ページの先頭です。 ページの本文へ メインメニュー フッタへ

品質保証

パワー:原子力事業

  • Linkedin

これまでの活動

品質方針

三菱グループ原子力事業品質保証活動基本方針

三菱グループ原子力事業の目的は、グループ全体でのグローバルな総合原子力技術によって社会の発展に持続的に貢献することである。
その事業は、三菱重工業株式会社、三菱日立パワーシステムズ株式会社、三菱電機株式会社、三菱原子燃料株式会社、原子力サービスエンジニアリング株式会社、MHI NSエンジニアリング株式会社、ニュークリア・デベロップメント株式会社、三菱FBRシステムズ株式会社及び三菱重工エンジン&ターボチャージャ株式会社の各社が行う事業で構成され、各社の事業はそれぞれの品質マネジメントシステムのもとで行われる。
三菱グループ原子力事業の品質保証活動の目的は、「品質マネジメントシステムの強化と継続的改善を前提として、適用される法令、基準、規格及び顧客の品質要求事項を満足している安全性と信頼性の高い製品を顧客に供給することにより、最優先としている原子力安全を達成、維持、向上すること」である。原子力プラントなどの巨大システムを対象に、この目的をより高いレベルで達成するには、各社が認識を共有し、グループ全体として統一感のある活動を協調して行う仕組みが必要である。そこで、三菱グループ原子力事業における品質保証活動の基本方針を次のとおり明らかにする。

原子力に係る全ての安全を最優先する

  • 原子力施設の重要性、社会的影響を正しく理解し、原子力施設の安全確保を目的に、法令・基準・規格の遵守を徹底するとともに、不適合未然防止や技術伝承等の活動に積極的に取り組み、原子力安全を最優先させる文化を醸成する。

品質マネジメントシステムの革新

  • 世界最高レベルの品質を確保するため、品質マネジメントシステムを継続的に改善するとともに、社会の変化に迅速・柔軟に対応し、持続的成長を実現するため、革新的な発想で新たなプロセスを創造する。

総合技術力の発揮による顧客価値創造

  • 社会の動向及び顧客の意向を的確に把握し、三菱グループとしての総合技術力を発揮した、安全性と信頼性の高い製品・サービスを供給することにより、顧客満足を得るとともに、三菱グループ原子力事業関連各社は新たな顧客価値を創造できる組織を目指す。

この基本方針に沿って品質保証活動を展開するために、三菱グループ各社はそれぞれの事業に相応しい各社の品質マネジメントシステムを確立・強化する。 併せて、顧客に供給する三菱原子力プラントの研究開発、計画、設計、調達、製作、据付、試運転、アフターサービス及び廃止措置の各段階において、三菱グループとしての品質保証活動を協調して行う必要がある。このため、品質マネジメントシステムの基本事項、各社が協調して品質保証活動を行うための共通的事項、良好事例を学び情報を共有するための仕組み、を「三菱原子力品質保証マニュアル」としてまとめた。

三菱グループ原子力事業を担う各社は、前掲の「品質保証活動の目的」と「基本方針」を基本とするこの「三菱原子力品質保証マニュアル」をベースに認識と情報を共有し、三菱グループの一員として品質保証活動を協調して行うとともに、その質を自主的に高めることをここに申し合わせる。

品質保証体制

三菱グループは、原子力発電プラントの豊富な建設実績にもとづき、基本計画から設計・資材調達・製作・据付・試運転・メンテナンスサービスに至る一貫した品質保証体制を確立し、適用される法規・基準を遵守し、お客様の要求におこたえする高性能で安全性と信頼性の高い原子力発電プラントを提供します。三菱グループ原子力事業の品質保証活動は、各社の品質保証活動の代表者の連名により制定する「三菱グループ原子力関連事業品質保証活動基本方針」の下、各社はそれぞれのQMS(Quality Management System、品質マネジメントシステム)においてこの活動基本方針を遵守しつつ各社のトップマネジメントの方針を展開して原子力事業に係る品質保証活動を実施します。その活動に際しては、各社の品質保証活動推進者で構成される「三菱グループQA(Quality Assurance、品質保証)連絡会で情報共有を図るとともに、三菱重工業の原子力事業部長を委員長とし、各社の品質保証活動の代表者で構成される「三菱グループ原子力品質保証員会」において各社の品質保証活動状況を相互にレビューし、必要に応じて改善策の策定を行います。これらの活動を通して、三菱グループ各社はグループ全体として統一感のある品質保証活動を協調して行います。


品質保証体制


企業情報