量化・低コストを行うための新規設計・製造技術(3D造形、革新材料、耐熱・熱制御技術等)についてリサーチしてください。
キーワード 宇宙開発
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/24(火)~8/27(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 宇宙事業部 技術部
場所 オンライン
テーマ 185 ロケットと宇宙デブリとの干渉リスク評価について
内容 当部では、近年、増加の一途をたどる宇宙デブリに対して、打上げロケットとの干渉評価を事前に行うことで、飛行解析の信頼性向上を狙っています。初めに、現在の宇宙デブリの大きさ・数・分布等をリサーチし、軌道要素にて整理してください。次に、これら軌道上物体と、打上げロケットとの干渉リスクを評価すると想定し、考慮すべき事項を抽出してください。
キーワード 宇宙開発
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/24(火)~8/27(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 宇宙事業部 技術部
場所 オンライン
テーマ 186 有人与圧ローバ関連電気系検討について
内容 当部では、月面探査有人与圧ローバの開発に携わっています。安全、快適な月面探査を目指し、各種制御、電力、通信などの、ローバの電気系システム設計に関する検討を実施して頂きます。
キーワード 宇宙開発
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/24(火)~8/27(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 宇宙事業部 技術部
場所 オンライン
テーマ 187 世界のロケット打ち上げ場調査と月面スペースポート構想検討について
内容 当部では、ロケット打ち上げ用の地上設備の設計・開発業務を行っています。今後、国内/海外に新たな射場(打ち上げ場)を建設することを念頭に、世界の射場を調査して頂きます。また、将来的に必要となる月面射場(Moon Space Port)の構想を検討してください。
キーワード 宇宙開発
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/24(火)~8/27(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 宇宙事業部 技術部
場所 オンライン
テーマ 188 宇宙服の設計検討について
内容 当部では、軌道上の居住モジュールや、月面ローバなど、宇宙での人の活動に繋がる開発検討を進めています。宇宙飛行士が宇宙空間(軌道上)や月面で活動するための宇宙服について、必要な機能の抽出から大まかなサイズ検討を含めた、概念検討を経験して頂きます。
キーワード 宇宙開発
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/24(火)~8/27(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 宇宙事業部 技術部
場所 オンライン
テーマ 189 モジュラーエンジンの設計とデモ燃焼試験の検討について
内容 当部では、将来ロケットエンジンとして多用途性/低コストを武器に将来市場に売り込んでいくための新しいコンセプトのエンジン(モジュラーエンジン)の研究開発を進めています。適用先に適合するようにエンジンを構成する検討と、2021年下期に予定しているデモ燃焼試験の計画検討を実施して頂きます。
キーワード 宇宙開発
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 8/31(火)~9/3(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 航空機・飛昇体事業部 飛昇体技術部
場所 オンライン
テーマ 190 飛昇体推進装置の研究動向調査と性能検討について
内容 当部では、極超音速飛しょうを実現する推進装置の研究開発に取り組んでいます。飛昇体の推進装置について、性能向上のための研究動向調査や技術検討を通じて、研究開発業務の一端を体験してください。
キーワード 防衛製品
職種 研究開発
対象学科 機械、航空・宇宙
人数 3名
備考
実施日程 8/31(火)~9/3(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 航空機・飛昇体事業部 飛昇体技術部
場所 オンライン
テーマ 191 超音速・極超音速飛昇体の耐熱/軽量構造検討について
内容 当部では、弾道ミサイル防衛や高速飛しょうする飛昇体など、先進の材料と設計技術を駆使した機体開発に取り組んでいます。飛昇体の飛しょう速度は年々高速化しており、飛しょう中の空気からの伝熱は過酷を極め機体は、耐熱かつ軽量であることを要求されます。次世代の飛昇体を想定し、先進材料の世界動向をリサーチ、その材料を使用した機体構造のアイデアを提案してください。
キーワード 防衛製品
職種 設計
対象学科 機械、航空・宇宙、金属・材料
人数 3名
備考
実施日程 8/31(火)~9/3(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 航空機・飛昇体事業部 航空機製造部
場所 オンライン
テーマ 192 航空機製造における最新製造技術について
内容 生産機数100機程度の防衛航空機の製造工場への活用を念頭に最新技術の活用事例(ロボット、AR/VR、スマートグラス、音声認識など)やその他製造技術を調査し、費用対効果も含めてスマートファクトリー化の提案をしてください。
キーワード 航空
職種 生産技術
対象学科 機械、航空・宇宙、電気・電子、情報、金属・材料
人数 2~3名
備考
実施日程 8/31(火)~9/3(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 航空機・飛昇体事業部 飛昇体製造部
場所 オンライン
テーマ 193 航空宇宙製品への電子機器小型化技術の適用について
内容 当部では、宇宙・防衛製品に搭載する電子機器を製造しており、電子機器の小型化製造技術開発・信頼性向上に取り組んでいます。本テーマでは、基板の小型化について、世の中の動向・手法をリサーチするとともに、航空宇宙製品適用に向けて必要となる製造技術や信頼性のリスクを調査しまとめてください。
キーワード 防衛製品
職種 生産技術
対象学科 電気・電子、航空・宇宙、情報
人数 3~4名
備考
実施日程 8/31(火)~9/3(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 航空機・飛昇体事業部 航空機技術部
場所 オンライン
テーマ 194 航空機に有効なAM(Additive Manufacturing)技術の適用について
内容 当部では、官需向け固定翼航空機の設計・開発を行っています。AM技術は、機体構造や装備品の軽量化・コスト低減を目的として、海外では既に航空機への適用が進められています。AM技術の特徴及び海外での適用例を踏まえ、ご自身の専門分野の知識・経験を活かして、航空機への効果的な適用方法を検討するとともに、適用に際しての課題についても検討してください。
キーワード 航空
職種 設計
対象学科 機械、電気・電子、情報、航空・宇宙
人数 3名
備考
実施日程 8/31(火)~9/3(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 航空機・飛昇体事業部 航空機技術部
場所 オンライン
テーマ 195 既存戦闘機の艦載機化検討について
内容 当部では、防衛省向け固定翼航空機の設計・開発を行っています。 世界的にも艦載機に一定の需要があることから、公開文献ベースで技術仕様、海外での開発状況調査を踏まえて、既存戦闘機を艦載機化するための要件を検討します。ご自身の専門分野の知識を活かして、既存戦闘機に必要となる改修内容のトレードスタディを実施し、設計業務の一端を経験してください。
キーワード 航空
職種 設計
対象学科 機械、航空・宇宙
人数 3名
備考
実施日程 8/31(火)~9/3(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 航空機・飛昇体事業部 航空機技術部
場所 オンライン
テーマ 196 固定翼航空機の新規自動操縦技術について
内容 当部では、戦闘機等の官需向け固定翼航空機の設計・開発を行っています。飛行中におけるレーダ等のアビオニクスの操作や状況判断などパイロットの負担は増し、新しい自動操縦のニーズが高まっています。新規自動操縦技術の技術動向について調査し、将来の固定翼機が搭載すべき新しい自動操縦技術について提案してください。
キーワード 防衛製品
職種 研究開発
対象学科 航空・宇宙、機械、情報、電気・電子、経営工学
人数 3名
備考
実施日程 9/7(火)~9/10(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 航空機・飛昇体事業部 プロダクトサポート部
場所 オンライン
テーマ 197 航空機長期運用上の課題検討について(防食技術の最新動向調査)
内容 航空機を運用するにあたり、機体構造の健全性を維持することは非常に重要です。防衛航空機は長期間のシビア条件での運用であり、機体構造の腐食管理は機体の安定運用、安全性維持に不可欠です。この腐食管理について理解して頂きつつ、腐食防止/除去技術(表面処理、塗装、保守作業)の最新動向についてリサーチしてください。
キーワード 防衛製品
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 2名
備考
実施日程 9/7(火)~9/10(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 航空機・飛昇体事業部 プロダクトサポート部
場所 オンライン
テーマ 198 航空機の整備/教育等へのAR・VR技術適用について
内容 航空機整備の分野では、最新技術の適用がこれまでにないブレークスルーを生み出す可能性を秘めています。本テーマでは、防衛省航空機の運用・整備・トレーニングの概要を理解頂くとともに、AR及びVR等のICT技術の適用について調査・検討して頂きます。
キーワード 防衛製品
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 4名
備考
実施日程 9/7(火)~9/10(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 航空機・飛昇体事業部 ヘリコプタ技術部
場所 オンライン
テーマ 199 航空機(ヘリコプタ)搭載装備品の構想設計について
内容 当部では、防衛省向けヘリコプタの設計・開発を行っています。航空機に搭載する各種装備品の構想設計は、実際の任務環境や整備も含めた運用状況を想定し、機能・性能に対する要求を設定することが重要です。本テーマでは、ヘリコプタに搭載する装備品に対する機能・性能要求を調査しまとめる作業を通じて、航空機搭載装備の構想設計を体験してください。
キーワード 航空
職種 設計
対象学科 不問
人数 3名
備考
実施日程 9/7(火)~9/10(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 航空機・飛昇体事業部 ヘリコプタ技術部
場所 オンライン
テーマ 200 回転翼無人航空機の任務適合性に関する調査検討について
内容 将来の運用が期待される回転翼(ヘリコプタ)無人航空機の開発が国内外で活発に進められています。将来の日本の防衛環境、無人航空機の技術動向を踏まえ、無人航空機の任務・構想及び獲得すべき技術についてリサーチして検討するとともに、ご自身の専門分野の知識、経験を活かして特徴ある無人機を提案してください。
キーワード 航空
職種 設計
対象学科 不問
人数 3名
備考
実施日程 9/7(火)~9/10(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 航空機・飛昇体事業部 電子システム技術部
場所 オンライン
テーマ 201 画像認識技術等を用いた試験評価に関する調査について
内容 当部では、防衛省向けヘリコプタに搭載する統合処理ソフトウェア開発を行っています。多種多様なセンサデータや任務情報を統合するソフトウェアには膨大なテストケースが存在し、試験員の目視評価だけでは対応しきれないことから、テスト自動化等による効率化が求められています。画像認識技術等を用いた効果的な試験評価方法について調査、提案し、設計業務の一端を体験してください。
キーワード 航空
職種 設計
対象学科 機械、電気・電子、情報、航空・宇宙
人数 2~3名
備考
実施日程 9/7(火)~9/10(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 航空機・飛昇体事業部 電子システム技術部
場所 オンライン
テーマ 202 将来ヘリコプタのマン・マシン・インターフェースコンセプト設計について
内容 当部では、防衛省向けヘリコプタに搭載する電子機器のシステム開発を行っています。最新航空機や他ビークルのコンセプトカー等のマン・マシン・インターフェースについて最新事例を調査し、将来ヘリコプタのマン・マシン・インターフェースについてコンセプト設計を実施してください。
キーワード 航空
職種 設計
対象学科 機械、電気・電子、情報、航空・宇宙
人数 2~3名
備考
実施日程 9/7(火)~9/10(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 航空機・飛昇体事業部 電子システム技術部
場所 オンライン
テーマ 203 航空機の電気・電子システム設計に必要な規格について
内容 航空機の電気・電子システム設計では、搭載時の温度、高度から、EMC、HIRF等まで、幅広い搭載要件を満足し、必要な機能・性能満足する最適設計を行う必要があります。仮想の機体に対して、搭載要件の調査・整理及び、無線通信装置の回線設計等の機能・性能評価を通じて、設計業務の一端を体験してください。EMC: Electro Magnetic Compatibility、HIRF: High Intensity Radiated Fields
キーワード 航空
職種 設計
対象学科 電気・電子
人数 2~3名
備考
実施日程 9/7(火)~9/10(金)
実施部門 防衛・宇宙セグメント 航空機・飛昇体事業部 品質保証部
場所 オンライン
テーマ 204 複合材製品の検査技術について
内容 当部では、高い競争力を有する航空機用複合材製品の品質保証に取り組んでいます。本テーマでは、複合材製品の検査技術・品質保証について理解を深め、最新の動向をリサーチした上で、防衛航空機用複合材製品の保証方法を検討してください。
キーワード 航空、防衛製品
職種 品質保証
対象学科 機械、航空・宇宙、金属・材料
人数 2名
備考

舶用機械

実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱重工マリンマシナリ(株) 舶用機械事業部
場所 長崎造船所 【長崎県長崎市】
テーマ 205 引込式フィンスタビライザ(船体減揺装置)用フィンの複合材料化について
内容 舶用機械事業部では、船舶の横揺れを減揺する引込式フィンスタビライザの設計、製造を行っており、フィンの軽量化が課題となっています。その一案としてフィンを複合材料にした場合の初期検討、技術課題等をリサーチしてください。
キーワード 船舶・海洋
職種 設計
対象学科 機械、船舶、金属・材料
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱重工マリンマシナリ(株) 舶用機械事業部
場所 長崎造船所 【長崎県長崎市】
テーマ 206 LNG燃料焚きボイラ(油+LNG)の標準化について
内容 船舶では2050年の全船舶のGHG50%低減に向けて、1st Stepで燃料のLNG化がターゲットとされています。船舶搭載用ボイラについても、環境にやさしいLNG燃料を使用したボイラの採用が広がりつつあります。そこで、LNG燃料ボイラの標準化を進めるにあたり、その技術課題と解決策についてリサーチしてください。
キーワード 船舶・海洋
職種 設計
対象学科 機械
人数 1名
備考
実施日程 8/30(月)~9/10(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱重工マリンマシナリ(株) 過給機事業部
場所 長崎造船所 【長崎県長崎市】
テーマ 207 船舶用ディーゼル機関搭載過給機について
内容 過給機事業部では、4ストローク向け過給機の世界シェア拡大に向けて取り組んでおり、競争力向上のために商品力強化が強く求められています。高付加価値製品創造に向けた技術課題と解決策についてリサーチしてください。
キーワード 船舶・海洋
職種 設計
対象学科 機械、船舶、金属・材料
人数 2名
備考

三菱パワー【製品関連事業】

実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) サービス本部 高砂サービス総括部 高砂サービス技術部
場所 オンライン+高砂工場 【兵庫県高砂市】
テーマ 208 水素焚きガスタービン発電設備について
内容 脱炭素社会に向けて、GTCCサービス計画グループでは、既存のガスタービン発電設備の水素焚き化の検討を行っています。その実現に向けた課題、最新状況、市場性についてリサーチしてください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 2名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) サービス本部 高砂サービス総括部 高砂サービス技術部
場所 オンライン+高砂工場 【兵庫県高砂市】
テーマ 209 業務改善とシステム構築について
内容 業務改善の1つの手段としてシステム化という手段がありますが、『本当に使えるシステム』を構築するには、実務の流れや運用まで詳細を理解し、かつ問題点や課題を克服したものが求められます。本インターンでは、どの業界・職種でも共通するシステム技術やシステム構築方法を理解頂くとともに、システム化やICT化を現場に落とし込む難しさを体験して頂きます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 サービスエンジニア
対象学科 情報
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) サービス本部 高砂サービス総括部 高砂サービス技術部
場所 オンライン+高砂工場 【兵庫県高砂市】
テーマ 210 発電設備のメンテナンス工事ICT化について
内容 「メンテナンス工事の新たな未来を創造し、工事従事者へ”楽”を届ける。」当部は、世界各地の発電設備で定期的に実施されるメンテナンス工事に、最新のICT技術を掛け合わせた斬新なメンテナンス手法の開発に取り組んでいます。省力化・省人化に繋がるアプリ案のアイデア出しと課題抽出に取り組んで頂きます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) サービス本部 高砂サービス総括部 高砂サービス技術部
場所 オンライン+高砂工場 【兵庫県高砂市】
テーマ 211 発電設備フィールドエンジニアリングへの最新テクノロジーの適用について
内容 高砂サービス技術部ではフィールドエンジニアリングを通してお客様へ納入した高効率ガスタービンの高稼働に貢献しています。業界的にまだまだ最新テクノロジーの適用が進んでいない国内定検工事において、タービンメーカーとして従来の方法にとらわれない最新テクノロジーを取り入れたメンテナンスメニューの開発や工事・安全管理手法の検討に取り組んでいます。学生ならではのフレッシュな視点でリサーチしてください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) サービス本部 高砂サービス総括部 高砂サービス技術部
場所 オンライン+高砂工場 【兵庫県高砂市】
テーマ 212 国内製鉄業界におけるCOURSE50取組について
内容 製鉄プロセスで生成される主にCOを含むBFG燃料を用いたガスタービン発電設備において、CO2削減のためのコークス使用量削減を目的とした技術開発(COURSE50)が活発になっています。BFGの燃料組成が変化するため、ガスタービンへの影響がないかという製鉄所のお客様からの確認ニーズが高まっていることから、現状の当社BFG焚きガスタービンの概要・基礎を学んで頂いた上で、COURSE50の最新動向をインターネット等でリサーチして頂きます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) サービス本部 高砂サービス総括部 高砂サービス技術部
場所 オンライン+高砂工場 【兵庫県高砂市】
テーマ 213 GTCC発電設備の遠隔監視における異常検知技術について
内容 GTCC発電設備の自動自律運転を目指した開発の一環として、発電プラントの異常検知技術の向上に取り組んでいます。発電プラントの運転データに対する異常検知手法をリサーチして頂きます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) サービス本部 高砂サービス総括部 高砂サービス技術部
場所 オンライン+高砂工場 【兵庫県高砂市】
テーマ 214 海外GTCC発電設備の信頼性向上提案の最適なお客様への伝え方について
内容 海外プロジェクト推進グループでは世界中に納入した三菱パワーの発電設備に対して、最新の技術と知見を反映した設備の信頼性を向上させる提案を日々行っています。インターン期間中は、異業種も含めてお客様への情報発信手法のリサーチとその長所と短所の比較から効率的でお客様満足度の高い技術提案の発信方法を検討頂きます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 サービスエンジニア
対象学科 不問
人数 2名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) サービス本部 長崎サービス部
場所 オンライン+長崎工場 【長崎県長崎市】
テーマ 215 蒸気タービンメンテナンスの工事品質向上について
内容 当部では蒸気タービンのメンテナンスを実施したり、そのメンテナンス内容を技術的観点からお客様に提案しています。決められた期間で工事完工しつつ工事品質を維持・向上するためのメンテナンス手法について、効率よく実施するために世の中にどういうやり方や業者があるのかをリサーチしてください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 サービスエンジニア
対象学科 機械
人数 2名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/30(月)~9/8(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) ターボマシナリ―本部 タービングローバル製造統括部 日立タービン製造部
場所 オンライン+日立工場 【茨城県日立市】
テーマ 216 蒸気タービン設備の製造に係る業務効率化に向けたデジタル技術の活用について
内容 当部では蒸気タービン、プラント機器等の製缶・溶接業務を担っており、日々、製品製作における効率・品質の改善とコスト低減に取り組んでいます。また、近年はIoTやAI等の先端技術や、人の技量に左右されない自動溶接機の活用を推進し、より効率的な生産に力を入れています。本テーマでは、製造現場におけるデジタル技術やAI技術の導入事例・最新ツールをリサーチし、作業効率向上・自動化・省人化・設備予防保全に繋がる活用を検討してください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 生産技術
対象学科 不問
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) ターボマシナリー本部 タービングローバル製造総括部 日立タービン製造部 精密部品製作課
場所 オンライン+日立工場 【茨城県日立市】
テーマ 217 生産効率向上に向けた、デジタル技術・最新ツ-ルのリサーチについて
内容 当部では蒸気タービン、ガスタービン部品加工を担当しており、生産効率改善、品質改善、コスト低減に取り組んでいます。インターン期間中は、製造現場におけるデジタル技術やAI技術の導入事例・最新ツールをリサーチし、作業効率向上・自動化・省人化・設備予防保全に繋がる活用を検討してください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 生産技術
対象学科 不問
人数 2名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) ターボマシナリ―本部 タービングローバル製造統括部 日立タービン製造部
場所 オンライン+日立工場 【茨城県日立市】
テーマ 218 水素燃料を用いたガスタービン燃焼器について
内容 当部では、水素を燃料として利用するガスタービン燃焼器を開発・製造中です。インターン期間中は、水素を燃料として燃焼させる上で注意すべき点を、従来燃料との比較や水素の使用例からまとめていただき、また水素燃料の将来性等を併せてリサーチいただき当部の基礎資料の作成にご協力頂きます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 生産技術
対象学科 不問
人数 2名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) ターボマシナリー本部 タービングローバル製造総括部 長崎ターボマシン製造部
場所 オンライン+長崎工場 【長崎県長崎市】
テーマ 219 製造工場デジタル化に向けたデジタル技術・最新ツールのリサーチについて
内容 当部では蒸気タービン、プラント機器等の加工・組立・現地据付工事を担当しており、日々、作業効率改善、品質改善、コスト低減に取り組んでいます。また、近年はIoTやAI等の先端技術を活用した工場デジタル化の推進に力を入れています。本テーマでは製造現場におけるデジタル技術やAI技術の導入事例・最新ツールをリサーチし、作業効率向上・自動化・省人化・設備予防保全に繋がる活用を検討してください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 生産技術
対象学科 不問
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) エンジニアリング本部 ボイラ技術総括部 ボイラ技術部
場所 オンライン+長崎工場 【長崎県長崎市】
テーマ 227 バイオマス発電技術の動向について
内容 当部では、従来技術より環境性に優れ、世界最先端である石炭ガス化複合発電技術(IGCC)や高効率発電のA-USC、再生可能エネルギーの1つとして位置付けられるバイオマス発電技術など、熱エネルギーを扱う製品の開発・設計を行っており、開発から運転に至るまで幅広く活躍することができます。インターン期間中は、エネルギー業界の状況、バイオマス発電に関する市場調査等を実施頂き、エネルギー業界への理解を深めて頂きます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) 蒸気タービン技術総括部 蒸気タービン計画部
場所 オンライン+高砂工場 【兵庫県高砂市】
テーマ 228 次世代及び新規蒸気タービンの開発・設計について
内容 発電インフラを支える蒸気タービンの開発研究・設計業務を経験することで、開発・設計における考え方の理解を深めて頂くと共に、蒸気タービンの最新技術・構造についてリサーチして頂きます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 設計
対象学科 機械
人数 2名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) 蒸気タービン技術総括部 蒸気タービン計画部
場所 オンライン+横浜ビル 【神奈川県横浜市】
テーマ 229 既存火力発電所蒸気タービン設備の高効率化について
内容 脱石炭の流れは加速しており、既存火力発電所についてもCO2排出量の削減が必須となっています。当部では、既存発電所の蒸気タービン設備に対して、新技術適用による高効率化の改造計画を立案・拡販しており、環境負荷低減に向けた活動に取り組んでいます。インターン期間中は、市場動向の調査、既存発電所(蒸気タービン設備)の現状の問題点やそれに対する改善アプローチについてリサーチして頂きます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 設計
対象学科 不問
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/30(月)~9/3(金)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) 蒸気タービン技術総括部 大型蒸気タービン技術部
場所 オンライン+日立工場 【茨城県日立市】
テーマ 230 蒸気タービンの設計技術について
内容 大型蒸気タービン技術部では、発電インフラの根幹を支える重要機器である蒸気タービンの設計業務を行っています。蒸気タービンには電力の安定供給のため、更なる性能向上、信頼性向上が求められています。蒸気タービンの設計プロセスを通じて、最新の性能向上技術、信頼性向上技術等についてリサーチして頂きます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 設計
対象学科 機械
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/30(月)~9/8(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) 蒸気タービン総括技術部
場所 オンライン+日立工場 【茨城県日立市】
テーマ 231 地熱発電用蒸気タービンの最新技術について
内容 当部では、電力の安定供給とエネルギーの脱炭素化に向けて世界中で貢献すべく、従来の産業用蒸気タービンに加えて、地熱発電、バイオマス発電などの再生可能エネルギープラント向けの蒸気タービンを設計しています。インターン期間中は、その中でも天候に左右されることのない持続可能なエネルギー源として、最も普及拡大が期待されているものの一つである地熱発電向け蒸気タービンに関し、腐食対策などの最新の各社の技術動向をリサーチして頂きます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 設計
対象学科 不問
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/30(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) ターボマシナリー本部 発電機技術部
場所 オンライン+日立工場 【茨城県日立市】
テーマ 232 火力発電所向け電気品の設計プロセスについて
内容 火力発電所向けの電気システム設計・調達の流れを理解し、設計プロセスの一部を経験することで、社会を支えるインフラの重要性を認識してください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 設計
対象学科 電気・電子
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) GTCCビジネスユニット 燃料電池事業室
場所 オンライン+長崎工場 【長崎県長崎市】
テーマ 233 分散型電源における燃料電池の適用について
内容 当室では燃料電池(SOFC)の開発・設計・据付工事・試運転の業務を行っています。これまで、都市ガスを利用したシステムを提供してきましたが、最近ではバイオガスなどのカーボンフリーにも取り組んでいます。燃料電池は分散型電源として期待されています。提供するシステム構成や特徴及び簡単な設計情報を基に、今後の適用先や展開を検討し、ビジネスモデルを検討していただきます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 設計
対象学科 不問
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/30(月)~9/8(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) GTCCビジネスユニット AM事業室
場所 オンライン+日立工場 【茨城県日立市】
テーマ 234 ワイヤを用いた金属3D造形技術について
内容 AM事業室ではモノづくりに革新をもたらす、各種の3Dプリンタに適切な粉末・ワイヤの研究開発を行っており、材料創製から造形、評価に至る工程に触れることができます。インターンでは造形速度が速く、大型部品の製造に適するワイヤを用いた3D造形機の造形条件の技術開発の一部を体験頂きます。
キーワード その他
職種 研究開発
対象学科 金属・材料
人数 2名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。

三菱パワー【プラントエンジニアリング事業】

実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) エンジニアリング本部 プロジェクト総括部 電力計画部
場所 オンライン+高砂工場 【兵庫県高砂市】
テーマ 220 GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)発電設備の最新技術動向を踏まえた基本計画について
内容 再生エネルギーの導入が世界的に進む一方で、GTCC発電設備は系統電力安定かつ高効率による低炭素化の担い手として市場の期待は高く、各社が開発に力を入れている分野の一つです。当部では、基本計画を通じて高効率化・環境性能・運用性改善・コスト等を追究し、お客様へ最適なGTCCプラントの提案を作り込む業務を行っています。インターンシップでは、最新のGTCC技術をリサーチし、市場ニーズに合わせた提案を一緒に考えていきましょう。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 設計
対象学科 不問
人数 1名
備考 初日のみ横浜ビルでオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) エンジニアリング本部プロジェクト総括部高砂プラント技術部
場所 オンライン+高砂工場 【兵庫県高砂市】
テーマ 221 水素焚きガスタービンコンバインドサイクルプラントについて
内容 当部では、GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)プラントの基本系統設計、プラントを動かす運用の計画等を行っています。現在、今後のCO2フリー発電に向けて水素焚きGTCCに取り組んでいます。その実現に向けた課題について調査ください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 設計
対象学科 機械
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) エンジニアリング本部プロジェクト総括部高砂プラント技術部
場所 オンライン+高砂工場 【兵庫県高砂市】
テーマ 222 ガスタービン発電システムについて
内容 ガスタービンを中心とした発電システムは、燃料や地域、出力レンジに応じて多様なラインナップがあり、また立地条件や環境規制に応じて構成も変化します。これらガスタービン発電システムの最新状況について、システム・機器構成の観点からリサーチしてください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 設計
対象学科 不問
人数 2名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) エンジニアリング本部プロジェクト総括部高砂プラント技術部
場所 オンライン+高砂工場 【兵庫県高砂市】
テーマ 223 水素ガスタービンの計装制御技術について
内容 当部では、ガスタービン等の主機を中心としたプラント全体の計装制御設計を行っており、基本設計から試運転に至るまで幅広く活躍することができます。インターン期間中は次世代の最先端技術である水素ガスタービンの計装制御技術に関する技術検討の一部を実体験して頂きます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 設計
対象学科 電気・電子
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) エンジニアリング本部プロジェクト総括部高砂プラント技術部
場所 オンライン+高砂工場 【兵庫県高砂市】
テーマ 224 ガスタービン発電プラントの制御システムについて
内容 当部では、高機能・高信頼性を要求される、GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)プラントの向け制御システムの設計、製作を行っています。AI技術と連携した最新のガスタービン制御技術と、最新のサイバーセキュリティに対応した制御システム技術をリサーチしてください。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 設計
対象学科 不問
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) エンジニアリング本部プロジェクト総括部 高砂プラント技術部
場所 オンライン+高砂工場 【兵庫県高砂市】
テーマ 225 最新ガスタービンコンバインドプラント向けの高圧給水ポンプについて
内容 当部では、、GTCC(ガスタービンコンバインドサイクル)プラント向けの排熱回収ボイラー/ポンプ類/コンプレッサ類及び、環境に配慮した水処理/排水処理設備など技術分野として多岐に渡る計画/設計業務を行っています。インターン期間中は、最新プラント向けの高温・高圧水を供給するポンプについて、高い信頼性を確保するためのポンプ設計方針を検討して頂きます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 設計
対象学科 不問
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。
実施日程 8/23(月)~9/1(水)
実施部門 エナジードメイン 三菱パワー(株) エンジニアリング本部 制御システム技術部
場所 オンライン+高砂工場 【兵庫県高砂市】
テーマ 226 ガスタービン制御装置の設計、制作及び海外向け制御装置アフターサービスについて
内容 当部では、ガスタービン制御装置、運転訓練シミュレータ、発電所向け遠隔監視システムの設計・制作と、国内・海外の全てのお客様に対して、火力発電所の運転を担う制御装置のアフターサービス業務を行っています。今回インターンシップでは、ガスタービン制御装置の設計・制作・品質管理・アフターサービス業務、ICT技術を使った遠隔支援サービスについてリサーチして頂きます。
キーワード エネルギー(火力発電)
職種 設計
対象学科 電気・電子
人数 1名
備考 初日のみ各工場でオリエンテーション等を実施。2日目以降は自宅等でリサーチ頂き、最終日の成果発表会はオンラインで実施予定。2日目~最終日前日までは進捗状況の確認や情報共有等を目的としたエンジニアとのオンラインミーティングを実施する予定(ミーティングの時間や頻度はテーマにより異なる)。

Primetals Technologies Japan(株)

実施日程 8/23(月)~8/27(金)
実施部門 プラント・インフラドメイン Primetals Technologies Japan(株) 
場所 広島製作所 観音工場 【広島県広島市】
テーマ 235 製鉄プラントの設計業務について
内容 当社は、全世界に向けた製鉄プラント全般に関する開発・設計・調達・製造・販売及びアフターサービスの提供や、アルミニウムなどの非鉄金属関連の機械設備の製造・保守に関するサービスを展開しています。本テーマでは、製鉄プラントを構成する基本機器を理解頂くとともに、CADを使った部品図や組立図の設計業務を体験して頂きます。
キーワード 産業機械
職種 設計
対象学科 機械、金属・材料
人数 2名
備考