高速風洞:高レイノルズ数風洞/静粛ノズル
[ 試験装置 ]

高速風洞:高レイノルズ数風洞/静粛ノズル
現状の遷音速風洞・超音速風洞では、実機とレイノルズ数や乱れ度が異なるため、風洞試験結果と実機試験結果の間で、乱流遷移点や剥離点が異なる等の問題が生じてしまいます。
これらの問題を解決するために、三菱重工グループでは、気流を低温化し、計測胴内部のレイノルズ数をより実機に近づける高レイノルズ数風洞や、より乱れ度の小さい気流を生成させるための超音速静粛ノズルの研究・開発を実施しています。

この製品の詳しい情報を見る:

三菱重工グループの実績