Press Information

放射線治療装置MHI-TM2000 先端医療センター殿向け国内初号機納入

Print

開発着手から5年の歳月を経て、この4月、ついに世界最初の臨床機が、財団法人先端医療振興財団/先端医療センター殿(神戸ポートアイランド内)に納入されました。

先端医療センターでの治療開始準備作業風景
MHI-TM2000は最先端の医療用画像処理技術を組み込み、外科手術に代わる高度な精密放射線治療を、よりスピーディに行うことができる装置です。本装置は、同センターの医療スタッフによる性能検証を済ませた後、5月中旬を目処にがん患者様への放射線治療を開始する予定です。
(※注意 先端医療センターは高度専門医療を担当する病院であるため、一般の方が受診するには主治医からの紹介状が必要となります。)
先端医療センター殿は当社装置の共同開発パートナーであり、最も当社装置を熟知した病院といえます。また、神戸市の進める医療産業都市構想の中核施設として、今までの試験段階から、本格的な臨床へ進んでいくことで、我が国におけるがん治療および医療機器産業への貢献を大いに期待されています。
更に、海外においては、3月末に協業先であるドイツ/ブレインラボ社殿のミュンヘン本社の特設バンカー(放射線遮蔽施設)に、臨床機と同一仕様のデモ機を納入しています。この装置は、欧米ユーザーへのプレゼンテーション、トレーニング、また医療ソフト開発のプラットフォームとして今後活躍予定です。

Tags: 産業機械,アジア,I&Iドメイン