ページの先頭です。 ページの本文へ フッタへ
ページの本文です。

三菱重工の理念

写真:取締役会長 大宮 英明

130年間培ってきた技術力を発揮して社会の進歩と地球の持続可能性に貢献し、「この星に、たしかな未来を」の実現に邁進してまいります。

三菱重工は2014年7月に創業130周年を迎えました。造船業に始まり、航空機、発電設備、産業用機械、ロケットなど幅広いものづくりを手がけてきた当社のあゆみは、社会そのものの進歩と重なります。現在、新興国の台頭、ICTの急速な進歩にともなうグローバル化の進展、環境課題のさらなる深刻化など、世界は大きなうねりをもって変化し続けています。当社はこの環境変化に適応し、これまでもそうであったように、これからも当社ならではの技術力を活かし、社会や地球が直面する広汎な課題に対して当社がなすべきことを見極め、全力を挙げてその解決に取り組み続けていく所存です。同時に、世界中から信頼を集められる真のグローバル企業となるべく、常に世界を見渡す視野と挑戦心をもって革新を続け、持続的な成長を図ってまいります。

当社のC(I Corporate Identity)ステートメントである「この星に、たしかな未来を」を実現するために原動力となるのは、人々に感動を与えるような技術と、ものづくりに対する情熱にほかなりません。130年間培ってきた技術力をいっそう強化し、最大限に発揮していくことが、当社の成長のみならず、社会の進歩と地球の持続可能性に大きく寄与すると我々は信じ、CIステートメントに込めた強い思いをもって挑戦し続けてまいります。お客さま、株主・投資家ならびに当社に関わるすべての皆さまにおかれましては、今後とも変わらぬご支援・ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

  • 取締役会長大宮英明

ページのトップへ戻る