ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

原子力発電所の電源設計

電気

  • Linkedin
是永 由佳

是永 由佳

ICT ソリューション 本部

2013年入社
情報電気電子工学科 卒業

技術紹介

原子力発電所における電源設計とはどのようなものですか?

電源設計はいわば人間の体の神経とも言える重要な設計です。

電源設計

発電所には、発電所を動かすために必要な様々な機器が存在しています。電源設計とは、これらの機器に必要な電気を送るための電源供給の方法を考える、いわば人間が手を動かしたり、歩いたりするための信号を送る神経を考える重要な仕事です。
“もしも電源が途中が途切れてしまったら”、“もしも大きな地震が起きたら”といった様々な“もしも・・・”の事態も考えながら、経済性だけでなく安全性の高い電源供給の方法を作りあげることが大切です。

電源設計をするうえでどのような設計を目指していますか?

お客様の要望をよく理解し、より良く安全な電源設計を目指す。

電源設計

地震などの自然災害や機器の故障が発生した場合でも事故を未然に防ぐ電源設計とする必要があります。しかし、未然に防ぐことだけを考えて複雑な電源設計にしてしまうと、お客様にとって使いにくい発電所になってしまうかもしれません。
お客様によって発電所の場所や使い方により要望が異なりますので、お客様の要望に見合ったより良い設計を目指して日々努力しています。

企業情報