レーザーレーダ監視システム
[ 監視装置 ]
[ 防衛 ]

レーザーレーダ監視システム
レーザレーダ監視システムは、これまで電波レーダーや赤外線監視カメラ等を用いての撮影が殆ど不可能であった夜間や雨天などの悪条件下でも、遠距離にある対象物を鮮明な画像で見ることができる装置です。
三菱重工グループが開発したこのシステムは、ストロボ写真撮影と似た原理を採用しているため、雨や霧の影響を受けることなく、顔の表情まではっきりと見ることができるほか、対象物までの距離がわかるなどの特長をそなえています。
装置構成イメージ図

監視画像例

海上監視
レーザレーダ観測画像(薄暮/雨天時)
陸上監視
レーザレーダ観測画像(夜300m先)
デジカメ3m先/夜間3m先

三菱重工グループの実績