Press Information

MHIETが日本ガス協会の「2018年度技術大賞・技術賞」で技術賞を2件受賞

Print

三菱重工グループの三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社(MHIET、社長:花沢 芳之、本社:相模原市中央区)は、一般社団法人 日本ガス協会(会長:広瀬 道明氏)の主催による「2018年度技術大賞・技術賞」で、技術賞を2件受賞しました。受賞テーマは「1000kW 高効率ガスエンジンコージェネレーションシステム『GS16R2』の開発」ならびに「450kW 高効率ガスコージェネレーションシステム(SGP M450)の開発」で、いずれもエネルギー利用効率および経済性の高さが評価されたものです。6月14日に都内で表彰式が開催されました。MHIETとしては初の受賞で、前身の三菱重工業株式会社時代を含めれば3回目となります。