Top of page. Skip to main contents. Skip to main menu. Skip to footer.

Press Information

世界初の超大型電動二材回転射出成形機「3000emR」を開発
2種類の樹脂を一体成形して生産性を向上

  • Linkedin

 ※1 大容量DDサーボモーター
射出軸ボールねじを減速機構なしにモーター軸と直結する同社独自開発のサーボモーター。これにより、ベルトレスの構造となり、騒音・粉塵やメンテナンス項目を低減でき、さらに立ち上がり応答性能を向上させた。

※2 電動型開閉/電動割ナット開閉システム
2軸ボールねじとサーボモーター制御により、応答性が高い型開閉を実現、従来の油圧機に比べ、型開閉ドライサイクルを大幅に短縮した。

※3 4軸平行圧縮
金型合わせ面に位置センサーを設置し、型位置4点を検出し、型位置4点の平行度を保つようにタイバー 4軸を高応答サーボバルブによるフィードバック制御と当社独自のフィードフォワード補償により平行圧縮制御するもの。

※4 フィードバック制御
制御量(速度、圧力等)を目標値と比較して、その差(偏差)がなくなるように制御対象を操作する制御方式。

※5 フィードフォワード補償
外乱を直接検出して、外乱が制御量に影響を及ぼす前に影響を抑制する方法。

     3000emRの性能表

3000emR-470/160

                     

単位

1次側
(反転盤)

2次側
(可動盤)

型締力・最大

kN

29,420

tf

3,000

理論射出容量

cm3

13,200

4,540

      tf = metric tonf



関連ページ