ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

相模原製作所のCSR活動

地球との絆

  • Linkedin

環境問題の解決に貢献する製品

卓越した技術により、地球環境・エネルギー問題の解決に貢献します。

エンジンの燃焼効率を高めるターボチャージャ

ターボチャージャは、排気ガスのエネルギーを利用してエンジンへ圧縮空気を送り込むことで、エンジンの出力向上や燃費低減に貢献します。特に排出ガス規制対応でディーゼルエンジンには不可欠の装置となったため、市場の主流がディーゼルエンジンのヨーロッパを中心に、数多くの自動車メーカーで三菱重工のターボチャージャが採用されています。また、近年では小さな排気量のエンジンで大きな出力を得るダウンサイジングの観点から、ディーゼルのみならずガソリンの用途にも注目されています。

エンジンの燃焼効率を高めるターボチャージャー

環境対応型の小型ディーゼルエンジン

建設機械、農業機械、産業機械や発電セット等に使われる三菱重工の小型ディーゼルエンジンは、コモンレール式の電子式燃料噴射システムを採用し、業界トップレベルの低燃費と日米欧の排ガス3次規制への適合を実現しています。

三菱ディーゼルエンジン「4FD」

温室効果ガスの削減に大きく寄与する三菱コージェネレーションシステム

コージェネレーションシステムは、従来の発電設備ではムダに捨てられていた排熱を利用して、総合エネルギー効率を高めます。三菱重工では、排気がクリーンでCO2の排出も少ないガスエンジンタイプや、たくさんの廃熱が利用できるディーゼルエンジンタイプのコージェネレーションシステムを取り揃え、ホテルや病院、工場等での温室効果ガスの削減に大きく寄与しています。

コージェネレーションシステム GS16R

社員参加の環境活動

一人ひとりの高い環境意識で、事業活動の全ての領域で環境負荷を低減します。

「CO2削減 私のチャレンジ宣言」の実施

社員の環境意識を高めることを目的に、環境省が提唱するチームマイナス6%「CO2削減 私のチャレンジ宣言」活動を展開しています。

あなたのチャレンジ宣言カード

かながわ水源の森林づくり事業への参加

「かながわ水源の森林づくり事業」の主旨に賛同し、2009年2月に神奈川県と本事業への参加協力の覚書を締結しました。
この事業への参加協力の一環として、神奈川県松田町のやどりき水源林にて、社員参加による森林の保全活動に積極的に取り組んでいます。

かながわ水源の森林づくり事業

かながわ水源の森林づくり事業

神奈川県内の水源地域の森林を健康で活力ある状態に保ち、次の世代に引き継ぐことを目的に、神奈川県が企業や団体からの財政及び森林活動の両面から支援を得ながら取り組んでいる活動です。

CSR