都市ごみ焼却炉:三菱式ストーカごみ焼却炉
[ 廃棄物処理 ]

都市ごみ焼却炉:三菱式ストーカごみ焼却炉
独自のストーカ構造をもつ焼却炉と各種装置の合理的な配置により、ごみを効率的に完全焼却。
三菱重工グループの三菱式ストーカごみ焼却炉は、各種自動化システムを導入し、少ない人数でも容易な運転管理を実現します。また焼却後の灰の減容化、排ガスのクリーン処理など環境対策を徹底するとともに、さまざまな形の余熱利用にも対応します。

この製品の詳しい情報を見る:

ごみ処理フロー

ごみ処理フロー

1)ごみの流れ

  1. ごみピットへ投入されます。
  2. ごみはピット内でごみクレーンにてかく拌された後、ごみ投入ホッパに投入されます。
  3. ホッパに投入されたごみは、フィーダで定量的に焼却炉内へと送られます。

2)灰の流れ

  1. ストーカから落下した灰は、灰押出し装置内の水槽で消火・冷却されます。
  2. 消火・冷却された灰は、灰押出し装置から灰(スラグ)ピット(またはバンカ)に排出・貯留された後、灰(スラグ)クレーン(または灰搬出トラック)で場外に搬出されます。
  3. バグフィルタからの飛灰も無害処理されて場外に運び出されます。

3)空気の流れ

燃焼用の空気は、ごみピット室から押込送風機によって吸引され、空気予熱器で加熱された後、ストーカの風箱に圧送。
一次空気としてストーカ下部から燃焼ごみ層に吹き込みます。

4)ガスの流れ

  1. 高温の燃焼ガスは、ボイラによって200~230度前後に冷却されます。
  2. さらに減温塔で冷却されたガスは、バグフィルタや脱硝装置を通して、除じんされると同時にダイオキシン、HCl、SOx、NOx、などの有害成分を除かれ、クリーン化されます。
  3. クリーンに処理されたガスは、誘引通風機により吸引され、煙突から排出されます。

ごみ処理システム

ごみ処理システム
1 投入ステージ 2 ごみ投入扉 3 ごみピット
4 ごみクレーン操作室 5 ごみクレーン(全自動式) 6 投入ホッパ
7 フィーダ 8 ストーカ 9 焼却炉
10 ボイラ 11 バグフィルタ 12 誘引送風機
13 煙突 14 灰押出し装置 15 脱気器
16 蒸気復水器 17 蒸気タービン発電機 18 排ガス循環送風機

ストーカ

独自の往復動式ストーカにより、高い燃焼効率と火格子長寿命化

焼却炉

水冷壁構造と独自の耐火タイル採用による耐火物の長寿命化、メンテナンス性向上

ボイラ、蒸気タービン発電機

高温・高圧ボイラ(4MPa、400度級)により高効率発電

排ガス循環送風機

EGR(排ガス循環)による低空気比安定燃焼

バグフィルタ

低温バグフィルタにより高効率ダイオキシン除去


三菱重工グループの実績