Top of page. Skip to main contents. Skip to main menu. Skip to footer.

Press Information

鉄道車両用シート「G-Fit」が2014年度グッドデザイン賞を受賞
乗客の疲労軽減やマナー向上に寄与

  • Linkedin
◆鉄道車両用シート「G-Fit」の概要
 都市向け鉄道車両は効率的でフレキシブルな人員輸送のために通路や立席がより多く確保できるロングシート※配列が採用されています。従来のロングシートは背もたれが低く、加速・減速・カーブなどの揺れに対して、着座する人の上体を安定的に保持することができませんでした。今回当社が開発したG-Fitは、バケット形状のバックレストを肩の高さまで伸ばし、さらに15度後ろに傾斜させることによって上体の保持性能を高めました。また、座面の前面をわずかに上げたことによって、座った乗客が踵を引く動作を自然に行い、脚を投げ出しにくくするなど、都市交通車両用シートとして、疲労の軽減、プライバシーの確保とマナーの向上に役立つことを狙った製品です。
※車両の左右の窓を背にして座る長い座席になります。

サイズ:(座席幅)460mm、(座面長)449mm、(バックレスト長)581mm
◆審査委員による「評価コメント」
 従前の車両シートのすわり心地を革新するデザイン。移動体には必ず発生する揺れの特徴を解析し、姿勢の安定保持の課題を抽出、背中のホールドポイントを最適化することで、利用者が自然な形で収まるシートをデザインすることに成功している。次世代の公共交通シートのまさにスタンダードとなるであろうデザイン。
◆その他
 10月31日(金)から東京ミッドタウンで開催される受賞展「グッドデザインエキシビション2014(G展)」会場で、G-Fitが本年度受賞作として紹介される予定です。
グッドデザインエキシビション2014(G展)
会期:10月31日(金)〜11月4日(火) 11時〜20時
会場:東京ミッドタウン(東京都港区)
グッドデザイン賞 ロゴ

<グッドデザイン賞について>
 グッドデザイン賞は、1957年に創設されたグッドデザイン商品選定制度を発端とする、日本で唯一の総合的なデザイン評価・推奨の運動です。これまで55年以上にわたって、デザインを通じて日本の産業や生活文化を向上させる運動として展開され、のべ受賞件数は3万9,000件以上にのぼります。今日では国内外の多くの企業や団体などが参加する世界的なデザイン賞です。グッドデザイン賞受賞のシンボルである「Gマーク」は、すぐれたデザインを示すシンボルマークとして広く親しまれています。