ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ
造船、その新たな海図 造船、その新たな海図

三菱重工グラフ(2012年7月発行)に掲載

製品力[ 陸・海・空、宇宙開発 ]

造船、その新たな海図

― 伝統を胸に、次の大洋へ ―

  • Linkedin

つねに時代にお応えする船を世界の海へ、三菱重工のものづくり、その原点

三菱重工の造船史は、黒船来航から4年後の1857年に幕を開けました。以来、造船はつねに三菱重工の基幹事業にしてものづくりの原点であり、現在までに建造した船舶は累計5,400隻を超えています。150年余りにわたり、時代のニーズに応え続けてきた三菱重工の歴代の船舶には、各時代の世相が色濃く反映されています。
開国~戦前の時代、船は日本と世界を結ぶ架け橋として重要な役目を担っていました。 太平洋横断航路が開設された時代の豪華客船「天洋丸」(1908年建造・以下省略)や移民船など、近代化に邁進した当時は外国へ就航する船舶の需要が拡大。その後、世界情勢の緊張が高まるにつれ、軍艦の建造が中心となりました。 当時、世界最大クラスの戦艦「武蔵」(1942年)を筆頭に、建艦技術を駆使した数々の軍艦を建造。 戦後は、さまざまな新造船で日本の経済復興の要となる外貨獲得に貢献しました。 高度経済成長期に入ると、わが国初のコンテナ専用船「箱根丸」(1968年)や超大型タンカーなど、世界の最先端となる船舶の建造を担い、経済大国へと躍進する日本の成長を支えました。

  • 上部写真:ディーゼル機関に直結したプロペラと電気式ポッド推進器を組み合わせた、ハイブリッド型のCRPポッド推進高速フェリー「すずらん」と「すいせん」(全長224.82メートル、総トン数16,810トン)〔長崎県・長崎造船所〕

「人・ものを運ぶ役割」の先をゆく、高付加価値船を創造

時代へしなやかに呼応する船造りの姿勢は、現在も変わることがありません。省燃費と環境対策を両立した自動車運搬船「OPAL ACE」(2011年)、画期的なハイブリッドCRP推進システムを搭載した高速フェリー「すずらん」・「すいせん」(2012年)、さやえんどう型タンクカバーと省燃費タービンプラントを搭載した大型LNG輸送船(2014年 建造予定)などの船はいずれも、環境対応と経済性向上というグローバル経済の潮流にお応えするものです。この流れは、船体やエンジン、高性能タービン、舶用機械までを一貫して手がける世界唯一の企業、三菱重工の総合力を活かせる好機です。
今後、三菱重工の造船は、燃費や環境性能の向上はもちろん、ニッチ市場をターゲットとした高付加価値船へと軸足をシフト。海洋資源調査船「白嶺」や、無人探査機「ゆめいるか」の開発はその代表例といえます。三菱重工の造船事業は今、社会に新たな価値をもたらす製品づくりへと、大きく舵を切ろうとしています。

高い省エネ効果と優れた操船性を発揮するCRPポッド推進装置(写真上)は2004年、世界で初めてこの姉妹船「はまなす」と「あかしあ」に採用されました。〔長崎県・長崎造船所〕
写真A:海洋資源調査船「白嶺」
日本周辺海域で、レアメタルなどの資源調査を担う海洋資源調査船「白嶺」(2012年)。大型掘削装置や、さまざまな最新の調査機器を搭載しています。〔山口県・下関造船所〕
写真B:自律型無人探査機「ゆめいるか」と自律型無人探査機「じんべい」
自律型無人探査機「ゆめいるか」(2012年)は最大使用深度3,000メートル、16時間の潜航能力を持ち、音波を使って高解像度な海底画像を得ることが可能。同時に、海中の深度・水温・塩分・pHを計測可能な自律型無人探査機「じんべい」(写真左下)も建造しました。〔兵庫県・神戸造船所〕
写真C:さやえんどう型大型LNG輸送船(イメージ)
新開発の連続タンクカバー(さやえんどう型)を採用した大型LNG輸送船。高効率なウルトラスチームタービンプラント(UST)を搭載し、日本のエネルギー保障の要である天然ガスを大量に、安全かつ経済的に輸送します。〔長崎県・長崎造船所にて建造予定〕

入念な設計、豊かな知恵、人々の連携が造り上げる巨躯

三菱重工の商船建造は、1年以上におよぶ設計期間から始まります。船殻工事では、膨大な図面をもとに鋼板を切り出し、溶接して“ブロック”を造り、それを組み合わせ、船体の骨格や外形となっていきます。同時に、船内に配管や機器を取り付ける艤装工事を行いながら、エンジンや船内設備の調整・仕上げを施すと、船は海上試運転を経て完成。全長200メートルクラスの自動車運搬船では、1,000人以上の各分野の担当者が建造に関わり、受注から約2年で引き渡しとなります。機関室や貨物スペース、居住施設までを完備する船はまさに、海を進む巨大建造物。それだけに緻密な設計や豊富な知見に基づく生産計画、10万点を超える部品を手際よく処理する作業者間の密なる連携が欠かせません。

神戸造船所の空撮風景
大きなクレーンでブロックを順に船台へ運び、それらを溶接して船体を組み上げていき、わずか60日ほどで船のかたちになります。無機質な鉄の造作が並ぶ様子は造船所の象徴的な光景のひとつですが、船体が組み上げられたとき、その迫力には目を奪われます。〔兵庫県・神戸造船所〕
自動車運搬船の船尾部となる巨大ブロック
自動車運搬船の船尾部となる巨大ブロック。このブロックには、高精度な据え付けが必要なプロペラ軸や機関室が含まれています。このほかにも400個近い大小さまざまなブロックが船台に運ばれ、組み上げられていきます。〔兵庫県・神戸造船所〕
写真D:効率的に建造するため、運ばれる前に、できるだけ大きく組み上げられたブロック
作業期間を短縮し効率的に建造するため、船台へ運ばれる前に、できるだけ大きく組み上げられたブロック。およそ2,100トンにもなるブロックが巨大なクレーンで一気に船台へ運ばれます。
写真E:巨大なディーゼルエンジンを構内のエンジン工場から直接、機関室に積み込む様子
海上クレーンを使い、およそ2万馬力の巨大なディーゼルエンジンを構内のエンジン工場から直接、機関室に積み込む様子。これにより、いっそう効率的な建造が可能になります。
写真F:ジブクレーンで吊り上げられるブロック
船体の側面を成すブロックがジブクレーンで吊り上げられ、しだいに完成しつつある船体にはめ込まれます。さまざまな形のブロックがパズルのピースのように組み合わさり、ひとつの船となっていきます。〔兵庫県・神戸造船所〕

長い歳月に培われた、職人技による流麗な造形

巨大な鉄の塊である船体をかたちにする時、最後はやはり人の腕が頼りです。たとえば流麗な船体形状は、最新の流体力学により設計されているものの、実際に再現するには、熱を加えて鉄を曲げる"ぎょう鉄"の匠の技が不可欠です。また、重さ数十トンのプロペラを支えるシャフトは、わずか数十ミクロンの精度で据え付けられ、ここでも、計算では現れない気温による船体の収縮や、進水後のたわみによる影響を判断する経験技が重要となります。その巨躯には、高度な人の技が凝縮されているのです。

直径約6.6メートル、重量約26トンの巨大なプロペラがシャフトに装着される

長崎造船所でつくられた直径約6.6メートル、重量約26トンの巨大なプロペラがシャフトに装着されます。

写真A:エンジン、写真B:シャフト軸受け

エンジン(写真左側)が生み出す動力をプロペラに伝達する直径約60センチメートルのシャフトは長さ20メートル以上もあるものの、シャフトを軸受け(写真右側)に据付ける際の誤差はわずか1/100ミリメートル以内という精度が求められます。〔兵庫県・神戸造船所〕

図面通りの形状にする、ぎょう鉄(焼き曲げ)作業
船体の外板をバーナーでの加熱・水冷却により膨張・収縮させ、図面通りの形状にする、ぎょう鉄(焼き曲げ)作業。細部まで設計どおりの美しい曲げを実践するには、通常10年以上の経験を要します。〔兵庫県・神戸造船所〕
船台でブロック同士を組み上げる溶接作業
切り出した鋼板をブロックに仕上げたり、船台でブロック同士を組み上げるうえで欠かせない溶接作業。全長約200メートルの自動車運搬船の場合、溶接の総延長は約440キロメートルにもおよびます。自動溶接による効率化が大幅に進んでいるものの、機械では困難な部分を熟練溶接工の腕が補います。〔兵庫県・神戸造船所〕

技術は受け継がれ、世界で息づく、造船事業の新たなる航海の時

2012年、船舶・海洋事業の新展開に伴い神戸造船所は107年にわたる商船建造を終え、潜水艦などの海洋製品に特化しました。これまでに築き上げた造船技術や豊富な知見は、これらの製品の開発・製造に受け継がれ、商船の建造を引き続き担ってゆく長崎や下関の造船所にも継承されます。また、溶接技術やメガブロック工法は、すでに発電プラントの建設事業で活かされるなど、技術継承の範囲は造船にとどまりません。人類と地球の未来のため、グローバル規模で多様な展開へ踏み出す造船事業は今、新たな航海の時を迎えます。

傾斜船台から海に向かって滑り降り進水した自動車運搬船
海へ滑り降り進水した自動車運搬船。地元の人々にも愛される進水式は、建造に関わった者にとって愛児が誕生するような瞬間です。この後の艤装工事を経て船が完成すると、大洋での長い航海がはじまります。〔兵庫県・神戸造船所〕

時代の要求にお応えする三菱重工の船

その系譜と未来

外交や貿易において重要な役割を担う「船」は、時代を映す鏡でもあります。求められる船の姿かたちは、時代の変遷に伴い多様に変化します。三菱重工は高度な造船技術を背景に、つねに時代の要求を満たす船を創出してきました。歴代の名船、世界の海で活躍する現代の船、そして次世代の船の姿には、時代の声や願いが宿っています。

近代海運の幕開け

島国の日本では、古来から船は諸外国との文化交流や貿易において唯一の手段でした。開国後は外国との航路が開拓され、客船などの建造も盛んになります。また世界大戦は艦艇の建造数を増加させました。

  • 天洋丸(豪華客船)
    天洋丸(豪華客船)
    1908年建造(以下省略)
    造船史に残る1万総トンを超えた日本初の大型客船。
  • 浅間丸(豪華貨客船)
    浅間丸(豪華貨客船)
    1929年
    サンフランシスコ航路に就航。「太平洋の女王」と称されました。
  • 武蔵(戦艦)
    武蔵(戦艦)
    1942年
    建艦技術の粋を集めて建造した、当時、世界最大級の戦艦。

戦後~高度経済成長期

戦後期、復興対策の一環として新造船が盛んになりました。高度経済成長期に入ると貿易量が急増し、コンテナやエネルギー資源の大量輸送に応える大型輸送船の需要が高まりました。また、海上輸送の用途に合わせた専用船化も進みました。

  • ぶらじる丸(移民船)
    ぶらじる丸(移民船)
    1954年
    戦後初の本格的客船として建造された、最後の南米移民船。
  • 箱根丸(コンテナ船)
    箱根丸(コンテナ船)
    1968年
    日本初のコンテナ船であり、大量輸送時代の幕開け。
  • DAVID PACKARD(タンカー)
    DAVID PACKARD(タンカー)
    1977年
    長崎造船所で建造された超大型タンカー。

持続可能社会の実現に向けて

海上輸送に関する環境規制がいっそう厳格になり、より高いエネルギー効率が求められる時代へ。豊かさやくつろぎに満ちた海上移動をかなえる客船・フェリーにも、快適性に加え高い環境性能が要求されます。また、資源やエネルギーを「運ぶ」ために活かされてきた造船技術が、新たな資源やエネルギーを探し、生み出す用途にも活用されていきます。

  • CYGNUS PASSAGE(MOSS型LNG船)
    CYGNUS PASSAGE
    (MOSS型LNG船)
    2009年
    信頼性に優れ、日本~サハリン間など氷海の存在する寒冷地での運航が可能。
  • MOL MAESTRO( コンテナ船)
    MOL MAESTRO
    (コンテナ船)
    2009年
    低燃費かつ優れた積載能力に加え、環境に配慮した機器を装備。
  • あしがら(護衛艦)
    あしがら(護衛艦)
    2008年
    世界最高レベルの防空能力を誇る、最新鋭イージス艦。
  • OPAL ACE(自動車運搬船)
    OPAL ACE(自動車運搬船)
    2011年
    燃料消費量の低減対策を施し、燃料油の流出リスクも低減。
  • MALS(三菱空気潤滑システム)
    MALS(注)
    (三菱空気潤滑システム)
    2010年開発
    空気の泡で海水と船体との摩擦を低減し、省燃費に貢献。
  • はくりゅう(潜水艦)
    はくりゅう(潜水艦)
    2011年
    通常動力潜水船として、世界最高水準の長時間潜行能力と静粛性を確保。
  • さやえんどう(LNG船)
    さやえんどう(LNG船)(注)
    2014年就航予定
    連続タンクカバーと船体構造を一体化した、高性能船。

技術供与

  • 海外企業との協業
    国内外企業との協業
    商船建造分野で概念設計や、建造技術などを支援。

ゆとりや楽しさを求めて

DIAMOND PRINCESS(客船)
DIAMOND PRINCESS(客船)
2004年
環境対応の発電推進システムを搭載した、新世代客船。
いしかり(フェリー)
いしかり(フェリー)
2011年
多種多様な公共スペースを完備し、客船なみの豪華さを実現。
次世代フェリー
次世代フェリー(注)
MALSの搭載やガス燃料の使用で、先進の環境性能を追求。
豪華大型客船
豪華大型客船(注)
洗練されたデザイン、省エネを追求しつつ、安全性と快適性を向上。

新しい資源・エネルギーを求めて

しんかい6500(有人潜水調査船)
しんかい6500(有人潜水調査船)
1989年
有人潜水調査船で世界最深クラスとなる水深6,500メートルまでの潜航が可能。
ちきゅう(地球深部探査船)
ちきゅう(地球深部探査船)
2005年
史上初、大深度にてマントルや地震発生帯を掘削。
白嶺(海洋資源調査船)
白嶺(海洋資源調査船)
2012年
日本周辺海域において、レアメタルなどの資源調査を遂行。
資源探査船
資源探査船(注)
海底や海底地層の構造を広範囲・高精度に3次元で解析。
洋上風車洋上風車設置船
洋上風車(注) 洋上風車設置船(注)
風力発電と海洋構造物を一体で提供。海洋空間に新たな価値を創出。
  • イメージ

関連記事