ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

パフォーマンスデータ

  • Linkedin

リスク・ガバナンス

リスクマネジメントに関する最高責任者 宮永 俊一(取締役社長 CEO)
リスクマネジメント機能の独立性、および取締役会の関与
  • CEO直轄の下、各種リスクの類型に応じた独立の責任部門がリスクを適切に管理しています。
  • リスクを定期的に評価・分析し、必要な回避策または低減策を講じるとともに、内部監査によりその実効性と妥当性を監査し、定期的に取締役会および監査等委員会に報告しています。
  • 重大リスクが顕在化した場合に備え、緊急時に迅速かつ的確な対応ができるよう速やかにトップへ情報を伝達する手段を確保し、また各事業部門に危機管理責任者を配置します。

リスクの認識

リスクマネジメントの対象としている主なリスク項目 以下の9カテゴリー17項目のリスクを対象としています。
  1. 経済リスク
    • 経済情勢:国内・海外のマクロ経済情勢の変動、金融市場の状況変化に伴うリスク
  2. 環境リスク
    • 自然災害:暴風、地震、落雷、洪水、火災等に伴う事業継続リスク
  3. 社会リスク
    • 感染症の世界的流行:感染症の世界的流行(パンデミック)に伴う事業継続リスク
  4. テクノロジーリスク
    • 情報セキュリティ:機密情報の滅失・漏洩リスク
  5. ガバナンスリスク
    • 法令・規制:法令・規制違反に伴う行政処分・損害賠償等のリスク、法令・規制の新設・変更に伴うリスク
    • 環境規制:環境規制違反に伴う行政処分・損害賠償等のリスク、環境規制の新設・変更に伴うリスク
  6. 人的リスク
    • 人材確保:優秀な人材の採用・育成に関するリスク
  7. サプライチェーンリスク
    • 資材調達:資材価格リスク、供給リスク、品質リスク、取引先信用リスク
    • 関連会社:関係会社の事業・業績に伴うリスク
  8. 事業リスク(戦略リスク、オペレーションリスク)
    • 輸出・海外事業:事業遂行リスク、パートナーリスク、顧客信用リスク、競合リスク
    • M&A、アライアンス:買収・提携先の事業リスク、相乗効果に関するリスク
    • 製品競争力:品質・性能・信頼性・価格等の優位性に関するリスク
    • 製品の品質等:性能、納期、安全性等の瑕疵に関するリスク
    • 知的財産:知的財産の利用に伴う知的財産権侵害等のリスク、知的財産の保全・活用に関するリスク
  9. 財務リスク
    • 資金調達:金利リスク、流動性リスク、信用リスク
    • 為替レート変動:為替レートの変動に伴う収益・費用・資産・負債の変動リスク、競争力低下リスク
    • 退職給付費用および債務:資産運用収益リスク、国債価格(金利)リスク

リスクの評価

リスクアセスメントの方法
  • 三菱重工は、9カテゴリー17項目のリスクを主要リスクとして管理しています。
  • これらリスクの発生確率と影響度合い等を基に、全社的なリスクエクスポージャーを経営的に判断しています。
  • その上で、個別のリスクに対しては責任部門・責任者をアサインしリスク予防および発生時の対応を適切に行っています。
  • リスクの状況に関して、重要なものは経営会議および取締役会で審議しています。
  • リスクマネジメントのプロセスに係わる詳細については、機密に触れる部分もあるため、説明を差し控えさせていただきます。

長期のリスク

長期のリスク概要 グローバルなコンプライアンスリスク:事業規模の拡大とグローバル化に伴い、世界各国・地域におけるコンプライアンスリスクが増大します。
事業への潜在的影響 コンプライアンス違反が発生すれば、事業継続およびレピュテーションへ多大な影響を及ぼす可能性があります。
リスク低減策 各地域特有のリスク管理の強化と、世界的に共通したルールの浸透による活動基準の明確化により、リスクを予防します。

リスク文化

リスクマネジメントに関する教育・啓発 一般社員および幹部を対象とした教育により、リスクマネジメントの重要性の社内浸透やリスク感度向上を図っていきます。
潜在的リスクに関する社内のフィードバックプロセス 海外競合先他のリスクマネジメント研究と、当社実力の評価と当社特有の改善点の洗い出し、さらに、経営および事業体制のさらなる変革とリスク対応人材の増強を行い、リスク対応力を高めていきます。

税務リスク

税務戦略に関する方針
  • 各国の税法・税務関連法令、租税条約を遵守し、税務申告・納税を行います。
  • 各国の優遇税制の活用、国際的な二重課税の回避等により、税金費用のミニマイズおよび課税の繰り延べを図ります。
  • 税務コストの削減と税務リスクの低減の両立を図り、税務最適を目指します。
重要な税務リスク 三菱重工は、各国の税務関連法令に則り適切に税務申告を行っており、また移転価格税制に関しても適正に対応しているため、当社事業に影響を及ぼす重要な税務リスクはないと判断しています。

CSR