CSR/HSSE

CSR/HSSE

企業の社会的責任(CSR: Corporate social responsibility)

コンプライアンスの遵守

会社として、社員として、ひとりの個人として法令や社会のルール、会社の規則等を守り、適法、適正な企業活動を行い、また、良き企業市民として社会と共生し、健康で活き活きとした人間であるため、コンプライアンスの徹底を厳格に行なっております。

環境保全の取り組み

当社は、三菱重工が認定する環境M-EMS(エコアクション版)資格を有しており、環境保全への取り組みを経営の最重要課題のひとつと位置付け、全社を挙げて環境の保全と向上に取り組んでおります。

当社の環境基本方針を述べますと、『当社の社是の第一条に「顧客第一の信念に徹し、社業を通じて社会の進歩に貢献する」と明示し、当社の事業活動を通じて、社会の発展に寄与することを第一義とする。

従って、企業が社会の一員であることを自覚し、環境に対する企業としての社会的責任・役割を社員全員で共有化することにより、企業活動における節エネ・節資源に努めるとともに、省エネ・長寿命化技術により環境配慮設計の製品の拡販に努力し、持続的発展が可能な社会の構築に貢献する。』事務用紙・電気・水の節減、社会奉仕活動は勿論ですが、当社の環境重点項目は、当社が蓄積している省エネ・長寿命化技術により環境配慮設計の製品とサービスをお客様に供給することです。当社の事業活動そのものが社会に貢献しており、お客様の満足・納得を得ております。

健康・安全・危機管理・環境保全 (HSSE: Health, Safety, Security and the Environment)

当社は経営方針及びHSSE理念に則り企業活動を遂行するにあたり、健康を守り、安全を確保、危機管理を励行することで、あらゆる企業活動に係る不測の事態を回避し、かつ環境を保全することが社会的責務であるという認識のもとに、健康、安全、危機管理及び環境保全( 以下「HSSE」という) に関するそれぞれの基本方針を定め、それに基づき、企業活動を遂行しております。

HSSEとは...

健康(Health)、安全(Safety)、危機管理(Security)、環境保全(Environment)の各頭文字をとったものです。

健康
(Health)
職場および業務にかかわる従業員の安全および健康並びに快適な作業環境の確保
安全
(Safety)
事業所などの人的および物的両面にわたる安全確保と製品の品質保全
危機管理
(Security)
犯罪、災害その他非常の事態による脅威の未然防止と緊急事態への適切な対応
環境保全
(Environment)
地域環境および地球環境の保全

HSSE の基本理念

  • HSSE は社会的責務である。
  • 労働災害の撲滅と健康確保は、全員の意思と責任ある行動で実現する。
  • HSSE の為に有効な対策を自主的に推進する。

安全衛生(健康) 管理方針

当社は、安全衛生の取り組みを事業経営の最重要課題の一つとして位置付け、全員参加の安全衛生活動を、すべての社員およびパートナー会社社員一人ひとりが積極的に推進することにより、事業活動のあらゆる面で明るく活き活きとした安全で快適かつ健康な職場環境の維持・改善に努めています。

危機管理方針

当社は、企業の存立を脅かしかねないリスクの予兆を掴んだ場合或いはリスクが顕在化した場合に、同事態を迅速かつ正確に経営トップへ情報伝達する仕組みを構築します。
また、BCPに基づき、人命最優先とするなかで最短での事業復旧を実現致します。

環境方針

当社は、社業を遂行するにあたっては、企業が社会の一員であることを自覚し、事業活動の全ての領域で、環境への負荷の低減に努めるとともに、当社の総合技術力を結集して環境を保全する技術や製品を開発することにより、持続的発展が可能な社会の構築に貢献しています。

環境方針

環境理念

健全な企業活動を通じて、グローバルな視点で地球環境の保全に努め、社会の継続的な発展に貢献し、社会的責任を果たす。

環境方針

三菱重工コンプレッサ株式会社及びその関連会社は、環境理念にもとづき、コンプレッサ製品の開発・製造・販売・サービスを中心とした事業活動において、持続的な環境負荷低減と社会の環境改善を目指して、次の行動指針にもとづき積極的に活動する。

行動指針

  1. 地球環境の保護と調和を経営の最重要課題のひとつとして位置づけ、環境目標を設定し、社業を通じて環境保全と環境パフォーマンス向上への取り組みを継続的かつ計画的に進める。
  2. 環境マネージメントシステムにもとづき、当社の事業活動・製品・サービスが環境に与える影響を的確に捉え、環境保全活動を推進するとともに、環境汚染の予防に努める。
  3. 環境関連の法規、条令および協定、当社が妥当とするその他の要求事項を順守し、自主基準を策定して環境保全に取り組む。
  4. 製品の研究開発、営業、設計、原材料の調達、製造、輸送、使用、サービス、廃棄に至る全ての領域で、汚染の防止、省資源、省エネルギー、廃棄物の発生抑制、再使用、リサイクル等環境への負荷低減に努める。
  5. 環境に配慮した製品・サービスの提供に努める。
  6. 海外の事業活動および製品輸出に際しては、現地の自然・社会環境に与える影響を十分に配慮し、環境保全、環境保護に努める。
  7. この環境方針は、環境教育等を通じて全社員に周知し、環境意識の向上を図るとともに、社広報活動で一般公開する。

適用範囲

当社事業に係る全ての活動、製品およびサービスに適用する。

適用サイト 広島本社(広島県広島市西区観音新町四丁目6番22号)
営業統括センター(東京)(東京都港区芝五丁目34‐6)
対象者 当社役員、従業員、派遣社員
活動、製品・サービス内容 コンプレッサ、タービン、付帯設備の営業、設計、開発、製造、調達、及びアフターサービス(据付指導/サービス部品供給/保守点検等)

事業活動環境計画書・報告書

事業活動環境計画書

事業活動環境報告書